おいしいもの大好き♪ nonohana30.exblog.jp

食いしん坊で、作ることも大好き!気まぐれtampopoが倉敷より美味しいものetc.を レポートします。


by nonohana303
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
長年続けて来たホームページ“野のはな通信”を本日で閉鎖します。
以前にもこのことはお知らせしていましたが、いよいよ今日で終わりにします。
パン教室や旅行記は、徐々に移行していますが、完全にはできていません。画像が見えなかったり、不具合が発生しています。少しずつ修正しながら、必要なものはそれぞれのブログに移します。気長に待ってやって下さい。
よろしくお願いします。

# by nonohana303 | 2018-03-20 20:33 | つぶやき | Comments(0)

3月の野のはな工房

3月の野のはな工房のメニューは ”生食パン” と ”オランジュショコラ”です。
生食パンは酒種酵母で・・・
トーストしなくても美味しく食べられる食パンです。食事パンですが、リッチな材料でふんわりしっとり仕上げています。蓋をして蒸し焼き状態で焼くことで、リッチな生地がより一層きめ細かくしっとりに仕上がります。型はサイコロで手軽な大きさに作りました。
c0055363_17022321.jpg
c0055363_16463725.jpeg
オランジェショコラはホシノ丹沢酵母で・・・
ブリオッシュほどバターは使っていませんが、菓子パンですからリッチで甘いのは当たり前! 自家製ネーブルオレンジのピールとチョコチップを練りこんだ生地は、ほのかに春の香りがします。ワッフルシュガーの上にオレンジ味のアイシングを掛けて、あま~いイースト菓子に仕上げました。
c0055363_16362676.jpg
3月の日程は野のはな工房パン教室をご覧ください。今現在空席と共に新たな日程の募集をしています。
3/5(月)Basic classを開講します。
今現在 空席がございます。ご希望の方はこの機会にお申し込みいただければと思います。。




# by nonohana303 | 2018-02-08 17:51 | 野のはな工房 | Comments(0)

東京に来ています。

東京に来ています。今日は高校時代の友人に、明日は兄姉いとこ達と会っておしゃべりします。
ホテルのチェックインまで時間つぶしに築地場外へ・・・。明日帰るので生物は買えず、目当ては乾燥桜エビです。相変わらず外国人でごった返して路地に入るとなかなか前に進みません。ゆっくり見て歩くつもりは無いので、早々に退散、する前に築地かんので超安い海鮮丼を
c0055363_13593174.jpg

c0055363_15553906.jpeg
サービス品でお味噌汁が付いて500円です!体調イマイチなので、生物が少なくて丁度良い感じでした。
まだ時間は余っているので、国立競技場で地下鉄を降りて、ただ今新宿御苑でブログ書いて居ます。陽だまりで暖かいかと思えば、風がそよそよと少し寒いです〜。
c0055363_14052474.jpg
さっ、ちょっと歩きましょう!千駄ヶ谷門から入って新宿門まで歩きます。そこからホテルまでも、あ・る・き・・・。お正月からの運動不足、一気に解消出来れば良いけど・・・

# by nonohana303 | 2018-01-20 13:53 | おでかけ | Comments(0)

2月の野のはな工房

2月の野のはな工房のメニューは、”塩バターロール” と ”そば粉入りくるみアンパン” です。

塩バターロールは、愛媛県の海沿いの町のパン屋さん」「パン・メゾン 」で生まれました。あまりの美味しさに瞬く間に全国区のブームになり、今では塩パンの無いパン屋さんは無いくらいです。パン・メゾンの塩パンを食べたことが無いので、同じものとは言えませんが、国産小麦の春よ恋とホシノ酵母のコラボで、野のはな流の塩パンを作りました。トッピングの塩と包み込まれたバターの味は間違いなしの美味しさです。(ぐるなびでパン・メゾンの詳しい紹介がありました。良かったら見てください。)

c0055363_16513948.jpg

そば粉入りくるみアンパンは、くるみ入りのあんこをそば粉の入った生地 で包んだほんのり甘い素朴なパンです。コーヒーにも紅茶にも、日本茶にもよく合うお饅頭感覚のパンです。

c0055363_16521606.jpg

2月の日程は野のはな工房パン教室をご覧ください。今現在空席と共に新たな日程の募集をしています。
Basic classの募集もしています。ご希望の方はご連絡をお願いします。

