<   2011年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今年のミニトマト

ゴールデンウィークが近付くと、義務のように夏野菜の苗を買ってしまいます。キュウリとトマトは定番です。今年はズッキーニに万願寺唐辛子も植えてみました。
c0055363_12385373.jpg
今年のミニトマトは、イチゴの形のトマトベリーにトマトベリーシリーズのチョコちゃんにしてみました。チョコちゃんは、名前の通りチョコレート色のトマトです。甘くてジューシーで生食に向いています。
c0055363_1239751.jpg
トマトベリーは思ったほど甘くなく、ジューシーな感じよりしっかりした実に育ちました。育て方なのかもしれませんが、これは生食より少し手を加えたほうが良いかと・・・。
c0055363_20472210.jpg
トマトソースを作るほどは採れないので、ドライトマトにしてみました。水分が少ないので、これは向いていると思います。因みにドライトマトの作り方は、下にメモしています。
できたドライトマトはそのまま保存して、使う度に水で戻して使います。私は水で戻さず、出来立てをオイル漬けに・・・。
c0055363_20555222.jpg
オリーブオイルに好みのハーブ、ニンニクをつぶしたものを一緒に入れるのが私流です。そして、朝食にチーズ、バジルと一緒にブルスケッタに・・・。手作りパンに、自家製ドライトマトと庭から摘んできたバジル、幸せな朝のひと時です♪
c0055363_12392363.jpg
イチゴのようなハート型の実は可愛いので、もしかしたら来年も挑戦するかもしれません。
c0055363_1240874.jpg
最後に、この苗はルッコラが終わったプランターにひょっこり現れました。昨年のこぼれ種から出たはずですから、リトルサマーキッスかトスカーナバイオレットです。どっちでしょうねぇ?花が咲き始めたばかりなので、熟すのは夏の終わりごろでしょうか?


<ドライトマトの作り方>
ミニトマトは半分に切って軽く塩をして水分が出たら、キッチンペーパーで拭きます。
天板にならべて100℃のオーブンで2時間程じっくり乾かします。
セミドライの場合はもう少し時間を少なめに・・・。
トマトの種類、お使いのオーブンによって時間を変えてくださいね。
by nonohana303 | 2011-07-29 21:14 | ガーデニング | Comments(4)

雨の日に・・・

c0055363_1137249.jpg台風6号が来ている影響か、今日の倉敷は朝から雨模様です。庭の水遣りもお休み。湿度は高いですが、気温が低めでエアコンなしで過ごせるのが嬉しい海の日です。
ちょうど1週間前に頂いたバラ、産直市で購入したそうで、夏なのに長持ちしてくれました。でも、そろそろ切花では水が上がらなくなってきました。捨てるには惜しい!いつもの私のセコ根性で、再利用することに・・・。
どうです!短く切ってサラダボウルとプリンカップに入れいたら、こんなに美しく甦りました。世の中では断捨離流行りですが、捨てられない症候群の私、もう少し楽しませていただきます。^^;
by nonohana303 | 2011-07-18 11:48 | Comments(0)

勉強会in倉敷

ドラジェのレッスンの翌日は勉強会の本番です。それぞれがひと品ずつの担当が基本。Iさんの高加水チャバタ、honokaさんのおむすびパン、Sさんお得意のケーキは抹茶マーブルケーキ、私はフランスパン用の生地を仕込みました。
c0055363_22233820.jpgIさんの高加水チャバタ。今回は2種類の粉、国産小麦のERと きたのかおり で試してみました。粉の吸水率や味、香りの違いが良くわかりました。さすがベテランのIさん、すご~くわかりやすく教えていただきました。ちょうど石窯のタイミングが合ったので、石窯で焼きました。お餅のような食感がうたい文句のチャバタ、石窯で内層がさらにしっとり焼きあがりました。
c0055363_2223592.jpgこちらはhonokaさんの米粉を使ったおむすびぱん。米粉を使う意義、米の香りと味はそのままで良いか?小麦のパンに近づけるのはどうしたら良いか?いろいろ考えさせられ、honokaさんの試行錯誤の苦労がわかったひと品でした。化粧粉でつけた形は、海苔に見立てているそうです。なるほど!
私個人の感想ですが、翌朝の方が味が落ち着いていたような気がします。
c0055363_22242070.jpgSさんの抹茶味のマーブルケーキ、粉はお菓子に向いた国産の薄力粉です。久し振りにケーキ作りに触れましたが、なるほどの業もあって、勉強になりました。
マーブル模様がきれい!お味もGoodでした。パウンドですから、翌日の方がバターがしっとりして美味しいと、前日に焼いたものまで持参くださってありがとうございました。
c0055363_22243730.jpgこちらはバゲット。今回は成形の復習です。生地は私が用意した国産小麦とホシノ酵母のフランスパン生地です。時間配分がうまく行かなくて、おむすびパンが焼けるのを待っての窯入れでしたが、何とかできてホッとしたより、フ~ッといった感じ。
慌てていたので、ビストロ様の威力が発揮できずにビストロ組は撃沈でした。^^;画像はコンベックで焼いたものです。
c0055363_22245135.jpgお昼のランチは、石窯に火を入れて、ピザにしました。生地はバゲット生地を流用。ピザの生地はもともとシンプルなものなので、フランスパン用や食パン用の生地でOKです。もしもバターロールの生地があればそれでもOK!どんな生地でもピザってできちゃいます。失敗生地でもそれはそれで大丈夫です。無発酵の生地で作るピザもあるくらいですから・・・。
盛り沢山のパンのメニュー、その他の予定も無駄なくこなし、皆さん本当にご苦労様でした。
勉強会も回を重ねるほどに、手順がわかり無駄な動きが少なくなりました。今度は京都?それとも愛知?続けて倉敷でもOKですよ~♪
by nonohana303 | 2011-07-05 23:03 | パンの話 | Comments(2)

シュガークラフト・ドラジェ

7月の初日、遠方からパン仲間が集まりました。不定期に開いているパンの勉強会、今回は私がお当番です。遠くからなので、当然お泊りです。せっかくなので1日目はちょこっと観光で、備中国分寺へご案内しました。ゆっくりおしゃべりしながらランチした後は、Harumi cake studioでharurumiさんのシュガーのレッスンです。「ドラジェが習いたい」というIさんたっての希望でした。c0055363_21445159.jpgドラジェとはアーモンドに砂糖がけしたお菓子のこと。たくさんの実をつけるアーモンドは子孫繁栄の象徴とされ、ヨーロッパでは古くから結婚式や誕生日などのお祝いごとには欠かせないものとされてきたのだそうです。発祥はイタリアですが、ドラジェはフランス語なんですって・・・。市販の砂糖がけにシュガークラフトを施すのが今回のレッスンです。c0055363_21451070.jpg





シュガーペーストの作り方から、搾り方、etc.
丁寧に教えていただきました。細かい作業ですが、何とか形になりました。
作業の後は、先生手作りのケーキでお茶をいただきました。我が家と同じランチョンマットなのに、何故こんなに素敵なの?
harurumiさん、朝から準備していただいて、お茶とおしゃべりも楽しませていただいて、ありがとうございました。楽しかったです♪
by nonohana303 | 2011-07-05 22:11 | 私の勉強 | Comments(0)

食いしん坊で、作ることも大好き!気まぐれtampopoが倉敷より美味しいものetc.を レポートします。


by nonohana303
プロフィールを見る
画像一覧