おいしいもの大好き♪ nonohana30.exblog.jp

食いしん坊で、作ることも大好き!気まぐれtampopoが倉敷より美味しいものetc.を レポートします。


by nonohana303
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2007年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

今月最後のパン教室、9月のSecond classの様子です。今月のパンメニューは「グラハム食パン」と「森の恵み」です。
c0055363_21215079.jpgグラハム食パンは全粒粉が全体の粉の20%入っています。こんなに入ると少しぱさぱさした食感になりますが、そこは秘密のテクニックでしっとりした食感の生地に作ります。^^
食パンと言っても、細長いパウンド型で可愛く作ると、また印象が違って来ます。
c0055363_21254259.jpg



森の恵みはナッツやレーズンが沢山入ったハード形のパンです。見た目や味から、高度な技術が要るように見えますが、あまり頑張らなくてもできるパンです。そして、プレゼントにも喜ばれるパン、私の友人達の間では人気No.1です。
c0055363_21334610.jpgランチメニューは「ハーブ焼きチキンのサラダ」と「豆乳のコールドスープ」です。チキンは前日に塩コショウとローズマリーをまぶして、鍋ローストしておきます。

c0055363_21341668.jpg




豆乳のスープは、コンソメ味のスープを少し前に作って冷やしておくだけ。後は豆乳とパプリカ、パセリを混ぜるだけです。色もきれいで、豆乳臭くなく、あっさりとしたサラダのような不思議なスープです。
by nonohana303 | 2007-09-28 21:38 | 野のはな工房 | Comments(2)

バジルペースト

バジルを毎年育てるようになって、ずいぶんと経ちます。最初は使い方も知らないのに、地面に直接植えて、巨大になったバジルに閉口したものです。^^;最近は巨大化しないように庭のプランターに食べられるだけ植えることにしています。
今年は6月に旅行に行ったので、出足が遅れました。ポット植えの苗を買い求め、7月になってから定植しました。すぐに大きくなると思ったら、バッタが大きくなる端からむしゃむしゃと食べて、少しも大きくなりません。今年はバジルペーストができないかと心配しましたが、バッタを見つけると、つまんで塀の外に退散してもらっている内に、何とか食べられる程の量になりました。^^
c0055363_1720851.jpgそもそも私がバジルを毎年育てるのは、このバジルペーストが作りたいからなんです。ですが、今まで作ったペーストは色が変色して見た目があまり綺麗になりませんでした。何とか綺麗な緑色のペーストができないかと、ネット検索で調べたところ、チーズ以外の材料で作ると変色しにくいと書いてあります。バジルを湯通ししてから作ると良いとか、ほうれん草を混ぜると書いてあるレシピもありました。c0055363_17203115.jpg結果、チーズを入れないレシピを採用することにしました。綺麗な色を出すために、イタリアンパセリを少量入れると良いそうなので、植木鉢の普通のパセリも少し入れてみました。出来上がりは結構鮮やかな緑になりました。ジェノベーゼにするには食べる直前にパルメジャーノレジャーノを混ぜます。どんな味に仕上がったか、ジャガイモをレンジでチンしてバジルポテトにして試食しました。
これはなかなか良いお味です。見た目も綺麗だし・・・。
c0055363_17205455.jpgただ、かなり適当な分量で作ったので、少し塩味がきつかったかもしれません。
今までは変色を恐れて、すぐに冷凍保存していましたが、今回は保存瓶にオリーブオイルでカバーして冷蔵庫で保存することにしました。今のところは鮮やかな緑色ですが、さあ、何時まで変色しないのか実験です。
寒くなるまでにもう1度、同じくらいの量のペーストができると良いと思っています。昨日辺りから秋風が吹き始めたのが、気になります。

<今回のバジルペースト、大よその分量>
生バジルの葉 ザルに山盛り
パセリ 少々
ヴァージンオリーブオイル 100cc
生クルミ 5個分
ニンニク 親指大1
塩 小匙1

松の実を使うと風味が良いのですが、生のものを使った方が酸化し難いそうなので、たまたま生クルミがあったので、クルミを使いました。
by nonohana303 | 2007-09-26 17:48 | 手作り保存食 | Comments(6)

稔りの秋

「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言ったもので、大分秋らしい風が吹き始めました。秋といえば、稔りの秋。おいしいものが多くて、体重の増加が気になります。^^;
c0055363_958495.jpgまだ暑い日に夫が新米を持って帰って来ました。そう言えば、県北の新庄村でできるお米を、分けていただく約束をしていたのです。玄米を60kg、我が家で食べる約1年分の量です。30kgの袋が2個、今は玄関に鎮座しています。この重さ、ちょっとやそっとでは動かせません。1年分のお米の収納場所を早く決めなくてはいけません。c0055363_1012496.jpg