# by nonohana303 | 2018-01-19 10:27 | 野のはな工房 | Comments(0)

アルザスパン焼き旅行

HPの引っ越し作業、この連休に少しはかどりました。別館旅行記ブログ”風に吹かれて ”に2003年のアルザスパン焼き旅行をUPしました。良かったら、見てください。

c0055363_21410311.jpg   
c0055363_21362768.jpg

c0055363_21371576.jpg
c0055363_21365114.jpg

2002年のイギリスもUPしてます。
c0055363_21502448.jpg
c0055363_21490507.jpg

c0055363_21474133.jpg
c0055363_21482874.jpg




# by nonohana303 | 2018-01-08 21:44 | つぶやき | Comments(0)
HPからお引っ越しして来た15年ほど前の話です。
私にパン教室を開く後押しをしてくれた講習の一つでもあり、初めての一人海外旅行のきっかけを作ってくれたお店でもあります。

今までほとんど独学に近い状態で「国産小麦と天然酵母のパン作り」をやって来て、疑問に思ったり、細かい技術がわからなかったり、問題は山積みになっていました。1度プロの職人さんにパン作りを習いたいと以前から思っていましたが、さて何処へ行ったら私の知りたいことを教えてくれるのか皆目検討が付きません。
インターネットでパンのことを調べていた時、愛知県の「ダーシェンカ」という、石窯で自家製酵母のパンを焼いているお店を見つけました。パン教室も開催されている様子。定期的なものもありますが、月に1度通うのは遠くて大変です。良く見ると夏季集中講座が2日間の日程で行われています。これなら参加できそう♪という訳で、申し込んだのが3月です。それからその日が来るのを指折り数えて楽しみにしていました。
そして、とうとうその日がやってきました!その日は生憎日本列島に台風10号がやって来ていて、ちょうど名古屋辺りを通過中。でも、のんきな私は通過した後に到着するのだからと、出かける準備をしていました。そこへお店からの電話、台風のために川が増水して危険な状態で石窯も強風のために使えないので1日目の講習は中止するとのこと。残念ですが、仕方ありません。
c0055363_07462749.jpg翌日の講習のために午後から名古屋へ移動。ホテルへの道すがら歩道には街路樹の枝が折れて散乱しています。かなりな勢いで台風が暴れたようです。
講習当日の朝、空は爽やかに晴れ渡り好天気♪ダーシェンカの最寄の駅はJR東海道本線の岡崎の次の幸田駅です。お店は駅から1.5キロほど行った線路に沿ったところにあります。駅前にはタクシーの姿もなく、バス路線もそこまでは行っていません。かなり日差しもきつくなっていましたが、帽子を目深に被って歩きます。とうとうやってきました!お店が見えたときにはちょっと感動しました♪
c0055363_18113057.jpgc0055363_18124360.jpg
講師はお店のご主人の小倉喜八郎氏とても気さくで親しみやすく、わかりやすい解説で簡潔な教え方です。私が「HPに写真を載せてもいいですか?」とお聞きすると「どうぞ」と言ってニッコリ笑ってポーズを取ってくれました。2日分の講習を1日でこなすために大忙しのスケジュールの中、こんな余裕まで見せてくださる、ちょっとお茶目なところもある人間の幅の広い方です。
c0055363_18150149.jpg
参加者は10名、それぞれパンに思いを持っている方たちばかりです。ガイダンスの後、すぐにパン作りが始まります。講習の最後には1人6個のパンが出来上がる予定です。前日するはずだった自家製酵母の生地の仕込み2種類はお店でしてくださっていました。それでも、4種類のパンを一人で1個分ずつ手捏ねします。家ではほとんど捏ねの作業は機械に任せてしまっているので、かなりな重労働です。同じ材料で捏ねても十人十色の生地が出来上がります。これが焼き上がりにも大きく影響するのです。
食パンをホイロ(発酵器)に入れると発酵終了、すでにいろんな顔をしています。
c0055363_07521783.jpg
焼き上がり食パンの出来上がり
c0055363_18183736.jpg
屋外にある石窯と大量の薪
c0055363_18204181.jpg
パンドカンパーニュ
c0055363_18213904.jpg
バターロール生地の編みパン複雑な六ツ編みパンにも挑戦
自家製酵母作り、今回の材料は地元の幸水梨ですこれから育てる酵母(左)お店の自家製酵母(右)
c0055363_07583984.jpg
酵母作りの後、酵母について、パン作りについての熱心な質疑応答、小倉先生はご自分の知識はすべて教えてくださいます。ただ、こちらの力不足のため、すべてを理解することは出来ませんでした。毎日何気に食べているパン、パン作りを始めてパンのメカニズムには奥深さを感じていましたが、講習を通して深くて長い道のりが自分の前に立ちはだかったのを思い知りました。そして、自分自身の更なるステップになったことも感じました。講師の先生、お店の方、1日パン作りを共にした仲間たち、帰りに幸田駅まで車で送って下さったご夫妻、今回もとてもよい出会いがありました。またチャンスがあったら講習会に参加したいと思っています。それまでに今回教えていただいたことを自分なりに消化して、ステップアップをしていかなければと思うのでした。


