<   2010年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ナーベラー

c0055363_211299.jpg沖縄のヘチマ、ナーベラーってご存知ですか?どんなものかと思い、植えて見ました。
普通のヘチマ同様すぐに出来るかと思っていましたが、今年の異常気象のせいなのか、ずっと花が咲きませんでした。夏が終わった今頃、忘れたように2本の実が生りました。たった2本、採り時を間違えてはもったいないので、毎日大きさを確かめて昨日収穫しました。
c0055363_21155049.jpg

ネットで調べて、味噌味の炒め煮にすることに・・・。皮を剥いて、輪切りにしました。中はスポンジのように少し弾力があります。
c0055363_21182257.jpg




豚肉と炒めて、蒸し煮にすると、結構水が出てきます。火が通ったところで、お豆腐を入れて味噌で味付けします。すっごくとろっとして、美味しい♪味付けは少量の日本酒と味噌のみですが、甘味があってなかなかなお味・・・。
沖縄の人が好んで食べるのがわかります。ナーベラーは沖縄の方言でへちまと言う意味だそうですが、たわしにするヘチマとは種類が違い、繊維が硬くないそうです。花が咲いて2週間くらいの若い実を食べます。生で食べても美味しかったし、来年も苗を見つけたら植えてみようと思います。
by nonohana303 | 2010-09-27 21:27 | ガーデニング | Comments(0)

フランスパン修行

c0055363_1842359.jpg先日エコール・ルヴァン・ダンタンで勉強したトラディッションを、私の材料、方法、オーブンで復習しています。小麦粉は国産小麦で、酵母はホシノ酵母です。
1回目の小麦粉は日清製粉の「スローブレッド」1本で・・・。仕上がりは軽くて、リスドールのような使い心地です。それはそれでじゅうぶん美味しいけれど、クラムのしっとり感と味わい深さがあるほうが好き・・・。2回目はキタノカオリとスローブレッドを半々で・・・。しっとり感、味の深さ、どちらも満足の出来上がりです。個性の強いキタノカオリ1本より少し軽く出来るのも私好みです。キタノカオリは昨年の収量が悪く、今現在市場に出回っていないので、ブレンドで出来る配合も魅力的!
後の問題は、成形です。今回はバゲットを2本作りました。1本(画像左)は無意識に作ってしまい、締めが不足しました。右の2個はちゃんと意識して締めたものです。満足とまでは行きませんが、気泡が比較的均等に入りました。味はどちらも変わりませんが、食感の違いが・・・。
ビストロと一緒のフランスパン修行、まだまだ続きます。みんなの作りたいシンプルなパンは難しいわ~~
by nonohana303 | 2010-09-26 18:37 | パンの話 | Comments(2)

Ecole Levain D'antan

7年前に行ったフランスのアルザス地方で出会ったYoshimi Boulangere Internationalの芳美さんが、先週東京六本木にパンとお菓子のスクールEcole Levain D'antan (エコール・ルヴァン・ダンタン)をオープンされました。
c0055363_1742085.jpg芳美さんの長年の念願が叶ったというスクールは、パリのパン屋さんの厨房を再現し、外観や内装もパリの雰囲気が漂う素敵な空間です。内装も外装も厨房機器、材料まで全てフランスから運んだというこだわり様!そこは六本木のパリです。
お店の様子は東京事務所のブログを見てくださいね。c0055363_23285956.jpg






私はオープン3日目の19日、オープン記念のお試しレッスンに参加しました。
メニューは「タッパー1つで出来る、手捏ねで作る本格トラディッション」です。c0055363_23292018.jpg
雇用する側にとって、厳しい環境のフランスで、お店の省力化の為に芳美さんが開発したと言う、フランスパンの作り方です。捏ねはあまり手を掛けないことがコツ、後は寝かしでパン生地を作ります。
今までもフランスパンの講習は何種類も受けて来ましたが、あまりにも楽で目からうろこの製法です。c0055363_17311816.jpg


