おいしいもの大好き♪ nonohana30.exblog.jp

食いしん坊で、作ることも大好き!気まぐれtampopoが倉敷より美味しいものetc.を レポートします。


by nonohana303
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:ごはん( 85 )

再利用のキャベツカレー

c0055363_10363363.jpgパン教室のランチメニューの「たっぷりキャベツのトマトスープ」再利用の「キャベツカレー」です。
キャベツのスープの材料はキャベツとトマトの水煮缶、後は水、コンソメ顆粒、塩、コショウ、といたってシンプル。スープを作る前から晩御飯のメニューはキャベツカレーと決めていました。
作り方は、少し残ったスープに玉ネギと合い挽き、カレー粉、香辛料(欠かせないのがクミン)ににんにくを炒めたものを入れ、水を足し、キャベツが柔らかくなったら市販のカレールウを投入するだけ。キャベツは春キャベツで柔らかいので、外側の緑の葉も利用します。これで栄養満点、繊維質もたっぷりでおいしいカレーの出来上がりです♪ちなみにご飯は雑穀入りです。カレーには雑穀入りご飯がよく合います。
世の中では「リデュース、リユース、リサイクル」とエコロジーを提唱しています。り・デュースはごみの減量化、りユースは呼んで字のごとく再利用、リサイクルとは再資源化、だそうです。今日のメニュー再資源化以外は当てはまりますよね。自称エコ主婦としましては、気持ちの良い夕食作りができて満足です。^^
by nonohana303 | 2007-03-14 10:57 | ごはん | Comments(0)

しそむすび

c0055363_14361684.jpgジャーの底に少し残ったご飯、どうしていますか?私は焼きおむすびにすることが多いです。ジャーの底に残ったご飯は少し乾き気味なことが多いですよね。その乾燥を補うために、ご飯にお醤油を少し掛けて味付けご飯にします。それを三角に結んで、樹脂加工のフライパンで両面、時には側面も焼きます。今日はこれまた昨日のはなまるの影響で、しその葉をにんにく醤油に漬けたのがあったので、おむすびに貼りフライパンの余熱で水分を飛ばしました。しょうゆ味のしそが少し焦げて香ばしかったです。今日のご飯は雑穀飯、しそと雑穀の入ったお結びは愛称が良く、なかなかのものです♪
by nonohana303 | 2007-01-27 14:47 | ごはん | Comments(2)

リゾット!?

私の手抜きご飯、これは決して調理とは言えません。インスタントのスープパスタをリゾット風にして、簡単ランチです。
c0055363_1483327.jpg作り方は、まず普通にカップに熱湯を注ぎスープを作ります。そこにジャーのご飯を軽く入れ、ピザ用のチーズを載せてチーズが溶けるまで今度はレンジで加熱。今日は冷蔵庫に蒸したブロッコリーがあったので、キッチンバサミで細かく切って入れました。最後にこれも冷蔵庫にあったパセリのみじん切りをトッピングして出来上がり!おじやのような感じですが、食べている間にご飯がふやけてリゾットみたいになります。私はかなりおいしいと思いますが・・・。勇気のある方は試してみてください。^^
by nonohana303 | 2007-01-21 14:16 | ごはん | Comments(0)
我が家のコーヒーメーカー、コーヒーを入れる以外にも良い仕事をしてくれます。と言っても今のところ、豆料理の下ごしらえと温泉卵作りくらいなんですが・・。
乾燥豆を戻すには普通お水に浸けて一晩ふやかします。私は気が短いほうで、これが待てません。今まではポットに熱湯を注ぎ約1時間、半煮え状態になったものを使っていました。これも便利ですが、使った後のポットを洗い、乾燥させて片付けるのに少し手間が掛かります。それで、最近はコーヒーメーカーでこの作業をしています。ポットより後片付けが断然楽です♪
パン教室のメニューのポークビーンズも、何時も楽々で作っています。
c0055363_13363498.jpgc0055363_1337483.jpg









温泉卵はTV番組の「伊東家の食卓」でやっていたのを試してみたところ、すごく良い具合にできました。食事の準備を始める時に卵をポットに入れ、卵がかぶるくらいの水をセットしてスイッチを入れます。約20分で温泉卵の出来上がり!そのまま食べても、カレーやピビンパに載せてもグッドです。
コーヒーメーカーはもはやコーヒーを入れる道具のみではなく、調理器具です。もっと何かに活用できないかと思案中です。^^
by nonohana303 | 2007-01-21 13:52 | ごはん | Comments(2)

