<   2010年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

4月の野のはな工房

寒い日が多かった今年の4月、日によって変わる気温に一喜一憂しながら、今月も全講座が終了しました。
Regular classは「簡単マフィン&ベルギーワッフル」 、ランチメニューは、マフィンサンドに押し麦のスープ。マフィンサンドにはタコミンチとサルサソースでメキシコ風にしてみました。季節の先取りが早すぎた感ありですが・・・。c0055363_14345153.jpgc0055363_14364688.jpg

Requestは「桜カンパーニュ&パン・トラディショネル、又は全粒粉のバターロール」です。
カンパーニュはガスのコンベクションオーブンでもいい感じに焼けますが、フランスパンはなかなかどうして・・・。一人1本は勉強したいので、一度に何本もコンベックに入れることになりました。やはり場所によってクープの開き方がまばらに・・・。c0055363_14414536.jpgc0055363_14423298.jpg

見た目はともかく、美味しく出来上がって一安心です。クープの開き方、エッジの立ち方は蒸気の力が大!パン生地が、オーブンのどこに入ったかで明らかに違いが出ました。全粒粉のバターロールでは、冷蔵発酵の便利さを勉強。しっとり肌理の細かいバターロールができました。c0055363_14432647.jpgc0055363_14443022.jpg
ランチメニューは、新玉ネギと新じゃがのサラダに、塩豚とヒヨコ豆のスープです。春らしい味にほっこり♪c0055363_14441352.jpgc0055363_1445487.jpg

家庭で作るフランスパン、国産小麦でも、ホシノ酵母でも、コンベックでも、きちんとポイントを押さえればちゃんと焼ける方法があります。お店の見た目にには適わないかも知れませんが、味は絶対美味しくできます。そんなところが家庭製パンの良さだと思っています。まだまだ上を目指して行きますので、みなさん、付いて来てくださいね。^^
by nonohana303 | 2010-04-30 22:08 | 野のはな工房 | Comments(2)

亭主の好きな・・・

夫の好きなことはゴルフと釣り。仕事があってなかなかできないけれど、予定が入ればいそいそと出掛けて行きます。日曜日も夜中に出発して高知まで釣りに行って来ました。
c0055363_013180.jpg釣って来たのは、鯖と鯵です。そんなに高価な魚ではありませんが、とびっきり新鮮で、料理をしても手が生臭くなりません。釣り人の掟で、夫が魚の処理はしてくれますが、調理までは無理!料理は私の担当です。c0055363_032820.jpg





釣り船の船頭さんが「明日までは生で食べられる」と教えてくださったそうなので、せっかくなので生食に・・・。鯖はしめ鯖に、鯵はなめろうでいただきました。
c0055363_05639.jpg
全く臭みが無く美味しいお魚です。何時もなら、捨ててしまう中骨と腹骨の周りについた身も、あまりにきれいなので、私のお昼ごはんに塩焼きでいただきました。夫のたらした釣り針に不覚にも食いついてしまった鯖さん、余す事無くいただくのが何よりの供養です。これで今日もセコ達成で、ちと満足・・・。^^
すぐに食べきれない分は、ご近所にもおすそ分けして、残りは冷凍保存にしています。
鯵は塩焼き、鯖は煮魚かな~?
by nonohana303 | 2010-04-27 00:00 | ごはん | Comments(0)

せいたかマフィン

c0055363_1811979.jpg一度作ってみたかった太田幸子さんの「自家製酵母で作るワンランク上のハード系パン」にあるプレーンマフィン。何時も私のガーデニングをサポートしてくれている、Tさんの自宅ショップがオープンするので、お土産に焼いてみました。太田さんのレシピはレーズン酵母ですが、ホシノ酵母に置き換えて・・・。本にあるサイズのマフィン型が手に入らないので、少し小さ目の型を使いました。
c0055363_18451049.jpg
レシピどおりの分量で仕込んだら、予想通り生地が余ったので、丸く成形して焼いてみました。プチパンにしては大きいので、何て呼んだら良いのでしょう?マフィンも大きめのプチパン?も、どちらもしっとりといい感じ♪
c0055363_18273839.jpg



