<   2008年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

野のはな工房・11月のFirst class

今月のFirst classは、「シュトーレン」と「ツオップ」です。
c0055363_11272571.jpgシュトーレンは、言わずと知れたドイツのクリスマスブレッド。ドイツでは、クリスマスから数えて4週間前の日曜日から始まるアドベントに、日曜ごとにお祈りをささげて、シュトーレンを一切れいただくそうです。日本ではクリスマスの日にいただくものだと思われがちですが、もうすでにこの時期からクリスマスの行事は始まり、シュトーレンの準備も始まっています。今年は材料から卵を除き、製法の手順と成形を変え、トッピングのお砂糖は粗糖を挽いて作りました。卵が無くても、手順が楽でも、何時もと変わらぬ美味しさで、ホシノ菓子パン酵母のバージョンアップシュトーレンが出来上がりました。^^
c0055363_11313120.jpgツオップとは、ドイツ語で女の人の編んだ髪のことを言うそうです。それで、編みパンのことをドイツではツオップと言います。今月のレシピはドイツの香りです。今回のは、三つ編みパンと呼ばれるもので、何時ものホシノ酵母のバターロール生地です。三つ編みは、編みパンでは一番簡単な成形です。今日は初心者の方が多く、真ん中から編むやり方にちょっと戸惑いながらも出来上がりました♪
c0055363_21535440.jpgランチは、ノエル風ミートローフと豆乳のコーンポタージュです。クリスマスブレッドに、食事もクリスマスらしく・・・。ミートローフに力が入ったので、スープはごく簡単にできる豆乳のポタージュ。c0055363_21593468.jpg




成分無調整豆乳にクリームコーン、コンソメスープの素を混ぜるだけ。濃度をお水で調整したら、手を掛けたように美味しいコーンポタージュが出来上がります。
by nonohana303 | 2008-11-30 11:43 | 野のはな工房 | Comments(4)

POЯN MAЯKET(ポーンマーケット)をよろしく♪

ここのブログには似つかわしくないタイトルですが・・・。
娘の幼稚園時代の友、近藤真輔君は、ミュージシャンとして頑張っています。年末に開催される『COUNTDOWNJAPAN0809』というイベントに出場するため、皆さんのお力をお借りしたいと思います。彼のママとは未だに仲良しで、ランチしておしゃべりして、またお茶をして、と言ういわゆるおばちゃん仲間のお付き合いを20年以上続けています。
私は上手に説明できないので、下に、彼から来たメールの文章をご紹介します。
とにかく、皆さんのクリックがPOЯN MAЯKET(ポーンマーケット)に幸運をもたらすことになります。どうぞ、POЯN MAЯKETに投票をよろしくお願いします。

**************************************************
年末に幕張で開催される『COUNTDOWNJAPAN0809』という大きなイベントに僕がやってるPOЯN MAЯKET(ポーンマーケット)っていうバンドが出場できるかもしれません。
ただ、出場できるのはユーザー投票の最多得票1組なので中々難しいかもしれません。
そこで、皆さんの力を是非借りたいんです。
力貸してもらえないでしょうか?ホンマにお願いします!
下記のサイトにいけば投票できます☆
サイトに行ってバンド名をクリックすれば、投票できるようになってます。
ハンドルネーム、年齢、性別、アドレスを打ち込んでクリックするだけです。
あ、ワンクリック詐欺とかじゃ決してないで心配せんといて下さい(笑)!!
投票期間は11月30日(日)までです。お願いします。

POЯN MAЯKET(ポーンマーケット)はエントリーナンバー002です。
下記のアドレスから投票できるのんで是非是非お願いします!!
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
  http://ro69.jp/jack/index.html
(携帯では投票できず、パソコンからしか投票できません。)

POЯN MAЯKET(ポーンマーケット) Vo&Gt近藤真輔
あ、僕のホームページも暇があれば見てみて下さい!
http://www.geocities.jp/porn_market_3pb/

**************************************************
by nonohana303 | 2008-11-28 18:02 | Comments(0)

勉強会、そしてその後に

c0055363_18272492.jpgパン仲間が3人集まって、勉強会と称する集まりを時たましております。愛知、京都、倉敷と、パン作りフェチでなかったら、絶対に出会わなかった友人であります。
今回は、私のところで飾りパンの勉強、講師は私です。私の作り方を披露すれば、そこはパン作りに精通した方々、ほったらかしでも大丈夫。それどころか、私が浮かばなかったアイデアを出す方、じっくりと作ったために、最後の窯入れで思わぬ効果の出た方もいます。一人で作っていては、そこまでだったパン作り、3人寄れば文殊の知恵?三本の矢?3人のおばちゃんパワーはすごい!教えてあげるはずが、教えてもらった勉強会でした。

c0055363_18455333.jpgそして、日付と場所が変わり、パンの小屋の親睦会は、Mason De Gill Ashiya。画像は最後のデザートのみですが、どれもこれもみんな美味しかった~♪
初めてお会いした方たちとの会話も楽しく、レストランの雰囲気も最高で、リッチな気分と和やかなひと時、真田先生、ありがとうございました。


c0055363_18483358.jpgせっかく芦屋まで行ったので、三ノ宮にあるブーランジェリー・コムシノワへ足を伸ばし、気になるパンをゲット♪コムシノワは見て楽しい、美味しそうなアイデアパンがいっぱい!西川シェフのセンス、見習うものがあります。ちょっと一口のセーグルフロマージュ、気に入りました♪c0055363_18551859.jpg