みぞれ鍋

今年は何時までも暖かい秋でしたが、「今日は鍋であったまりたい!」と思う日が少しずつ増えてきました。
c0055363_21461464.jpg大根が沢山あって消化したい時にするのが「みぞれ鍋」です。この鍋をする時、良く使うのが鱈です。酒と醤油で下味を付け、片栗粉をまぶして揚げてから使います。後は白菜、ネギ、きのこにお豆腐、最後に芹を入れたら出来上がり!今回は牡蠣も鱈と同じように下処理して入れました。大根の下ろし汁も出汁に使い、濃い目の味付けにします。大根下ろしが出汁に溶けて、さらっとしたスープより体が温まります。
これからの季節、鍋物は週に1度はするようになります。調理が楽で、美味しくて、温まり、その上確かダイエット効果もあるんですよね。こんなに主婦にとってありがたいメニューは他に無いような気がします。今度はどんなお鍋にしましょうか。^^
by nonohana303 | 2006-11-23 22:11 | ごはん | Comments(2)

キクイモ

c0055363_20184837.jpg土曜日に蒜山の道の駅で買ってきた野菜達の中に「キクイモ」と言うものがありました。初めに見たときには「生姜?それともウコン?」と思いましたが、ラベルにはキクイモと書いてあります。どうもお芋のようです。他にも買ってきたものがあったので、日持ちのしそうなキクイモは後回しにしていました。どうやって食べようかと言う気持ちもありました。
いつもコメントを書いてくださる十一郎のママさんが私と同じ日にキクイモを買われて、翌日には天ぷらになっていました。c0055363_2026970.jpgどんな物なのかブログに書かれていたので、それを参考に今日はキクイモ料理ですママさんの言われるには「食感は里芋でぬめりが無い」と言うことでしたので、里芋でしたことのある調理方法にしました。
キクイモは皮を剥いて半分に切り、水でさっと洗い、カタクリをまぶし油で揚げます。それを甘辛いたれに絡めただけのシンプルなものです。
キクイモにはイヌリンという血糖値を上げない成分があり、水に溶けやすいと言うことでしたので、とりあえず今日の調理方法は○です。ただ、キクイモの火の通り方が分からなかったので、たれに絡めるときに少し崩れてしまいました。今度はもう少し歯ごたえを残す調理にしてみましょう。
c0055363_20424142.jpgc0055363_20485267.jpgc0055363_20431165.jpg






今日の夕食はその他に。蒜山そばに蒜山大根の葉のかき揚げなど、気がつけば蒜山の幸が並んでいました。^^
by nonohana303 | 2006-11-15 20:50 | ごはん | Comments(3)
山のようにあるヤーコン、少しずつ友人や知り合いの方におすそ分けして、ちょうど良い量になりつつあります。でも、折れて土が付き、見た目がかなり悪いものは差し上げるのに気がひけます。そういう状態のものは我が家でせっせと使っています。今日は傷んだものの整理をするために先日のより沢山ジャムを作りました。
c0055363_2061429.jpgそして、夕食のメニューの「ビーフシチュー」にも入れてみました。煮物に使うのは初めてで、火の通り具合などよく分かりませんが、2時間ほど玉葱と牛ばら肉を煮込んだところで投入、じゃが芋と人参、ぶなシメジは時間差で入れました。最後の具材を入れた後は保温のケースに入れて、保温調理にしました。1時間ほど保温したところが画像の状態です。お玉の中にあるのがヤーコンです。かなり良く火が入っていますが煮崩れてはいません。食感は蕪とか冬瓜を柔らかくした感じです。お芋のようにホクホクしていないので、芋嫌いの長男には好評でした。^^
c0055363_201316100.jpg2日ほど前、豚の水炊きをした時にも薄くスライスして使って見ました。大根をピーラーで挽いて使うのが好きなので、ヤーコンも同じ使い方ができるのではないかと思ったのです。結果は美味しいともまずいとも言えないものでした。何故かと言うと、ヤーコンは癖が無く自己主張するような特徴が無いので、どんな料理にも使える反面、余りにあっさりの水炊きなどには味を感じられ無いのです。
味に関しては結構意見を言う長男が「煮物なら、冬瓜や蕪を使う調理と同じ使い方が良いのでは?」と言いました。私も全くその通りだと思いました。今度はヤーコンの葛煮でも作ってみることにしましょう。
by nonohana303 | 2006-11-08 20:28 | ごはん | Comments(4)

ポトフーは温かい♪

今年の秋は何時までも暖かいですね。ちょっと不安になるくらい・・・。でもここのところ朝晩はちゃんと冷えてきました。なんだか安心・・・。
そこで今日のメニューは「ポトフー」フランス語で綴ると、「pot-au-feu」ポット・オ・フー、「火にかけた鍋」と言う意味だそうです。と、うん蓄はともかく、体が温まりそうなメニューにしてみました。
c0055363_193994.jpgc0055363_19393956.jpgc0055363_1940376.jpg