住所:愛知県額田郡幸田町大字菱池字桜塚174
tel:0564-63-3273 




# by nonohana303 | 2018-01-07 17:11 | 私の勉強 | Comments(0)

ホームページのお引越し

             
      野のはな通信

国産小麦と天然酵母のパン作り、旅行記、倉敷の町、何でもどこでもウォッチングして歩きます。
パンを作ったり散策をしながら、自然の優しさを感じ「野のはなのような気持ちでいたいなあ♪」
などとのほほんと暮らしているtampopoのリビングルームです。
何もおもてなしは出来ませんが、どうぞお気軽におくつろぎください。

と言うコンセプトで2002年に始めた私のホームページです。パソコンの使い方もわからないのに、ちょっとだけワープロができるだけの私が、それはそれは頑張って作りました。初めて行ったヨーロッパ、イギリスの旅行記から始まりました。国内旅行も、パンのことやいろいろ発信するのが楽しくて・・・。ところが数年経った頃、ブログと言うものができました。好奇心の強い私はブログにも手を出しました。最近ではインスタとかFacebookにも手を染めてしまい、いつの間にかホームページの編集がおろそかに・・・。それでもパン教室のコーナーなど残して置きたくて、放置状態でも止めないでいました。先月契約更新のお知らせが来て、決断しました。15年間続けた”野のはな通信”を終了することを・・・。そして、少しずつブログにデーターを移す作業を始めています。
まずは、2005年に作った石窯の工程をお引越し!この↓を見てください。

"野のはな通信" はまだ当分生きています。怖いもの見たさの方は、どうぞクリックしてみてください。





# by nonohana303 | 2018-01-02 23:38 | つぶやき | Comments(0)

石窯作りの工程


*庭に石窯ができた!*
庭に石窯が欲しい!と言うのは以前からの夢でした。
自分で手作り、と言うのも考えましたが、DIYの苦手な女性の私にはちょっと荷の重い課題です。DIYにも石窯にも興味の無い家族の協力を得られるわけも有りません。
既製品のキットで作ることも考えては見たものの、なかなか踏み切れませんでした。結局、石窯を作る話は夢のまた夢と諦めていました。
ところが、昨年秋に庭木の剪定を依頼した庭師さんがレンガを扱う仕事もされていると聞きました。簡単なピザ窯も作ったことがあると言う話から、石窯を作ってくれると言うことになり、我が家の庭に石窯がやってくることになったのです♪
石窯と言ってもちょっとパンやピザが作れる簡単なものが庭の一角にあれば良い。と最初は考えていました。
ところが、打ち合わせの段階で庭師さんからの提案は考えてもいなかったもの。家の外にウッドデッキを作り、その一角に窯を作ると言うものです。