このお米をお世話してくださった方が言われるには、今年は気候のせいで少し粘りが足りないかもしれないとのことでした。それにしても美味しい新米、早く食べたいのですが、予告無しだったので普通に何時も使っているお米がまだ数kgストックがあります。試しに新米を食べてしまうと、スーパーマーケットで買ったお米の立場が危うくなるかも知れません。ここはもう少し我慢しましょう。
by nonohana303 | 2007-09-26 10:21 | ごはん | Comments(0)

お料理教室 in Osaka

パン作りをきっかけにお知り合いになったMさんのお料理教室に参加してきました。
Mさんは大阪市内のアトリエでお料理教室をされています。以前からお邪魔したいと思っていましたが、とうとう実現しました。
メニューは全部で6品、若布のゼリー寄せ、サーモン饅頭のカレーあんかけ、うなぎ豆腐、卯の花 旨煮、カニの押し寿司、鱧ソーメン汁です。どれもポイントさえ抑えれば、難しい手順は要りません。なのに、まるでお料理やさんみたいな品揃えです。器も素敵なものばかりなので、お料理がさらに引き立ちます。葉欄を切らしたと言って、急遽バルコニーのギボウシの葉を押し寿司に敷いた、さりげない演出もお料理を引き立てます。c0055363_15374116.jpgc0055363_15375766.jpg










c0055363_15382833.jpgc0055363_15384954.jpg









c0055363_15391875.jpgc0055363_15393868.jpg









お料理を習いながら、まるで和食屋さんでランチをしているような雰囲気。基本的なだしのとり方、田楽味噌や寿司酢の作り方も教えていただいて、今更ながら基本に返って学んだ1日でした。
by nonohana303 | 2007-09-23 15:59 | 私の勉強 | Comments(13)

青唐辛子醤油

c0055363_1604316.jpgもう1ヶ月以上も前のことになりますが、友人のMさんから蒜山高原のお土産に、生の青唐辛子を頂きました。
「獅子唐辛子に似ているけど、結してそのまま食べないでね」と言って、食べ方を教えていただきました。その食べ方とは、唐辛子を小口切りにし、瓶に詰め、お醤油を注いで唐辛子醤油を作ると言うものです。c0055363_162637.jpg


冷蔵庫で保管し、数日すると味がなじんで使えるとのこと。使い道は冷奴のたれ、チャーハンの風味付けなど少しピリ辛な味を出したい時に使えば良いそうです。
2、3日して瓶を取り出しお味見をしてみたところ、かなりな辛さが私の舌を襲いました!お水を飲んでもその痛みは暫く治まらないくらいです。
2週間ほどしてMさんに会った時、「この間の唐辛子、今まで経験したことが無いくらい辛かったのよ」と、昨年の唐辛子醤油と醤油漬けになった辛子をお味見させていただきました。ちょっとピリ辛ですが、唐辛子の風味がして良いお味です。
c0055363_1615173.jpgそれでは、今年のはずっと辛過ぎるのかとがっかりしていたのですが、数日前に冷蔵庫から出して、恐る恐る舐めてみました。そうしたら、辛味がかなり落ち着いています。唐辛子も一つ取り出して少し口に入れてみました。おっと、こちらも良い感じの辛味になっています。最初はどうしようかと思うくらいでしたが、これなら大丈夫です。
これからは少しずつ青唐辛子醤油を使ってワンランク上の味付けができそうです。^^
by nonohana303 | 2007-09-18 16:20 | 手作り保存食 | Comments(6)
野のはな工房9月、First classの様子です。
今月のメニューは「蒸しパン2種」と「パタータ」。蒸しパンは同じ生地で野菜入り(かぼちゃ&さつま芋)に黒豆の入ったろうまんです。ろうまんは倉敷独特の蒸しパンで、その昔倉敷労働研究所が労働者のために作った、栄養価が高くて、すぐに食べられるファーストフードの先駆けのようなものです。労働研究所の饅頭(まんとう)なので、ろうまんと言います。残念ながら最近ではろうまんの姿を店先で見ることはなくなりました。
c0055363_1834441.jpgc0055363_1842065.jpg









パタータはイタリア語でポテト(ジャガイモ)のこと。ポテトのマッシュとオリーブオイルの入ったイタリアの香りのするパンです。男爵芋のような形に作るところが見せ所です。^^
c0055363_1845075.jpgc0055363_1851023.jpg