今月のRegular classでするイングリッシュマフィンより食感がソフトです。イングリッシュマフィンはあくまでもイングリッシュマフィン。あの食感も大好きだけど、太田さんのプレーンマフィンはふわっと優しくて、何にでも合いそうなパンです。予想していたより窯伸びがして、型より上がって、よりせいたかな感じに・・・。次回は仕上げ発酵を短くしてみましょう。
マフィンをプレゼントする時のラッピングは、積み上げ法が可愛い♪今日の袋はちょっと大きめだったかしら?この大きさに合う袋をまた探しましょう。
by nonohana303 | 2010-04-16 18:38 | パンの話 | Comments(2)

ミニミニ東京観光

c0055363_22461856.jpg母の法事で週末は東京へ・・・。最近は、東京といっても横浜の方が近い実家のお寺と倉敷との往復で、用事が済んだらとんぼ返りの味気ないものでした。今回は都内にも用事があったので、思いっきり都心の赤坂に泊まりました。c0055363_2247650.jpg




お泊りに付き物の朝の散歩は、赤坂近辺です。夫が赤坂サカスに行きたいというので、まずは朝で静かなTBS付近へ・・・。サカスから坂を下りたら首相官邸のすぐ近くです。官邸を横目に歩いて、国会議事堂まで・・・。坂の多い地形でなかなかの運動になります。c0055363_225030100.jpg「毎日このくらい歩いたらスマートになれるかも?」などと言いながら、朝の都内見学終了です。
ホテルを出て、今度は東京スカイツリーへ・・・。笑えるほどおのぼりさんモードです。スカイツリーは押上にありますが、眺めるのには離れたところが良いので、浅草から見ることにしました。浅草から見るスカイツリーはビルに隠れて足元は残念ながら見ることができませんが、そこそこ満足いたしました。c0055363_22521316.jpg






お花見のピークを過ぎた隅田川沿いの桜も、遠目にはまだきれいで、久々に東京の桜を愛でることもできました。春のうららの隅田川、お江戸だな~という雰囲気に満ちていました。c0055363_22512236.jpg
浅草に行ったので、浅草寺さんにお参りをして帰りましょう。仲見世の雑踏を抜けて、お参りをしたら、田舎者の私は若干ぐったり・・・。
お次は銀座、ほら!やっぱりおのぼりさんモード全開です。^^銀座では木村屋で酒種あんぱんを買うのが目的です。c0055363_22592283.jpg




お腹が空いたので、買い物前に3階のグリルでランチタイム。前にも来たことがありますが、銀座にしてはリーズナブルで、ちゃんとした料理を提供してくれます。2階はサンドイッチカフェ、
4階はフレンチレストランです。c0055363_2311815.jpg

フレンチはきっとお高いと思いますが、グリルは手ごろなお値段でお勧めです。そんなに混んでいなくて、私は銀座の穴場と認定しております。夫は牛肉のグリル、私は春の食材を使った生パスタにしました。銀座木村屋のパン、食べ放題です♪ まずは角食パン、クルミのライ麦パン、オレンジ色のは人参だそうです。食パンは夫と半分こにして、レーズンたっぷりのライ麦パンを追加しました。
木村屋のパンは、今時のフランス風の深い風味のパンとは違い、昔懐かしい癖の少ないパンです。木村屋のパンを食べる度に、「こんなのもいいなぁ・・・」と感じます。
ミニミニ東京観光は、4時間ほど。なかなか無駄のない動きができて満足です。前日の表参道散歩も含めて、短い時間で東京を満喫いたしました。
by nonohana303 | 2010-04-12 19:08 | おでかけ | Comments(2)

