<   2007年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

佐藤錦

昨晩7泊9日のイギリス旅行から帰ってきました。
c0055363_16141016.jpgぐったり疲れてうとうとしている所へ夫が帰宅。冷蔵庫から頂き物の佐藤錦が・・・。
昨夜は疲れていてそれを開けて見る気力もありませんでした。今朝箱を空けると、1年に一度お目にかかれるかどうか分からない佐藤錦が!!真っ赤で大粒でみずみずしい姿に感動♪一粒口に運ぶと旅の疲れがす~っと抜けるようです。
イギリスでもホテルやB&Bの朝食でダークチェリーは頂きましたが、やっぱり佐藤錦は別格です。昼食の後に数粒、お茶の時間に数粒、口に運ぶ度に疲れが取れる気がします。久々の日本の味に癒されました。^^
by nonohana303 | 2007-06-30 17:29 | つぶやき | Comments(6)

ウォールウォーレンのロールケーキ

おみやげで頂いたロールケーキ、初体験の美味しさでした。
持ってきて下さった方曰く「口に入れると溶けてしまうんです」とのこと。聞いた時には、「うん?溶けるロールケーキって???」と言う感じでしたが、見て納得!食べてさらに納得!でした。c0055363_14552382.jpg画像からは分かり難いですが、スポンジが普通の感じではなくきめが細かく軽いのです。でもシフォンケーキとはまた違う食感です。質の良いクリームを使っているようで、食後でも重くなく、喉を通るのが不思議です。
お店は市町村合併で最近倉敷市になった真備町と言う所にあります。我が家からは車で20分以上は掛かります。私にはあまり馴染みの無い場所ですが、他のケーキも美味しいらしいので、今度車を走らせて行ってみようと思います。何時もはあまりそういう気にはならないのですが、ウォールウォーレンは気になるお店です。

<お店情報>
Wohl Wollen ウォールウォーレン
〒710-1313 倉敷市真備町川辺538-4
0866-97-0876
紹介しているHP
by nonohana303 | 2007-06-20 15:03 | sweets | Comments(0)

野のはな工房・Second class 6月

今月の野のはな工房、Second classの様子です。メニューは「シンプルクレープ」と「フーガス・プロバンサル」
c0055363_22441314.jpgシンプルクレープは粉と水と酵母を混ぜて発酵させた生地を好きな濃度にして、薄く焼いたものです。クレープに万能ネギ、削り節、七味に醤油をたらし、くるっと巻いたら一銭洋食風。これ、結構いけます。^^
c0055363_22444397.jpg




一銭洋食を試食したら、ランチです。クレープに鶏の醤油煮、胡瓜、白髪ネギ、甜麺醤を巻いて北京ダック風です。もっちりしたクレープの食感と北京ダック風は美味しくて、大好評です。c0055363_2245127.jpg

このクレープ、食事だけでなく、デザートにも使えます。例えば、アイスクリーム、ジャム、フルーツにも合いますし、和風にあんこも合います。米粉は入っていませんが、関東風の桜餅の様な感じです。

c0055363_22452612.jpg


フーガス・プロバンサルはプロバンス風のフーガス。フーガスとはフランス語で葉っぱと言う意味だそうです。プロバンス風にはバジルペーストに黒オリーブなどを混ぜ込んでいます。このレシピは以前にビゴの店で教えてもらったものを私の材料に置き換えて作ったものです。c0055363_22454893.jpg

生地を作っているときから、バジルの良い匂いが部屋に立ち込めます。
今日はリクエストで、一部をグリッシーニ風に焼いてみました。グリッシーニにするには2次発酵をさせずに、成形したらすぐにオーブンで焼きます。バジルの香りが香ばしい軽い食感のグリッシーニができ上がりました。
三つ編みにした方は外はカリッと中はしっとりになりました。これも有りの味です。

*なんだかエキサイトの様子が変です。数日前から画像の表示が一部出来ていませんでしたが、今UPしたのにこの記事の画像はおろか、全然画像が表示されていません。明日の未明からメンテナンスするそうですが、直りますように・・・。直らなかったら、お引越しすることも考えていますが、出来ればこのままの方が良いと思います。
がんばって~!エキサイトのスタッフさん。
by nonohana303 | 2007-06-13 23:13 | 野のはな工房 | Comments(2)