石窯を作ることが現実になり、用意した場所は背の低い庭木を1つ移動したらかなりのスペースが確保できるところです。そのプランは考えていたよりも日数も費用も掛かるものですが、考えてみれば小さな石窯を作り、使い勝手が良くないと思っても、一度作ったものをすぐに壊して作り直すわけには行きません。それなら最初から使い勝手の良いように作った方がよいし、部屋から直接出ることのできる屋根付きのウッドデッキは、何かに付けて便利で嬉しいものです。
ここは清水の舞台から飛び降りるつもりで・・・と、少し大げさですが、海外旅行に2回?行ったつもりで庭士さんのプランどおりに進めることにしました。
と言うことで、今年は一人で行く海外旅行はお預けです。私が旅行に行くと不便な思いをさせられている家族は、その方が嬉しいかも知れません。いえ、そうに決まっています。

ゴールデンウィーク明け、工事の始まりです!
「庭の片隅に・・・」と言う私のかすかな夢は、庭のど真ん中に堂々と大きなスペースを確保して、実現し始めました。
2005/5/9
石窯の基礎を作る穴掘りです。
2005/5/10
いよいよ石窯が形になり始めました。と言ってもこれは窯が載るベースです。
2005/5/14
基礎が少しずつ積み上げられ、窯の1段目のレンガが乗りました。ブロックの囲いは物置になります。
2005/5/19
2005/6/21
基礎が出来た後はウッドデッキの作成に暫し日数が費やされました。
庭師さんのスケジュールの都合で、途中工事が中断された時期もありましたが、石窯の形が現れ始めました。
2005/6/22
窯の火入れの日程が7月1日と決まり、工事が急ピッチで進みます。レンガでアーチが組まれると、パンが焼ける日も遠くは無いことを実感します。
2005/6/24
もうすっかり窯の形です。
窯の隣には小さなキッチンもでき
ました。
窯の上部。
アーチの脇に保温の為の砂が入りました。
四角い穴は煙突穴。見えている煙突は仮置きです。
2005/6/28
手前は煙突の付く穴です。
煙突の穴をふさぐダンパー
扉も付きました。
2005/6/29
煙突が取り付けられました。

これで窯はほとんど完成です。後はアーチを作った木枠を燃やしたら、窯の形が出来上がります。
昔から窯に初めて火を入れるのはとても重要で神聖だ、と言うことで火入れは暦を見て7月1日に行うことに決まりました。

この後の石窯のお話はブログ「おいしいもの大好き♪」に綴っています。
 石窯の火入れ 石窯パン第1号 石窯料理 石窯で 石窯でピザ 石窯で焼きかぼちゃ

 ベーコン作り 続ベーコン 石窯の補修完了 石窯を使って 石窯ピザでランチ きのこ数種で

 ブログに取り上げた石窯の話題


# by nonohana303 | 2018-01-02 22:53 | 石窯 | Comments(0)
新年明けましておめでとうございます。
今年も手作りお節で一年が始まりました。
c0055363_20431763.jpg
メニューは、毎年ほぼ同じです。今年のニューフェースは、"簡単昆布巻き"と"ゆで鶏の醤油漬け"です。ネットで見つけたキッコーマンのレシピです。本当に簡単なのに、味も彩りにもなかなかの優れものです。我が家のお節メニューの定番入りです。
今年は年末に体調今一で時間が無く、大晦日の午後から作ったスピードメニューです。何を端折ったかと言うと、いりどりは面倒な工程を省いて何時もの煮物な感じで・・・。飾り切りも、ねじり梅とか松笠切りとか省きました。黒豆とごまめは市販品に・・・。正月らしい器にオードブルを盛り付けることも止めて、小さなお重にコンパクトに詰めました。お雑煮も柚を松葉に切ることも、生麩を飾るのも止めました。でも我が家の男性陣(私以外)は何も気にしちゃあいません。
完全年金生活にも、もしも事故を起こせば高齢者と言われる年齢にも突入しました。こんな事から生活のダイエットをしなければと、年の初めにしみじみ思いました。

# by nonohana303 | 2018-01-01 20:43 | Comments(0)

手作り鏡餅〜♪

鏡餅も手作りしました。
インスタにもupしたけど、記録なのでこちらにも・・・。
c0055363_16402547.jpg


# by nonohana303 | 2017-12-30 16:40 | ハンドメイド | Comments(0)