自家製干し椎茸

c0055363_1831623.jpg夫が仕事で行った山間部で、大きくて肉厚な椎茸を沢山いただきました。椎茸を作っている農家の方が不揃いなものを下さった様です。一度に使い切れない量、その上業務用スーパーで1パック100円の椎茸を買ったばかりでした。いくつかは生のまま調理に使い、残りは買ってきたものも一緒に、傷む前にウッドデッキで干しました。干し椎茸を作ったのは初めてです。多分干しておけば出来るのだろうと、ざるに入れその下に通気が良いように石窯で使う薪を足にして・・・。2日ほどでほぼ乾き、見た目は干し椎茸になりました。保存するにはもう少し乾燥させなければいけませんが、干し椎茸って、意外に簡単に出来ます。きっと気温も湿度もちょうど良い季節だったからだと思いますが・・・。国産天日干し、買えば結構なお値段です。椎茸農家の方に感謝です。簡単に出来たので、安い椎茸を見つけたら暖かくなる前にまた作ろうかな~?
by nonohana303 | 2010-04-05 18:20 | 手作り保存食 | Comments(0)

コンベックとヘルシオ

私が通常使っているオーブンはリンナイコンベック、ガスのコンベクションオーブン。強い熱風で上の段も下の段もほとんど変わらず焼き色が付きます。サブで使っているのがシャープのヘルシオ、こちらは高温の目に見えない蒸気で焼くというものです。
c0055363_22502380.jpg友人の新しいマンションにお邪魔するので、ナッツとドライフルーツがいっぱい入ったパン「森の恵」と「酒種食パン」をお土産に焼きました。画像は森の恵、6本の半分ずつをコンベックとヘルシオで焼きました。ハード系のパンですから、蒸気を使って焼きます。ヘルシオは高温蒸気で・・・。コンベックは予熱したところへパン生地を入れ、熱くなった庫内へスプレーをかけて蒸気を瞬間的に出し、熱風を数分間止めました。
c0055363_2305297.jpg焼き上がりの色はヘルシオのほうが若干赤味がかった色です。コンベックもきちんと蒸気の効果できれいに発色して艶も出ています。
クープは、コンベック→の方は凹みは無く、きれいに開いています。ヘルシオ↓の方が深く凹んだまま焼きあがりました。c0055363_2311419.jpg




ガスと電気の違い、蒸気の掛け方の違い、こんなに違いが出るんです。これが、瞬間的にスチームの出るオーブンならどうなんでしょうね。例えばパナソニックのビストロだったら・・・。
c0055363_237512.jpg
右の画像は少し前に焼いた「酒種食パン」をコンベックで焼いたもの・・・。側面にも焼き色が付いて、かっちり焼けています。熱風の方向のせいだと思いますが、窯伸びして生地が持ち上がるのは、片面だけです。
c0055363_2391320.jpg



左の画像はヘルシオで焼いたもの・・・。上はしっかり焼けていますが側面は優しい色に仕上がりました。生地は均等に持ち上がります。
森の恵も食パンも、どちらが美味しいかと言うと、甲乙はつけられません。
見た目だけの問題ですが、見た目って大事ですよね~。人間だって同じ性格なら見た目が美しいと、印象が良く思われます。少々性格が悪くてもイケメンは持て囃されます。パンをイケメンと比較してはいけないと思うのですが・・・。
コンベックとヘルシオ、もう少しオーブンの性質を理解して、使いこなして行きたいなぁ・・・。 
by nonohana303 | 2010-04-03 23:26 | パンの話 | Comments(0)

3月の、Request class(リクエストクラス)