ランチメニューは「スモークサーモンのレアーチーズケーキ風」と「冷たいトマトスープ」まだ暑いこの時期に冷たい料理がよく合います。そろそろ、秋は早足でやってくるのでしょうか?来月は秋らしい温まるメニューを考え無くては・・・。
by nonohana303 | 2007-09-16 20:46 | 野のはな工房 | Comments(4)
サーバーの移転のため、アクセスできなくなっていたホームページが先程から再開しました。数日間でしたが、ご迷惑をおかけしました。
今回はサーバーの対応の悪さでこんなことになりました。有料なので安心していましたが、頼り切っているサーバーから突然の別れを宣告され、唖然としました。とりあえず紹介されたサーバーへ移転しましたが、格安サーバーはまたこのようなことが起こるような気がして心配です。
前のサーバーには7月末に1年分の使用料を支払ったばかりです。11月に返却してくれるとのお話ですが、信じるしかありません。少し高くてもメジャーなしっかりしたところにお願いするほうがいいのかな~?
by nonohana303 | 2007-09-08 12:52 | つぶやき | Comments(1)
9月のパンの小屋のレッスンに行ってきました。9月と言ってもまだまだ暑く、教室の中は満員の講習生とオーブンの熱気で蒸しかえっていました。
メニューはフランスパン生地で「エピベーコン」「シャンピニョン」、菓子パン生地で「メロンパン」とアレンジ2種、全粒粉の生地で3種類でした。相変わらず真田先生の技術の深さとアレンジには目を見張るものがあり、感嘆と溜息の連続でした。
c0055363_1623351.jpgc0055363_162439.jpg









c0055363_16243167.jpgc0055363_16244874.jpg









c0055363_16252372.jpgc0055363_16254656.jpg









生地が3種類、成形が8種類、今月のメニューはどれも外せないものばかり!自分のレシピにしていく作業が待っています。

ロールケーキ
by nonohana303 | 2007-09-07 16:44 | 私の勉強 | Comments(4)
下のスレッドでお知らせした、ホームページの不表示について、パン教室の案内のみ別のサーバーでUPしました。
2,3日で解消する予定ですが、必要な方は案内のページを見てください。

以前にホームページの本館をUPしていた無料のホームページスペースを残していたので、急なトラブルに対応することができました。
無料のスペースなので、ポップアップ広告が表示されるのが気になり、本館は数年前に格安のサーバーに移転しました。それでもせっかく借りたスペースを返してしまうのはもったいないと思い、一部のページを残していました。
こんな時に役に立つとは考えても居なかったのですが、日本語にしかないもったいない精神が思わぬところで機能しました。^^
by nonohana303 | 2007-09-04 20:27 | つぶやき | Comments(0)

野のはな通信のお知らせ

私の運営するホームページについて、お知らせです。
ただ今、私のホームページ「野のはな通信」を表示することができなくなっています。
サーバーの「パルフェネット」から突然理由も無く、営業を終了するお知らせが届いたのが、8月19日。同業社が同じアドレスで業務を引き継いでくれるというので、その作業ができるのを待っていました。1週間ほど前にパルフェの方から、早々に移転して欲しいとの連絡が入りました。メールの内容は「数日中に移転をお願いいたします。現在のサーバーは、まもなくご利用できなくなります。」と言うもの。しかし、移転先はまだ受け入れ体制ができていないので暫くお待ちくださいとのことでした。
そして、今日移転先のサーバーより「受け入れができるようになりました。お待たせして申し訳ありませんでした」とのメール。さっそく新しいサーバーに申し込みをしましたが、「2営業日以降にセットアップができたら、お知らせします。」とのこと。少し不安感はあるものの、それまでは前のサーバーでHPが表示されると思っていました。
ところが、先程からファイルの転送もできず、HPも表示できなくなっています。
パルフェの言う「まもなく」とは今日のことだったのです!私はパルフェからも移転先のJust-sizeからもHPが表示できなくなる時期を聞いていません。
HPを引っ越すときには、ファイルの削除、転送などに時間が掛かり、一時的に表示できなくはなりますが、一方的にサーバーからデーターを外されるとはどういうことでしょう?
もっとしっかりしたサーバーにHPスペースをお願いしていれば、こういう問題も起きないのか?反省すべき点はありますが、格安と言っても有料のサーバーがこういうことをしてもいいのでしょうか?
とにかく、今のところ私のホームページが表示できなくなっているのは事実です。ちょうど、パン教室の9月の案内をUPし始めたところで、特にパン教室の生徒さんにはご迷惑をおかけしています。
パン教室の部分だけでも、1時的に他のサーバーで表示できるように、とも考え中です。解決策が決まりましたら、またこちらでお知らせします。少しの間、ご迷惑をおかけすることをお許しください。
by nonohana303 | 2007-09-04 17:33 | つぶやき | Comments(2)