2006イギリス&パリ・旅行記作成中^^;

c0055363_2111955.jpg旅行記ブログ「風に吹かれて」のインフォメーションです。
予定外に今年も6月にイギリスに行くことになり、慌てて昨年行った「イギリス&パリ」の旅行記を完結すべく作成中です。旅行記は行ってきた勢いで書かないと、とんでもなく後回しになってしまいます。もう書くのは止めようかと思うのですが、自分の旅の記録としてやはり続けたいと思います。
10日後の出発までに完結するかどうか危ういのですが、未完成の「2006イギリス&パリ」を読んでやろうとおっしゃる方がいらしたら、私の旅の記録を見てください。*^^*
by nonohana303 | 2007-06-11 21:09 | つぶやき | Comments(4)

野のはな工房・First class 6月

今月の野のはな工房・First class の様子です。
メニューは「ナン」と「くるみ入りリングパン」です。どちらもあまり手間も時間も掛からずにできます。これから暑い間はオーブンを使う時間が少ないパンが多くなります。
ナンは本来タンドール窯(参照)を使って直火焼きをします。家庭ではオーブンかフライパンを使って作ります。プロの味とは違いますが、十分美味しいものができて、みんな大満足です。
c0055363_17501874.jpgc0055363_17490100.jpg









くるみのリングパンは、飴掛け胡桃を混ぜたシンプルな生地をリング状に成形して、フライパンで焼くパンです。しっとりとして、ほんのり甘い美味しいパンです。オーブンで焼いたのとは違う、優しい食感です。一つはハート形に成形して見ました。少しいびつだけど、素朴で可愛い風合いになりました。
c0055363_17503682.jpgc0055363_1751941.jpg









ランチメニューはナンにあわせて、「キーマカレー」と「ライタ風サラダ」です。オーブンで焼いたナンはピタのようにポケットパンになるので、カレーを挟んで食べると、また違った味に・・・。
c0055363_17512548.jpgc0055363_17514742.jpg
by nonohana303 | 2007-06-10 18:11 | 野のはな工房 | Comments(3)

パン作りレッスン・パンの小屋

パンの小屋のレッスン、今月も頑張って行ってきました。
メニューはレトロ・バゲット、ロ-ゲン・ミッシュ・ブロート、酒種あんぱんの3種
c0055363_112213100.jpgレトロバゲットはフランス産の粉「ラ・トラディション・フランセーズ」を使用し、昔の製法で作ります。外はカリッと中はしっとりのバゲットができます。先がとがっているのがレトロ・バゲットの特徴。以前にも同じ材料で勉強したことがありますが、今回のは少し作り方が違っていました。
私の教室でパン・トラディショネルをした翌日、とても良い勉強になりました。反面、家庭のオーブンでは限界があることを再度確認させれらたことも事実です。家庭でどこまでできるか挑戦です。^^
c0055363_11223557.jpgローゲン・ミッシュ・ブロートは、ライ麦の配合の多い本格的なライ麦パンです。ライ麦から起こしたサワー種を使用して作ります。どっしりと重いライ麦パン、コーヒーより紅茶より合うのはやっぱりドイツビールでしょうか?

c0055363_11215497.jpg



酒種あんぱんは翌日になっても生地が柔らかいオリジナルの生地に、これでもかと言うくらいのオーガニックのつぶ餡を包んで作りました。これはパンというよりお饅頭と言った方が良い製法と味です。生地は先生の言われるように、今朝もしっとりとしています。甘過ぎが苦手な私も、餡の量が多いのに薄味なので、軽く1個は食べられました。

何時もながら中身の濃い7時間でした。今日は少しグロッキー気味ですが、満足感は100%です♪
by nonohana303 | 2007-06-08 11:52 | 私の勉強 | Comments(4)

野のはな工房・Continuance class 6月

今月のContinuance classの様子です。
メニューは「パン・トラディショネル」と「メープルロール」
c0055363_2223513.jpgパン・トラディショネルはフランスパンのこと。フランスパンといっても、大きさや成形の違いで名前が違うことは以前にも書きました。
家庭で作るにはバゲットとかパリジャンとかという規定通りのパンはできないので、できる大きさ、できる範囲で作ります。パン職人でも満足できるフランスパンを作るには10年掛かると言う話です。職人の腕も道具も無いのにお店のようなものはできません。分かっていても、作って見たいと言う希望で、今日はパン・トラディショネルに8割方力が入りました。6時間掛けてできたものは完璧とは行かないまでも、自分で作ったパン・トラディショネルにみんな満足してくれました。
c0055363_2232016.jpgメープルシュガーとシロップで作った手作りシートを織り込んで作ったメープルロール。こちらも力を入れて作ったレシピです。ホシノの菓子パン用酵母でふっくらと、ほんのりメープルの香りがする優しいパンができました。製法はクロワッサンと似ているけれど、この季節でもできるところが嬉しいです。でも今日の気温が限界かもしれません。
c0055363_22205295.jpg

