おいしいもの大好き♪ nonohana30.exblog.jp

食いしん坊で、作ることも大好き!気まぐれtampopoが倉敷より美味しいものetc.を レポートします。


by nonohana303
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2010年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

年の瀬なのに・・・

もう今年もあと3日を切りました。11月12月とばたばた過ごしたので、家事が思いの外溜まっています。年内にしてしまいたいことが山積みです。なのに、昨日は大阪へパンとお菓子の勉強に行ってきました。ちゃんとした主婦なら家事が山積み状態なら行かないですよね~・・・。
でも、これは外せない講習でした。特にこのガスコンベックで焼くフランスパンは絶対勉強したい!c0055363_104349.jpg前置きが長くなりましたが、コンベックでもこんなにクープが開く方法を教えてもらいました。今までオーブンのせいにして来たけど、もう言い訳ができません。画像後ろのパン、1本だけクープの開きが悪いでしょう。それには原因がもちろんあります。いろいろ考えられますが、この場合はオーブンに入れる時に切り口がくっついてしまったことが原因のようです。仲間3名と先生で、どうしたら理想のバゲットができるか意見交換もしました。どれが理想とは言い切れませんが、自分がどうしたいかが目標。武蔵でなくても、ビストロでなくても、クープがぷっくり開いたフランスパンができる!粉や酵母選び、生地作り、発酵、理想のトラディショネルができるにはすべてが合わなくてはいけませんが、少しずつ道が開き始めました。目標に向かって修行はまだまだ続きます。c0055363_104586.jpg
パン・トラディショネルの他に、マカロンの講習も引き続きありました。S先生の作るマカロンは絶品!着色料は使わず自然な食材で色や味をつけています。大きさもプチサイズで可愛い♪ラッピングも教えていただいて、丸1日の講習は終了しました。
c0055363_105146.jpg



昨日の大阪は夕方から強風と雨で荒れ模様のお天気でしたが、マカロン作りが終わった時には穏やかな天候に戻っていました。とっぷり暮れたお玄関先で「Tさんとはしばらく会えないわね」と、ハグでお別れです。S先生、また新幹線に乗って行きますね~。
by nonohana303 | 2010-12-29 10:05 | パンの話 | Comments(0)

ちょっと惜しい!

c0055363_16574142.jpg今日は26日、クリスマスシーズンは終了しました。それが今朝、夫が「おっ、ドイツに行った時にクリスマスの飾りを買ってきた。どこに片付けたかなぁ?」と言います。そして暫くすると、このクリスマスピラミッドを持って自室から出てきました。なかなか良いじゃないですか♪もっと早く出せばいいのに・・・。それに、ドイツに行ったのって何時だった?確か夏前だったような気がします。それからずっと自分の部屋に置いていたなんて、どういうこと!?って、私も反省する点があります。いつも夫のお土産は私の趣味に反することがほとんどなので、褒めてあげたことが無いのです。夫は私が何を好きか嫌いか、分からないらしいのです。それで、これも腐されたら嫌なので隠していて忘れてしまったようです。それに、夫はサプライズが好きです。(私はあまり好きではない^^;)想像するに、私を驚かせて喜んでもらおうと隠していたとも考えられます。こっちかな~~・・・。ま、とにかく可愛いので(夫じゃなくて)飾ることにしました。赤い蝋燭に火をつけたら、風車とお人形が乗った台がくるくると回りました。でも焦げたりしたら嫌なので、すぐに消しましたけど・・・。クリスマスは過ぎましたが、欧米ではクリスマスの飾りは新年まで飾るので、我が家もお正月の飾りに替えるまで数日間飾っておきます。
ええと、クリスマスピラミッドのこと、夫を責められない出来事がありました。実はトイレを詰まらせて、今朝水道屋さんに来てもらいました。原因は私の腰に貼ったホッカイロです。ここのところ立ち仕事が多く、腰が痛かったので腰専用のカイロを使っていました。それを水洗に流してしまったのです。もしかして、床を切ってパイプを外して取り出さないといけない事も考えられ、工務店のご主人に大工さんも見えました。え~~ん!そんなことになったらどうしよう!運良く、床下のパイプに流れる手前に引っ掛っていました。私は1枚だと思っていましたが、2枚も!とにかくホッと胸を撫で下ろした次第です。だから、ここ当分は夫のことを責めたり嗜めたりできません。
これが2010年最後の私の失敗になりますように、クリスチャンではありませんがイエス様にお祈りいたします。アーメン ^^;
by nonohana303 | 2010-12-26 17:25 | つぶやき | Comments(0)

