おいしいもの大好き♪ nonohana30.exblog.jp

食いしん坊で、作ることも大好き!気まぐれtampopoが倉敷より美味しいものetc.を レポートします。


by nonohana303
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2008年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

今日焼いたパン

c0055363_20434276.jpg久しぶりに出かける用事も無い日曜日、外は雨で庭仕事もお休み。冷凍庫のパンのストックも寂しくなったので、パン作りです。
まずは発酵時間の短いパネトーネマザーでミルクフランス作りです。この生地は以前にパンの小屋で習ったクリームシチューポットの生地をヒントに作りました。成形やクリームは東京麻布のお店pointage(ポワンタージュ)のミルクフランスのイメージで・・・。初めての試みはイメージどおりに行かないこともありますが、今日はかなりイメージどおりに出来て、ニコニコです。^^
c0055363_20441857.jpg次は絶対作りたかった「バゲット・カンパーニュ」、パンの小屋のレシピです。これを作るにはまずライ麦のサワー種が必要です。サワー種を作るのは温度管理やタイミングなどレーズン酵母で作るパン種より気を使います。でも絶対使いたい酵母です。私はこのライサワーの香りが大好き!ライサワーの魔法に掛かっていると言っても良いくらい・・・。c0055363_20445016.jpg

もう少し気泡が大きくなるのがベストですが、小さくても均等に入り、香りも味もまずまずです。今後の課題は気泡とクープの開きかな~?
今日はクープの入れ方を3通りに変えてみました。真ん中に1本入れたのが一番きれいに開きました。ガスのコンベクションオーブンで焼く場合、クープの開きがネックですが、これだけ開いてくれればそこそこ。これからは真ん中1本で行きましょうか?

発酵器のこと
by nonohana303 | 2008-03-30 21:19 | パンの話 | Comments(8)

野すみれ

c0055363_20304956.jpg山間部に住んで、植物が大好きだった夫のおばあちゃん。いろんな植物が我が家にお嫁入りして来ました。そんな植物と一緒に来た野すみれ。毎年庭のあちらこちらに顔を出します。土の肥えた場所に出る株は大きくなりますが、花が付きません。「やはり野におけすみれ草」と言う言葉通り、野にあってこそ似合う花だと思っていました。今朝気が付くと、踏み石の割れ目にひっそりと野すみれが咲いています。ここ数十年で一番きれいに咲いているかも知れないくらいです。踏み石の割れ目は、庭に敷いた小石とその下に溜まった僅かな土があるだけです。これが野原と同じ環境を図らずも作ったのでしょう。
おばあちゃんはずいぶん前に天国に旅立ちましたが、すみれは健気に我が家の庭で春を教えてくれています。毎年花が咲いて、種を作り、命をつなぐ植物。なんだかしみじみとした気持ちになりました。
by nonohana303 | 2008-03-26 20:59 | ガーデニング | Comments(4)
今月のSecond class、メニューは「アンデスの香り」と「リエージュワッフル」です。
c0055363_22461247.jpgアンデスの香りは、南米アンデス原産のキヌアという草の実を練り込んでいます。以前は特別なお店でしか手に入りませんでしたが、最近は近所のスーパーでも簡単に購入することが出来ます。古代インカ帝国が栽培を推奨したと言う草の実は、栄養価に富み、カビの発生を抑える物質の存在も認めれる優れた食品です。ゆでたキヌアを入れたパンは甘味もあり、もちもちしっとりしています。c0055363_22465911.jpg
リエージュワッフルは、いわゆるベルギーワッフルと言われるものです。10年ほど前にブームが訪れ、パン屋さんの前で焼きながら売っているのをよく見かけました。ブームは去りましたが、作りたてのホカホカのワッフルは至福のおいしさです。お茶を入れて、テーブルにワッフルメーカーを置き、焼きたてをほお張れば幸せが口いっぱいに広がります♪
ランチメニューは「ごぼうのクリームスープ」と「白菜とリンゴのサラダ」です。和のイメージがするごぼうですが、意外にもクリームスープと相性ピッタリです。白菜とリンゴにヨーグルト風味のドレッシングのサラダはさっぱり爽やかです。
c0055363_2323493.jpgc0055363_23241826.jpg
by nonohana303 | 2008-03-22 23:25 | 野のはな工房 | Comments(4)
3月のFirst classのメニューはは「山形食パン」と「フォカッチャ」です。
今日の酵母はどちらもホシノ丹沢酵母です。小麦粉は春よ恋ブレンドを使いました。出来たばかりの酵母を使い、オーバーナイトで発酵させました。丹沢酵母はホシノのベーシックな酵母より発酵力があります。その出来立てを使ったのですから、気持ちよく発酵しました。それも予定時間よりかなり早く・・・。パンチを入れながら教室の開始を待ちます。気温が上がったので、発酵が早くなりました。室温でのんびり発酵が出来る嬉しい季節の始まりを、今朝は強く感じました。^^
c0055363_163553100.jpg生地の伸びと酵母の発酵力は良い食パンを作るには必要です。出来立ての丹沢酵母と春よ恋ブレンドは食パンを作るには最強のコンビです。お陰で窯伸びの良い美味しい食パンが出来上がりました。天然酵母と国産小麦でこれだけの食パンが出来れば、何も言う事はありません。c0055363_16343995.jpg


