おいしいもの大好き♪ nonohana30.exblog.jp

食いしん坊で、作ることも大好き!気まぐれtampopoが倉敷より美味しいものetc.を レポートします。


by nonohana303
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:シュトーレン ( 3 ) タグの人気記事

今年も・・・

c0055363_22512548.jpgこの年齢になると、1年が経つのが早い!
今年もシュトーレンの季節がやって来ました。お世話になった方、遠くに住む姉や兄、甥や姪達へ年に一度の私からのささやかなプレゼントです。教室でも幾つも作ったので、今年もシュトーレン屋さんが出来るほど作りました。「お店のより美味しい♪」の言葉に励まされながら・・・。c0055363_22515474.jpg


せっかく送るのならシュトーレンひとつでは寂しいので、他にもパンを焼いて入れます。今年はベーコンエピ、ケークサレ、三つ編みパンにしました。ケークサレは今年ちょっとブームになりました。よくあるのはベーキングパウダーで作るソーダブレッド です。c0055363_22521844.jpg


これはキク姉さんから教えてもらった酵母で作る、列記とした天然酵母パン。サレとはフランス語で塩という意味、塩味のケーキです。お客様やプレゼントに、珍しくて喜ばれます。簡単に出来て美味しくて、ちょっとだけサプライズなケークサレ。キク姉さんに感謝です♪c0055363_22541369.jpg


こちらはエピの生地でフランスパン修行をちょこっと・・・なんだか、少しつかめた感ありです。
これも蒸気焼成のできるビストロ様のお陰です。c0055363_2253518.jpg





気泡が均一にまばらでないのは、まだ修行が足りない証拠。今一歩、いや二歩、三歩かな~
by nonohana303 | 2010-12-20 22:54 | パンの話 | Comments(2)

ひたすらパン焼きday

知人に頼まれたシュトーレンを7ツ、プレゼント用が5ツ、計12個を作成。その横で、先週習ってきたバゲットの復習です。
c0055363_21334697.jpgまずは、先程焼きあがったバゲットの画像から・・・。粉はクオカオリジナル国産小麦のフランスパン用粉のウーブリエ、塩はシシリアの塩、酵母はホシノフランスパン用酵母です。オートリーズは使わずにストレート法で捏ねます。基本のレシピですから水分も普通の量。捏ねたときには硬いかな?くらいが、長時間発酵させることで柔らかくて伸びの良い生地になります。

c0055363_21421921.jpg今までに比べると、まあまあクープが開きました。でもあまりエッジが立っていないところも・・・。切り口はそこそこ開いた場所と、まあまあ開いた場所とばらつきが・・・。何が悪いのか分かっています。成形のときのガスの抜き方が均一でないのです。ハ~ッ、やっぱり道は長いな~。ま、出来上がったので、岡山産の牡蠣を使ったグラタンで
c0055363_21462590.jpg
いただきました。おっ、ホシノとは思えない軽さ!癖の無い味と香り。そこんとこは何だかな~、とは思いますが、けっこう旨いぞ!国産小麦の重さも無い・・・。今度はもう少し灰分の多い粉を混ぜて、癖を出してみようかな?な~~んだか、国産小麦と天然酵母のバゲット作りに、希望が見えてきた♪
c0055363_2202194.jpgちょっと気をよくしたところで、シュトーレンの姿をご披露します。今日は、お砂糖を何時もの粗糖と、きび砂糖と、2ツのバージョンで作りました。きび砂糖の方は健康志向の方のためです。画像はちょっと白っぽく写っていますが、実際はベージュです。新雪というよりc0055363_2153118.jpg春先の雪解けのイメージかな?


素朴な感じが気に入っています。
今年のシュトーレンは、このラッピングに決めました。シックな色のナプキンに、庭から採って来たオリーブの枝と野いばらの実、ナチュラルを前面に押し出したつもりです。^^;
by nonohana303 | 2008-12-08 22:21 | パンの話 | Comments(4)

12月・恒例の行事

c0055363_16433110.jpgお砂糖まみれの塊がごろごろ。朝からこの作業の合間に家事をしたり、食事をしたり・・・。毎年恒例のシュトーレン作りです。
今日作ったのは17個、友人や親戚、お世話になった方達へ、私からささやかな感謝の気持ちをシュトーレンにこめて贈ります。
焼き立てにブランデーと溶かしバターを塗り、お砂糖を振り掛けて冷まします。芯まで温もりが取れたところで、もう一度お砂糖でお化粧直し。
c0055363_18395175.jpgそしてラップでぴっちり包みます。こうして2日は味をなじませます。生地は少しずつ硬くなりますが、さくっとした食感や熟成された美味しさは2週間くらい続きます。徐々にソフトクッキーのような感じにはなりますが、それ以上でも美味しく食べられます。
材料は国産小麦とホシノ酵母、バターやフルーツ、ナッツなども出来るだけ安心素材を使います。フルーツを漬ける洋酒もそのフルーツに合わせて少しだけ変えています。私のパン作りは通常はシンプルを心掛けています。でもこのシュトーレンだけは年に1度の贅沢。材料もですが下ごしらえに手をかけて、「美味しくなれ美味しくなれ」と声掛けて・・・。^^
手前味噌と言われそうですが、私は自分で作ったこのシュトーレンが大好きです。うちの味噌の代わりに年に一度、シュトーレンを贈られる方々はもしかして、笑っているかもしれませんね。^^;
by nonohana303 | 2007-12-09 18:52 | パンの話 | Comments(6)