3月のRequest classはのメニューは「カマンベール・ノア」と「はちみつ食パン」でした。
c0055363_2242849.jpg1月に受講された方から、「先生、クルミの入った生地でチーズが中に入ったパン、あれ教えてください。」とリクエストがありました。私はそのパンの存在は知っていますが、食べたことがありません。「ドンクが教える本格派フランスパンと世界のパン作り」と言う本に出ていたので、ほとんどそのままの配合でやってみましたが、ちょっと想像していたものと違いました。
何度か試作して、これかな?と言うものが出来てホッと一安心・・・。c0055363_22582985.jpg
はちみつ食パンはリクエストではありませんでしたが、レーズン酵母のレシピをホシノに置き換えて、試作を繰り返しました。レーズン酵母で作った時はボリュームがある程度出たのに、ホシノだとふくらみが悪い・・・。配合や作り方を変えて、ヤレヤレこちらも納得できるものに・・・。
c0055363_2363788.jpg


今回この講座は1回限りでした。参加者は5名で満席です。私も思わないではなかったのですが、リクエストしてくれたS子ちゃんが「え~、今回だけなんですか?こんなに美味しいのにもったいないわ」と言ってくれました。
c0055363_2381039.jpg

他の参加者も、同時に声を揃えて「そうなんですか?!」と・・・。そう言われたら、苦労して作ったレシピ、確かにもったいないかも?でも、出来たレシピは永久保存版なので、いつでもリクエストにお答えします。以前のレシピも再登場OKですので、リクエストしてくださいね。
ランチメニューは「キドニービーンズとアボカドのサラダ」&「野菜スープ」でした。
サラダは栗原はるみさんの本で見つけた、私のお気に入りのレシピです。と言いながら画像がありません。^^;

4月のRequest classは、「桜カンパーニュ」&「バターロールです。空席がまだございます。受講を希望される方は、野のはな工房パン教室のブログをご覧ください。
「桜カンパーニュ&パン・トラディショネル」は5月にアンコールで講座を予定しています。こちらも空席がございます。4月、5月、合わせてお申し込み、お待ちしています。
by nonohana303 | 2010-04-01 23:14 | 野のはな工房 | Comments(2)

“にっぽんのパンと畑のスープ” で・・・

c0055363_1055067.jpg神奈川県の葉山でマクロビオティックのお料理教室「白崎茶会」を主催されている、白崎裕子さんの本、「にっぽんのパンと畑のスープ」が届きました。白崎茶会のことはおぼろげながら何かで聞いたことがある程度ですが、すごい人のようです。
この本は、ネットサーフィンで偶然見つけました。当に私が知りたいもののような気がして、さっそく注文しましたが、これがなかなか届かない・・・。c0055363_115524.jpgこれ、もしかしたら「申し訳ありません、品切れです」なんてことになるのかもしれないと思い、別のサイトで注文しなおして、届きました~!
3月10日に初版が発売されたばかりの本です。
まあとにかく待ち焦がれた本が来て、さっそく最初のページの基本の「有機天然酵母のブール」を、ホシノ酵母に替えて作ってみました。白崎さんのパンは地粉を使います。地粉とは、その土地で収穫、製粉までされた小麦のことです。地粉のほとんどは昔から日本で使われてきたうどん粉(中力粉)です。c0055363_1113652.jpg我が家には地粉と表記された粉はありませんが、南部小麦(中力粉)を使いました。捏ねも簡単、発酵かごも使わないのに、ちゃんとカンパーニュ風のブールが出来上がりました。カンパーニュなら塩味が少なめですが、デイリー感覚だとすれば、いろいろなものと合わせて食べられる美味しいパンです。熱風で焼くコンベックでも、しっかりクープが開き、クラム(パンの中身)もいい感じです。今度は地粉として売っているものでやってみましょう。
この本には、マクロのアイデアがいっぱい!私はマクロ100%で生活する自信はありませんが、やっぱり食生活を改善しようとすると、マクロに行き着きます。スープの元も、なんちゃってチーズの作り方も出ています。熱しやすくて冷めやすい私、しばらくこの本に浸る事になりそうです。^^;
by nonohana303 | 2010-04-01 11:34 | パンの話 | Comments(0)

食いしん坊で、作ることも大好き!気まぐれtampopoが倉敷より美味しいものetc.を レポートします。


by nonohana303
プロフィールを見る
画像一覧