フォカッチャはお馴染みイタリアのパンです。材料選びもプロセスもそれほど気を遣わなくても出来ます。今日は最強の酵母で作ったので、ふわふわでしっとりと出来上がりました。黒オリーブとドライトマト、粗挽きこしょうが美味しさを引き立てます♪

ランチメニューは「アボカドとキドニービーンズのサラダ」&「たっぷりキャベツのトマトスープ」です。アボカドのサラダは栗原はるみさんのレシピ。今日はキャベツのスープも同時進行で、15分位で出来ました。フォカッチャに使ったドライトマトの戻し汁があったので、スープに使いました。トマト缶だけでも十分美味しい出汁になりますが、ドライトマトの戻し汁で更に美味しさがUPです。
c0055363_1753530.jpgc0055363_1761589.jpg
by nonohana303 | 2008-03-19 17:23 | 野のはな工房 | Comments(2)

はちみつミニ食パン

c0055363_22503339.jpg冷蔵庫にあるレーズン酵母の元種、順調に種継ぎが出来ていますが、種継ぎをすると元種が増えます。元種を消化する為にせっせとパン作りです。レーズン酵母ではハード系のパンを作ることが多いのですが、たまにはソフトなパンも作ってみようと、My Sweet Life の佐原文枝さんのおうちでのーんびり楽しむ「自家製酵母パン」の本を参考に「はちみつミニ食パン」を作りました。c0055363_22512946.jpg
酵母や粉は私の使うものに変えて作りました。ハチミツが25%入る少し甘めのパンですが、すご~くしっとりふわふわの出来上がりです。酵母の酸味も癖もなく、これはわが家族好みのパンが出来ました。「いつもこんなの作ってよ。」と言う声が聞こえてきそうです。
これだけで十分甘くて美味しいのですが、「バターと蜂蜜をつけて食べたらたまらなく美味しいだろうなぁ~」なんて考えながら、眠りにつきます。
おやすみなさ~いzzz・・・。
by nonohana303 | 2008-03-17 23:23 | パンの話 | Comments(4)

ぽかぽか陽気で・・・

c0055363_2259195.jpg3月って何時もこんなに暖かいのでしょうか?天気予報ではやはり平年より高めだと言っています。倉敷では暖かい日がもう10日程続いています。庭の花もすっかり春模様です。
黄水仙のティタティタ、背丈が低くて可愛い花です。花の植え替えをする時に放置された球根がここで定着しました。まるでここに最初からあったみたいに・・・。
c0055363_22594039.jpgこの花は何だと思いますか?日本の早春のシンボル、福寿草です。群生して満開になると、洋風な感じもします。c0055363_2301415.jpg






ワイルドストロベリーはプラスティックのプランターの中で暖かかったのでしょうか?実がひとつ生っているのを今朝見つけました。
c0055363_2304646.jpg冬の間少しずつ摘まんでゴマの香りのする葉を楽しみました。ルッコラの花、良く見るとリズムがあるようで可愛い♪c0055363_2325976.jpg






初冬にいただいた寄せ植えのクロッカスが咲き始めました。パンジーの後ろでひっそりと春を待っていました。今はこちらが前。
c0055363_2355371.jpgローズマリーは相変わらずなかなかの勢いです。薄紫の花が清楚です。葉よりほのかな香りで、サラダやデザートの彩りに使うときれいです。c0055363_2334870.jpg





浅葱は一度秋に葉を出し冬の間は休眠します。ついこの間芽を出し始めたかと思ったら、ぐんぐん伸び始めました。球根なので、毎年楽しめます。
これからは庭に出る時間が長くなりそうです。
by nonohana303 | 2008-03-17 00:01 | ガーデニング | Comments(8)

春の海

ぽかぽか陽気に誘われて瀬戸の海を眺めてきました。
「春の海ひねもすのたりのたりかな」与謝蕪村の歌にぴったりな風景でした。
c0055363_2349680.jpg

撮影場所はせとうち児島ホテル。鷲羽山に建つホテルの最上階からの眺めは極上です。四季折々の瀬戸の海を眺める度に、瀬戸内に住んでよかった♪と感じます。
by nonohana303 | 2008-03-15 22:49 | おでかけ | Comments(6)