ポトフーは何時もの塩豚に蓮根、大根、人参、タマネギ、キャベツ、冷蔵庫にあったポトフーに使えそうなものはほとんど入れました。参考は平野由希子さんの「ル・クルーゼ」で、つくりたい料理です。平野さんのレシピは塩豚と蓮根、長ネギでしたが、次々と具財を足してしまいました。
ご飯は「ガーリックライス」、ジャーでぱさぱさになった麦ご飯を使いました。麦ご飯を入れて保温しっぱなしにすると、そのままでは美味しく食べられなくなりますよね~。^^;オリーブオイルにみじん切りのニンニク、手作りハーブミックス、パセリでパサパサご飯が変身してくれました。^^
副菜はジャーマンポテトのようですが、「ヤーコンのベーコン炒め」です。大根の皮も刻んで入れました。ヤーコンは何にでも使えると聞いていますが、これもなかなかのお味です。
あ~~、今日もお腹いっぱい!温かいポトフーですっかり体が温まりました。^^
by nonohana303 | 2006-11-02 19:54 | ごはん | Comments(6)

天然の鮎ですっ!

天然の鮎をいただきました。天然の鮎なんて何時食べたのか記憶がありません。多分、10年いえ20年ぶりかも知れません。
c0055363_21283245.jpg長男の職場の方に鮎釣り名人がいらして、その方が四国の川で釣ってきたという鮎をいただきました。当然釣り立てでは無く冷凍でしたが、冷蔵庫でゆっくり解凍して塩焼きでいただきました。お店で売っている養殖の鮎も美味しいですが、天然の鮎は全く味が違います。c0055363_21285155.jpg




今の時期は名残鮎といって解禁直後のものとはまた味が違いますが、やはり天然は美味しかったです♪本当は炭火で焼けばもっと美味しいのでしょうが、今日は余裕が無かったので、普通にガスのグリルで焼きました。それでも美味しかったので、炭火で焼けばさぞかしと思います。沢山いただいたので、もう1回分有ります。次回は気合を入れて炭火で焼いてみることにしましょう。
焼き立てを大急ぎで食べたかったので、写真撮影を慌ててしました。今気がついたのですが、お皿の柄がさかさまでした。^^;
by nonohana303 | 2006-09-29 21:43 | ごはん | Comments(10)

ゴーヤで2品

週に一度、夫が野菜をどっさりいただいてきます。新鮮な野菜は買ったものと違う美味しさがあり、期待してはいけないと思いつつ、その日を心待ちにしています。
一時はきゅうりがいっぱいでしたが、最近はナスとしし唐辛子、ゴーヤが必ず入っています。先週までは小さいゴーヤばかりでしたので、数日で十分消化できる量でした。なので、油断して買い物に行った時にあまりに新鮮で大きいゴーヤがあったので買ってしまいました。ところが、今回いただいてきた野菜の中に買ってきたのと同じ大きさのが入っています。「わぁ~ぉ、どうしよう・・・」と思っていたところ、十一郎のママさんのブログにゴーヤを使ったメニューがありました。
c0055363_21564895.jpg即刻今夜のメニューに取り入れました。元のレシピはスペルト小麦をゆでてサラダにしたもののようですが、ママさんは押し麦にご自分の畑で採れたゴーヤなどを入れて作っていました。我が家の台所には丸麦がありましたのでさっそく見よう見真似で作ってみました。ゴーヤに丸麦、ズッキーニ、タマネギ、ツナ缶、もうすこしきれいな色のトマトとかパプリカがあれば彩が良かったのですが、ありあわせの野菜はみんな緑っぽいものばかり。見た目は今一でもお味はなかなかのものです♪
c0055363_21571736.jpgもう1品はいつものゴーヤチャンプルー。豚肉の変わりに冷蔵庫にあったチャーシューを使いました。このチャーシュー、そんなにいいものではなくハムっぽいものです。でももしかしていつもの豚肉より美味しかったかもしれません。
これで、2本のうちの1本を使いました。明日も何か他のものに使わなくてはいけません。何にしましょう。実は昨日はモロヘイヤと一緒にお浸しに、数日前は天ぷらにしました。ゴーヤを使う私の手持ちのレシピはほとんど使ってしまいました。明日もやっぱりお浸しかなぁ?
by nonohana303 | 2006-09-05 22:07 | ごはん | Comments(4)