こちらはフロインドリーブのクロワッサン、成形が可愛いけど解明できない。^^;
実はカフェ目当てでしたが、貸切りで入れませんでした。今度神戸に行ったら、また寄ってみましょう。
by nonohana303 | 2008-11-21 19:01 | パンの話 | Comments(5)

野のはな工房・11月のRequest class

今月から新たにRequest classを新設しました。このclassでは、受講者の希望をお聞きして、メニューを決めます。「こんなものが作りたい」「以前のメニューのおさらいがしたい」「このレシピを違う酵母で・・・」「自家製酵母を使うメニュー」などなど、私の力量で応えられるものは、できる限りご希望に副えたら、と思っています。
そこで、さっそくあったリクエストは、「ハード系のパンが焼きたい」というものでした。おぉ、おぉっと~!私があまり得意でないもののリクエストです。ハード系のパンは、材料はシンプル、見た目もシンプル、でも奥の深~~いパンなのです。バゲットなどのフランスパンは、職人さんでもどうだ~っ!というものができるまでに10年掛かるといわれています。その上、家庭のオーブンでは少し難しいものがあります。私が苦手とするものは、みんなも悩んでいるということが分かり、では、手始めに「パン・ド・カンパーニュ」と「エピ」をしました。c0055363_2141690.jpgカンパーニュの酵母はホシノパン種です。このレシピは、毎年石窯体験の時にしているものです。石窯体験では、窯に火を入れたり、ウッドデッキで食事をすることで、生地作りから勉強をする時間が取れません。c0055363_21513712.jpg





「カンパーニュを作りたい」と以前から言われていたので、良い機会です。今日は、一部の生地でバゲット・カンパーニュも作りました。「いい香り♪美味しい♪」と言ってくれて、一安心です。
c0055363_21581852.jpgランチメニューは、チキンのクリームシチューと水菜とアンチョビーのサラダです。
c0055363_21585290.jpg






ひとまず先にできたカンパーニュでお昼休憩です。
c0055363_21503913.jpgエピの酵母は、白神こだま酵母です。こちらは手捏ねで少しの酵母で作るので、ちょっと待ち時間が長いです。通常の終了時刻より1時間オーバーで出来上がりました。スプレーと蒸気でバリッとできた香ばしい皮のエピ、「おいし~~い!」とカンパーニュの時より一段と高い歓喜の声。こんな時、パン教室をしててよかった♪と思います。小学生のお子さん、お母さんが何時もより遅くなってごめんね。これから美味しいハード系のパンを作ってくれるからね。^^
by nonohana303 | 2008-11-12 22:14 | 野のはな工房 | Comments(4)

宝塚・ガーデンフィールズ

c0055363_20325880.jpgパン教室の後1泊して、宝塚ガーデンフィールズにある英国庭園、Seasonsに行って来ました。Seasonsは今年で5周年、英国人のガーデンデザイナー、ポール・スミザー氏が設計したお庭です。イギリスのガーデニングショップ、クリフトン・ナーセリーズが手前にあり、温室を入ると庭園の入り口があります。
今までイギリスに行く機会が何度かあり、その度に庭園やオープンガーデンなどを、楽しみました。お城の庭園は別ですが、イギリスの庭は自然で、森や田舎道をイメージしたものなども多く、作られすぎていないのがとても好きです。Seasonsの庭は12のゾーンに別れ、フォーマルガーデンもありますが、ほとんどが自然な作りで癒しを感じます。私の好きな小道もいい感じです♪
c0055363_23261924.jpgc0055363_233129100.jpg








c0055363_23381761.jpgc0055363_2339287.jpg








c0055363_23443914.jpgc0055363_2347264.jpg








ちょうどお昼になったので、ファーマーズカフェのハーブ イン ザ ガーデンでランチすることにしました。地元の牧場や農家で分けてもらった材料を使ったメニューや、パスタは生パスタです。私はファーマーズセット(サラダ、パン、パスタ、ジェラート、お好きなドリンク)を注文しました。素材もジェラートもとっても美味しかったです。が、パンもパスタも多分電子レンジでチンしてきた感じ・・・。レンジでチンでも良いから、もう少し上手にチンして欲しかったかな~?こんなところも、やっぱりイギリスを旅しているみたいでした。^^;
c0055363_072835.jpgc0055363_081897.jpg








c0055363_09380.jpgc0055363_092264.jpg








都会の真ん中、以前は遊園地があった場所、そこに今はイギリスがあります。私が今まで訪れたイギリスの王立植物園によく似た景色や、田舎の景色がそこにあります。王立植物園や庭園のショップにあったものと同じグッズがあったり、私が月に一度行く宝塚に本物のイギリスがあります。多分今後イギリスに行く可能性は余りありません。これからはここにイギリスを感じに来ることにします。


