おいしいもの大好き♪ nonohana30.exblog.jp

食いしん坊で、作ることも大好き!気まぐれtampopoが倉敷より美味しいものetc.を レポートします。


by nonohana303
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

いちご

プランターの苺が食べられるくらい、赤く実り始めました♪

c0055363_18584029.jpg株は5ツで、いっぱい熟しても1日5,6個採れればいいほうです。食べるのが目的と言うより鑑賞用?庭に苺が生っているという気持ちが嬉しいだけです。
味は?それが、もう一つ物足りないのです。肥料の成分の何かが足りないのですよね。以前に路地で作った時には、アミノ酸が入っているとか言ういちご用の肥料を施した覚えがあります。そのときは結構甘いのができて、熟した苺を虫と競走して採っていました。^^ それが、今回は虫もあまりおいしくないのを知っているのか?姿すら見かけません。今回は生ゴミ堆肥のみだったのが原因だと思います。化成肥料は使いたくないのですが、他に有機肥料は何を入れたらいいのでしょう???
Commented by atetu2 at 2005-05-15 14:40
うわ~ たっくさん実りましたね~♪
来年こそは私もイチゴを育てようと思っています。
お庭にあるだけでうれしい気持ちも全く同感です。
甘い作物を作るなら油粕がよいと聞いた事がありますが・・・。
トウモロコシとかトマト等に使うと良いとか・・。
Commented by tampopo at 2005-05-15 17:10 x
atetu2さん
いっぱい生ったので、観賞用と癒しには役立っています。^^;
油粕ですか?ご近所の菜園をされている方が何にでも使うと聞いた事があります。油粕は結構万能なんですね。
今日、農業の専門家にお会いする機械があって、いちごの甘さについて聞いて見ました。どうも生ゴミ処理機で作った肥料を土に混ぜたのが原因のようです。それと、深いプランターに植えたのも良く無いらしいです。たかがガーデニング、されどガーデニング。深いですね~!
Commented by atetu2 at 2005-05-15 18:07
へぇ~~  そーなのですか?
生ゴミ処理機の肥料はなんにでも使いたくなりますが
駄目なこともあるのですね。
プランターの深さも…深いですね~~(笑)
お陰さまで有り難い知識を得ました。ありがとう♪
Commented by tampopo at 2005-05-15 18:45 x
atetu2さん
あ、え~と説明が少し足りませんでした。保湿性の高い土には生ゴミ堆肥は混ぜずに土の上に置くほうがいいそうです。水はけが良い砂のような土の場合は混ぜても良いそうです。私は園芸用土に腐葉土を混ぜて使っているので・・・ その理由もお聞きしましたが、とにかく深いです。今日はちょっとガーデニングに詳しくなりました。^^
Commented by chiho at 2005-05-17 22:36 x
我が家の苺も花をつけてもうすぐ実がなりそうですが、食べごろになるまでにはまだまだです。へえ~。苺には生ごみ堆肥は土の表面に置いたほうが良いのですね。勉強になりました。油粕はイタリアにはないんです。日本では私も良く使っていましたが・・・こちらではもっぱら堆肥を使っています。
Commented by tampopo at 2005-05-17 22:51 x
chihoさん
今来ていただいたばかりですね。チャット状態です。^^
うちの生ゴミ堆肥は機械にいれて作る完熟の堆肥です。その場合、園芸用土のように保湿性の高い土なら上に置くそうです。本当に深いですよね。
イタリアには油粕は無いのですか?菜種油が無いって言うことですよね。イタリアではオイルといえばオリーブオイルのみですか?
Commented by chiho at 2005-05-18 19:18 x
イタリアにも、ひまわり油やコーン油はあるのですが、油粕を園芸の肥料として使う習慣は私が知っている限りでは無いようです。自然の肥料としてはpollineと呼ばれる鶏糞が一般的です。
Commented by tampopo at 2005-05-18 23:07 x
chihoさん
オリーブオイル以外の食用オイルも使うのですね。イタリアンと言えばなんでもオリーブオイルなので、他のオイルは使わないのかと思いました。
日本ではいろんなものから肥料ができますが、伝統的に鶏糞を使うのでしょうね。
by nonohana303 | 2005-05-14 19:13 | ガーデニング | Comments(8)