今年も・・・

c0055363_22512548.jpgこの年齢になると、1年が経つのが早い!
今年もシュトーレンの季節がやって来ました。お世話になった方、遠くに住む姉や兄、甥や姪達へ年に一度の私からのささやかなプレゼントです。教室でも幾つも作ったので、今年もシュトーレン屋さんが出来るほど作りました。「お店のより美味しい♪」の言葉に励まされながら・・・。c0055363_22515474.jpg


せっかく送るのならシュトーレンひとつでは寂しいので、他にもパンを焼いて入れます。今年はベーコンエピ、ケークサレ、三つ編みパンにしました。ケークサレは今年ちょっとブームになりました。よくあるのはベーキングパウダーで作るソーダブレッド です。c0055363_22521844.jpg


これはキク姉さんから教えてもらった酵母で作る、列記とした天然酵母パン。サレとはフランス語で塩という意味、塩味のケーキです。お客様やプレゼントに、珍しくて喜ばれます。簡単に出来て美味しくて、ちょっとだけサプライズなケークサレ。キク姉さんに感謝です♪c0055363_22541369.jpg


こちらはエピの生地でフランスパン修行をちょこっと・・・なんだか、少しつかめた感ありです。
これも蒸気焼成のできるビストロ様のお陰です。c0055363_2253518.jpg





気泡が均一にまばらでないのは、まだ修行が足りない証拠。今一歩、いや二歩、三歩かな~
by nonohana303 | 2010-12-20 22:54 | パンの話 | Comments(2)

私の勉強 in 東京

9月にお試しレッスンに参加したEcole levain d'antanの初レッスンに行ってきました。私の参加するクラスは11月が開講でしたが、私は2回目のレッスンからの参加でした。東京は遠いので、毎月の参加は難しく、我がままを言って、2ヶ月に一度のペースで参加することに・・・。
c0055363_22223811.jpg今月のメニューは、Pain de campagne & Pain olives tomatesです。講師はMickael先生、ちょっと片言の日本語で、通訳つきのレッスンです。天然酵母のカンパーニュは味わい深く、籠を使わない製法を教えていただきました。トマトとオリーブのパンは、生地はシンプルですが、黒オリーブとドライトマトの組み合わせが絶妙です。c0055363_22344022.jpg








c0055363_22352285.jpg

どちらのパンも1人1㎏以上の生地を扱います。生地作り以外は全て自分の責任において、窯入れまで・・・。家庭用のオーブンと違い、奥の方まで入れるのは至難の業!お試しの時は先生が入れてくれましたが、今回は自分のパンは自分で。上手くいかなくて折れ曲がったパンも出来て冷や汗ものです。
帰りには売るほどのパンを持ち帰ります。前日も他のレッスンを受けた方がいらっしゃったのですが、冗談でなく小さなパン屋さんができます。^^でも、そのくらい作らせてもらえるので、すごく良いお勉強になります。
Mickael先生の日本語は、9月の時より格段にお上手でした。私たちの話す日本語を捕らえては、どういう意味なのか聞かれます。次はもっと上達されているのでしょうね。私にはフランス語はどの言葉も音楽のようにしか聞こえませんでした。^^;
by nonohana303 | 2010-12-06 22:53 | パンの話 | Comments(6)

今年のオリーブ

c0055363_2133162.jpgすっかりブログの更新をサボってしまいました。ブログの更新が少ない上に、カメラを市内のホテルに行った時に忘れて来てしまって・・・。11月はブログを書かないようになっていたのかもしれません。^^;
もう半月も前のことですが、今年のオリーブを収穫しました。c0055363_218665.jpg




青いうちに採ろうと思っていましたが、すっかり黒くなってしまいました。こうなるともうリミットです。黒の中に少し青や紫の実が混じって、約2kgありました。昨年は同じバケツに6文目ほどでしたから、年々収穫量が増えています。
c0055363_21122768.jpg昨年は苛性ソーダで渋抜きをしたら、すっかり渋が抜けて頼りない味になってしまいました。そこで、黒くなったものは塩漬けに、青や紫のものは苛性ソーダで処理しました。昨年よりソーダ液に浸ける時間を短くしたら、結構渋みが残りました。塩漬けのほうは40日しっかり塩に漬けて、その後塩分濃度の低い塩水に浸けます。渋を抜いたけど抜け切れなかった方は、濃度1%ほどの塩水に漬けています。それでもう少し渋を抜くのが狙いですが・・・。さあて、今年のオリーブ、何時食べられるかな~・・・。見た目は美味しそうなのに、半端なく渋いオリーブの実、鳥だって突きにきません。いったい誰がいつ食べようと思ったのでしょうね。
by nonohana303 | 2010-12-04 21:22 | ガーデニング | Comments(0)