施設情報
宝塚ガーデンフィールズ
〒665-8558 
兵庫県宝塚市栄町1-1-57 
TEL:0797-85-6210
定休日
Seasons
毎週水曜日
クリフトン・ナーセリーズ
毎月第3水曜日
ガーデンフィールズHP 
http://www.gardenfields.jp/access.htm
by nonohana303 | 2008-11-09 00:31 | おでかけ | Comments(0)

私の勉強・11月

毎月通っている宝塚、今年も12月を残すのみになりました。今月は12月に先駆けてシュートーレンなどクリスマスらしいメニューを勉強しました。
c0055363_13392238.jpgシュトーレンの生地はプロ用のスパイラルミキサーで作りました。もう数年通っていますが、手捏ねで生地を捏ねなかったのは初めてです。「練りすぎてもいけない、足りなくてもいけない、引きが出てもいけない」との説明・・・。言葉で説明するのは難しい、でも言葉足らずでも分からない。c0055363_1335885.jpg


回数、経験ってこと?センスももちろんのこと・・・。焼きあがったシュトーレンにバターを浸み込ませ、グラニュー糖でお化粧したら、3日間我慢の子です。シュトーレンは焼きたてがご馳走ではありません。最低でも3日間熟成させて、粉砂糖を振り、うす~くスライスして少しずついただくのがルールです。
c0055363_1350491.jpg
今月のメニューで、パンらしいのは「パン・オ・レ」のみ。よくある生地ではなく、バリエーションを教えていただきました。恐竜の背中みたいにクープが入って、何時もと違うパン・オ・レもいいな♪先生は何度も「これ、あると思います!」って言ってたけど、これももちろんあると思います。^^
c0055363_13565940.jpg
今回は初めての体験が多い・・・。3つ目のメニューは「パウンドケーキ」です。甘いパウンドに「えっ?ハーブを入れちゃうの?」と言う感じでしたが、トッピングのペッパーとハーブの香り、甘いケーキがなんともマッチングしていました。「これ、あると思います!」
c0055363_13582294.jpg

先月から始まった、“メンバーのレシピを勉強”は、「塩キャラメル」。デモのみですが、久々にお菓子の勉強をさせていただきました。やっぱりお菓子は、パンとはまた違う繊細さがあるな~。講師役、お疲れ様でした。そしてお土産までいただいて、ご馳走様♪
by nonohana303 | 2008-11-08 14:06 | パンの話 | Comments(2)

オリーブの収穫と塩漬け

c0055363_20475736.jpg庭のオリーブがようやく色付きました。昨年は40個ほど採れた実を、まだ青いのが多い内に塩漬けにしました。苛性ソーダを使わなかったので、渋が抜けるまで半年以上掛かりました。なるべく自然を心がけて生活していますが、半年以上はちょっと待ち遠しい・・・。c0055363_20483791.jpg


今年は まるごとわかるオリーブの本を参考にして、黒く実ったものを使います。黒だからかどうかは分かりませんが、本には「2週間頃から食べられる」と書いてあります。c0055363_210324.jpg



昨年の経験で、皮も種もそのままだと渋が抜けるのが遅いと思い、今年は種を抜いて漬けてみました。漬けたのは昨日、画像は漬けたてです。1日経って今日は3分の2くらいまで下がり、ドリップが底に溜まり始めています。時々瓶を振って塩の具合を均一にしています。と、言いながら実は触らずに居られない気短かな私です。^^;
予断ですが、岡山では短気なことを「イラ」とか「イラチ」とか言います。短気な人はイライラするからでしょうね。私が思うに、倉敷はイラな人が多いような気がします。c0055363_2165878.jpg
それで、私も?ってな訳ありません。生まれつきです。
右の画像は、種抜き器です。昨年かっぱ橋道具街に行った時に、買おうかどうしようか、迷った挙句に買いませんでした。その時は、家の庭にオリーブが生り始める前でした。今年は事情が違います。夏ごろには確実に結構な量の小さい実が生っていました。そこで、お盆の頃に名古屋に用事で行った時に、駅に続いたビルのミッドランドスクエアにある富沢商店で、見た目が良くて、お値段もお手ごろな種抜きを見つけて、即決で購入しました。チェリーと兼用ですが、我が家ではオリーブ専用になりそうです。
by nonohana303 | 2008-11-05 21:35 | 手作り保存食 | Comments(2)

食いしん坊で、作ることも大好き!気まぐれtampopoが倉敷より美味しいものetc.を レポートします。


by nonohana303
プロフィールを見る
画像一覧