カレイの天日干し

c0055363_1516457.jpgぐうたら主婦の私、買い物は大抵午後からです。子供が小さい時に家庭科のテストで「午前中にお買い物に行くのが○」だったと言うことで、「学校でそんなこと決めて教えないで欲しい。夕方はタイムセールがあってお買い得、どの時間に買い物に行こうと個人の自由だ~!」と、ママ仲間で熱い議論が交わされた事を思い出します。小学校の教育観点では、私は×な主婦です。^^;
今日は午前中に出かける用事があったので、買い物も早めに済ませました。
魚はやはり鮮度が一番。買い物も午前中のものかな?今日は鯵が1匹100円、カレイが4,5匹入って298円、カレイは下処理もして有ります。近海物かどうかはわかりませんが、お店で処理をしたと言うことは、解凍物では無さそうです。お姿を見たとたん、「これは干物にしよう」と思いました。洗って塩水に浸し、さっそく天日干しに・・・。竹串に刺して、小物干しに吊るします。これで今夜のメインディッシュが決まり。鯵はお刺身にしようと、三枚に下ろし冷蔵庫へ・・・。中骨についた身がもったいないので、スプーンで削り取り、お昼の一人ランチ用に、なめろうが出来ました。
「早起きは三文の徳」ということわざがありますが、今日の買い物は早く行ったお陰で得だったかな~?徳と得、ちょっと違うような???
by nonohana303 | 2008-03-13 15:48 | 手作り保存食 | Comments(2)
c0055363_18105822.jpg2月のcontinuance classは私の都合で3月にずれ込んでしまいました。今回のメニューは「ラムーナ」と「エピ」です。ラムーナはスペインやアルジェリア、南フランスなどでイースターのお祝いに作るパンです。ビゴさんに教えてもらったレシピを、国産小麦と自家製ヨーグルト酵母に変えて作りました。仕込みを2回に分けて作るオレンジ風味のブリオッシュ生地は、ふんわり美味しく出来ました。ヨーグルト酵母は発酵力が強く、バターが沢山入る生地に向いていると思います。オレンジとヨーグルトのコラボで、爽やかな風味のパンができました。
c0055363_18115830.jpg
もう一つのメニューは「エピ」、今日はベーコン入りです。エピ・ベーコンとかベーコン・エピとか言います。どちらの言い方もOKと言うことで・・・。
少量の白神こだま酵母でじっくり時間を掛けての生地作りです。待ち時間が長い分、小麦の香りがする美味しいエピが出来ました。この生地でその他のフランスパンも作れますが、エピは特に気泡の入り具合やクープの開き具合を、気にすることなくできるので、フランスパンビギナーには向いていると思います。
ランチメニューは「レンズ豆の野菜スープ」&「キャベツの焼きサラダ」です。レンズ豆は洗って他の野菜と一緒に煮込めばOKで便利なお豆です。栄養価も高く、疲労回復、美肌効果もあるそうです。しっかり食べなくてはいけませんね。キャベツの焼きサラダは以前はなまるマーケットで紹介していたレシピです。作り方はいたって簡単!キャベツをざく切りにし、耐熱容器に山盛りにします。ホタテ水煮缶を開け、そこへマヨネーズ大匙3を入れて混ぜ、キャベツに回しかけます。最後に粉チーズを振りかけて、180℃のオーブン10分強焼きます。生とも茹でたのとも違う焼いたキャベツ、甘味が出て美味しい一品です。はなまるでは冬キャベツの紹介でした。
c0055363_188599.jpgc0055363_18122493.jpg
by nonohana303 | 2008-03-13 14:40 | 野のはな工房 | Comments(4)

オレンジピール

c0055363_21234243.jpg有機無農薬で野菜や果樹を育てているお隣さん、昨日はポンカンを持ってきてくれました。売っている果物は見た目がきれいなことが評価の対象。でも、化学肥料や農薬を惜しげもなく使って作っているかも知れません。見た目は素朴でも味わい深くて安心感があるポンカン。こんなの買おうと思って探しても見付かるものではありません。果実もジューシーで深い甘味があります。c0055363_2124884.jpg
実をいただいたら、皮はゴミ箱に行くのが普通です。でもこの安心安全な皮を捨てるなんて、罰当たりです。自家製オレンジピールを作りたくて、安全なオレンジを探していたのですから・・・。お隣のポンカンなら、偽装とか詐称とかの心配はありません。
ジャストタイミングで豊橋Iさんに教えていただいた方法で、さっそくオレンジピールを作ってみました。今朝から水に浸けて置いたものを、夕食を作りながら茹でこぼし、夕食後お砂糖で煮絡めました。この方法はお砂糖が少ないので、日持ちがしないとの事。半分は冷凍保存で、半分はオーブンで低温乾燥させる予定です。乾燥させたものはお茶請けにぴったり!チョコでコーティングしたらなお美味しい!う~ん、明日からお茶の時間の楽しみが一つ増えました♪
by nonohana303 | 2008-03-09 21:46 | 手作り保存食 | Comments(6)