おいしいもの大好き♪ nonohana30.exblog.jp

食いしん坊で、作ることも大好き!気まぐれtampopoが倉敷より美味しいものetc.を レポートします。


by nonohana303
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2016年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

誘われて・・・。

予約の取りにくいお店のランチ、急遽欠員ができたとのお誘いの電話。それは断ることはできません!何やかやの予定を整理して行ってきました。寛ぎの空間にナチュラルな料理、ほっと一息の癒しの時間でした。
c0055363_16150975.jpg
c0055363_16171066.jpg
c0055363_16173034.jpg
c0055363_16175529.jpg
c0055363_16183135.jpg

by nonohana303 | 2016-09-29 16:14 | Comments(0)
気温が下がって、高温のオーブンでもキッチンが心地よくなってきました。そこでここ数日はバゲットトレーニングをしています。真夏にバゲット用に250℃に予熱なんて、考えられません。
1日目は最近見ている本を見て、いつもと違う配合と工程を・・・。少し水分が多くて扱い辛かったので、2日目は配合を変えてみました。それが前日よりベタベタと扱い難く、出来上がりもペタンコでどう考えてもあり得ないものが出来上がりました。失敗作と言えど試食を・・・。「うん?塩味がしない!」思い起こせば、塩を入れた記憶がありません!
翌日気を取り直して作ったものはきちんと高さが出ました。画像の手前は前日の塩なしバゲットです。肉眼より分かり難いですが、明らかに後ろのほうが背が高い・・・。
c0055363_07072628.jpg
断面は ・・・。
c0055363_07075003.jpg
塩は生地を引き締めて骨格を作ると言いますが、こういう事なのだ!失敗ってするものですね~!

教室に来られる方たちで、パン作りを始めた理由は「バゲットとクロワッサンが作りたい」というのが多いのですが、この2つのレシピ、最終章の課題なのです。それでも少しパン作りが分かり始めた方たちに、あまり難しくない工程で美味しくできるバゲットを伝授したいと、試行錯誤しています。
by nonohana303 | 2016-09-22 14:08 | Comments(0)

秋色のランチ

気温は下がっていますが、むしむしじめじめとしています。そんな中、秋色のランチをいただきました。
c0055363_20463684.jpg
c0055363_20465989.jpg
c0055363_20471994.jpg
たまには少しの贅沢も良いものです🎵
by nonohana303 | 2016-09-17 20:42 | Comments(0)

10月の野のはな工房

10月の野のはな工房のメニューは、酒種酵母を使った゛パニーノ”と、ホシノ酵母で
゛ビアクッキー”です。
パニーノはイタリアのサンドイッチ。「あれっ?パニーニではないの?プレスしないの?」と疑問に思われるかもしれませんが、パニーニは複数形、パニーノは単数形の言い方で、イタリアではパニーノと呼ぶようです。パニーノはイタリアのサンドイッチの総称、どんなパンにはさまれていてもサンドイッチはパニーノ、プレスされていなくてもパニーノだそうです。そこで、日本ではプレスしたパニーニが主流なので、このパンはパニーノと名付けました。この白いパンはイタリアでサンドイッチによく使われるパンだとか・・・。
c0055363_14224635.jpg
ビアクッキーは、ベーキングパウダーを使わず酵母で作ったサクサク塩味のクッキー。チーズやハーブが練りこまれて、いかにもビールに似合いそうなので、ビアクッキーと名付けました。
c0055363_11242048.jpg

話はパニーノに戻りますが、私がイタリアのSAでサンドイッチを注文した時の事、ショーケースに並んだサンドイッチを指して注文すると「ホット?」と聞かれました。そうだと言うと、暫くしてあのよく見かけるパニーニになって登場しました。初めてのイタリアで初めて注文した思い出のパニーニの話です。言葉なんて全く分からなくても何とかなるものです。

パン教室のお申し込みは、こちらからお願いします。本日現在、新たな日程の募集もしています。ご連絡お待ちしています。


今回のレシピは、洋菓子研究家上田悦子さんのレシピを参考にさせていただきました。
by nonohana303 | 2016-09-12 11:48 | 野のはな工房 | Comments(0)

桜草

久々に夫婦2人のディナーは、和のうまみ処 桜草へ・・・。
夏休みが終わってもまだ涼しいとは言えない気候ですが、さすが土曜日の美観地区は観光客でにぎわっていました。
桜草は美味しいと定評があり、ランチの松花堂は驚くほどコスパが良く、何度か利用したことがありますが、夜は初めてです。
c0055363_13495884.jpg
c0055363_13342189.jpg
c0055363_13320853.jpg
c0055363_13322789.jpg
c0055363_13325612.jpg
c0055363_13331457.jpg
c0055363_13333029.jpg
桜草は単品メニューはなく、夜は会席のみです。今回4500円でお願いしましたが、品数が多くてお腹いっぱいになりました。実は夏の疲れが出たのか昼間に胃が痛くて、キャンセルしようと迷いましたが、胃薬を飲んだら治まったので決行!食いしん坊の私はお料理の美味しさに誘われて、お決まりの生ビールに加え冷酒まで頂いてしまいました。地酒の赤磐雄町、少し辛口ですっきりと美味でございました♪
c0055363_15060034.jpg


<施設情報>
和のうまみ処 桜草
住所:岡山県倉敷市本町3-11
電話:086-426-5010
営業:11:30~14:00(L.O.13:30) 17:30~22:00(L.O.21:30)
ランチ営業、日曜営業
定休:月曜日、月1回日曜日 
by nonohana303 | 2016-09-11 14:13 | Comments(0)

無水鍋で焼いてみた。

ル・クルーゼ、ストウブ、バーミキュラなどの出現で少し忘れかけられた無水鍋。私の母の時代には画期的なお鍋として良く使われていました。1953年に誕生したアルミ合金製鋳物で出来たお鍋は密閉度が高く熱電導率も良く、私も以前は使っていました。蒸し料理だけではなくご飯も美味しく炊けて重宝していました。アルミが体に良くないという噂が広まり、正しい意味も知らず使わなくなっていました。(実はそんなことはないらしい・・・)数年前にこのお鍋でハード系のパンを家庭のオーブンで作るのに役立つことを知り、倉庫の片隅にしまっていたものを出してきました。数日前、無水鍋で焼くおいしいパンという本のことを知りました。今まで知っていたのと少し違う使い方のようで、取り寄せてみました。昨晩仕込んだ生地でさっそく試してみました。私なりのシンプルな生地で作ったのが、これ!
c0055363_19571922.jpg
火加減が良くなかったのか?説明をちゃんと見ずにアルミのお皿を使わなかったのが悪かったのか?底の方がえらく焦げてしまいました。でも、お鍋で焼いたのに上部にも焼き色がしっかり付いて、びっくりです。よく考えてみれば、お鍋がオーブン代わりになっている仕組みなのです。このやり方なら、ダッチオーブンがなくてもアウトドアーでオーブン料理も可能です。蓋に焼いた炭をのせるわけでもないのに・・・。
私の本日の感動でした。
by nonohana303 | 2016-09-09 20:41 | パンの話 | Comments(0)