一つの生地でバゲットとプチパンを・・・。
成形もコツさえ掴めば簡単な方法なのに、見事な気泡!画像は芳美さん作ですが、私の作ったものも同じように気泡が並んでいました。「みんなのも同じように気泡が出来ていますよ!」との言葉通りでした。c0055363_1733023.jpg


3時間ほどで、試食まで終了!古くなった私の頭には、1日1つをきちんと習う勉強は向いています。往復9時間、今回はホテルで1泊しました。たった3時間の講習の為?いえ、されど3時間の講習でした。
c0055363_17333285.jpg


勉強してきたトラディッションは、野のはな工房のメニューにしたいと思います。
これから試作を重ね、私なりの材料でレシピを作りますので、請うご期待!しばしお時間をいただきたいと思います。
by nonohana303 | 2010-09-21 17:39 | Comments(0)

この花な~んだ

c0055363_19552323.jpg淡いクリーム色のこの花の名をご存知ですか?ハイビスカスにも似たこの花は、オクラの花です。今朝咲いているのを見て、本当にきれいだと思ったので、記念撮影しました。
朝開花したら夕方にはしぼんでしまう一日花です。オクラの原産国はアフリカ、アオイ科の植物です。野菜でもこんなにきれいな花を咲かせるのです。目を楽しませてくれて、おいしくいただけるオクラ、褒めてあげたくなります。
c0055363_2072514.jpg
ほら、ちゃんとオクラの実が生っているでしょう。柔らかい産毛が生えてきれいです。
今年は自家製のオクラを食べようと、5月ごろに苗を買ってきました。ずぼらな私はポット苗のまま放置・・・。多分1ヶ月くらいでしょうか?我ながらひどいことをしたものだと反省しています。当然苗の状態は悲惨なものになっていました。中でも何とか育ちそうなものを、取りあえずその辺にあるプランターに植えました。生き残ったのは2本、それもまともに大きくなったのはこの1本だけです。放置したのに、こんなに立派に育って、きれいな花も楽しませてくれるなんて・・・。買ってきてすぐに取りあえずでも定植していたら、他の苗も育っていたのに・・・。オクラさん、ごめんなさい。^^;
by nonohana303 | 2010-09-15 20:19 | ガーデニング | Comments(0)

9月の新しいメニュー

長い夏休みもそろそろ終わり、今週末から9月の教室が始まります。
c0055363_18222315.jpg今月の新しいメニューは「南イタリア風フォカッチャ」に「ケークサレ」です。南イタリア風フォカッチャとは、平たく伸ばした生地に野菜をトッピングして焼いたもの。6年前の秋、南イタリアのパンの村“アルタムーラ”で出会ったフォカッチャを思い出して作りました。アルタムーラのパン屋さんの厨房で、陽気なおじさんたちがダイナミックに作っていたのは、もっと沢山トマトを使っていたかも知れc0055363_1823587.jpgません。
あの時撮った写真のCDが壊れて、画像を見ることができませんが、記憶ではまだ赤く熟れていない青っぽいトマトを使っていました。オリーブオイルも缶から直接ドボドボと注いで・・・。焼きあがったパンを、これまたダイナミックにカットして勧めてくれたのを思い出します。トマトとオリーブのものはよく有りそうですが、ポテトをスライスしたものが印象的で作ってみました。
c0055363_1829823.jpgケークサレは塩味のパウンドケーキ。よく見掛けるのはベーキングパウダーで膨らませたものですが、これは発酵させて作ったものです。キク姉さんの勉強会で教えてもらったものを、ホシノ酵母で作ってみました。しっとりと食べやすく、家族の評判も上々です。こねる手間が少なく、発酵も早い、この時期なら朝寝起きに混ぜたら、ランチに食べられます。
by nonohana303 | 2010-09-09 18:26 | 野のはな工房 | Comments(4)

食いしん坊で、作ることも大好き!気まぐれtampopoが倉敷より美味しいものetc.を レポートします。


by nonohana303
プロフィールを見る
画像一覧