ランチメニューはズッキーニのオムレツにトマトサラダ。試食のパンはお昼には間に合わないので、冷凍庫のストックパンを添えて・・・。c0055363_22452780.jpg





ストックのパンといっても、京都宇治のたま木亭のカンパーニュ。hohokaさんのアトリエ訪問の時に買って来ました。さすが、行列ができるパン屋さんのカンパーニュ。今日のメンバーはハード系のパンが好きな人ばかりなので、喜んでくれて良かった。^^
by nonohana303 | 2007-06-06 22:49 | 野のはな工房 | Comments(2)

ブルーベルフィールズ紀伊國屋

honokaさんのプレオープンにお邪魔して、翌日はまたまたhonokaさんのお世話になり、琵琶湖の見えるブルーベリー園「ブルーベリーフィールズ紀伊國屋」へ案内してもらいました。
ブルーベリーフィールズ紀伊國屋は3~12月の間オープンしている、ブルーベリー園にレストランが併設されているお店です。honokaさんの運転で、湖西道路から山道に入り、「この先にそんなレストランがあるの?」と思いながら別荘地を造成している現場を横目に目的地に到着。時間も押していたので、すぐにレストランのある2階へ・・・。
c0055363_19465630.jpg眼前にブルーベリー園、棚田、その向こうに琵琶湖が見える絶景が広がります。お天気も良く、見晴らしは抜群!honokaさんが窓際の席を予約してくださって、絶景を見ながらのランチは優雅と言う言葉そのものです。
私はその絶景にすっかり心を奪われ、あっけに取られてその景色にカメラを向けるのも忘れていました。この画像はhonokaさんにお借りしたものです。honokaさん、何から何までお世話になり、ありがとう!
ランチは、有機野菜やハーブを中心にしたもので、3675円と5250円とあります。私たちは3250円の方をいただきました。
c0055363_236066.jpgc0055363_2361531.jpgc0055363_2362814.jpg






c0055363_2364561.jpgc0055363_237014.jpgc0055363_2371284.jpg






c0055363_2373214.jpgc0055363_2374449.jpgc0055363_2381957.jpg






c0055363_239116.jpgc0055363_2392498.jpgc0055363_2393731.jpg






c0055363_2395952.jpgインゲン豆のムース、新じゃがのポタージュに玉ネギのロワイヤルのコラボ。デザートもブロッコリーのタルトに大葉のガレット、と珍しくてヘルシーで、なおかつ美味!パンも手作りの天然酵母パンが3種類、料理が変わるたびに出てきます。ブルーベリーを練りこんだパンはありそうでここにしか無いようなパン。ハーブティーもすっきりと、体がリフレッシュするようなランチでした。
階段の踊り場にはこんな風にお花が飾られています。
自然で、気取っていないのにおしゃれな雰囲気の素敵なお店でした。
by nonohana303 | 2007-06-05 23:27 | お外ごはん | Comments(4)

ぱんのあとりえ「穂の香」

パン教室で一緒に勉強している友人、honokaさんのアトリエができ、プレオープンにお呼ばれしてきました。一緒に行ったのは愛知と大阪の友人。それぞれにパンやお料理の教室を主催されているベテランの方たちです。honokaさんは京都の自宅に素敵なアトリエを作り、これからパン教室を始めます。光栄にも私たちがアトリエでパン作りをさせていただける、初めての来訪者になりました。この日は3種類の生地で5種類のパンを作りました。
c0055363_17245569.jpgc0055363_1725171.jpgc0055363_17253962.jpg






c0055363_1726443.jpgc0055363_17263416.jpg左上から順番に、白神こだま酵母で作った「十穀ご飯パン」の食パンと丸型パン。自家製カレンツレーズン酵母の「胡桃とイチジクのカンパーニュ」バゲット形とプチパン。自家製バナナ酵母で作ったアメリカンマフィンです。どれもhonokaさんの温かい思いがこもった美味しいパンです。十穀ご飯パンができたところで、サラダとかぼちゃのポタージュでお昼です。サラダは2種類もあり、一つは自家製チキンハムのサラダ、もう一つは卵サラダです。卵サラダは私も一緒に習ったメニューなのに、作ったことが無くて、改めて美味しさを感じました。honokaさんが、卵サラダと十穀ごはんパンはとてもよく合う、と言われます。確かにごはんの香りや食感は特製卵サラダによく合います♪自家製チキンハムもとっても美味♪さっぱりとこの季節にぴったりです。
c0055363_1734535.jpgc0055363_17352050.jpgc0055363_17354832.jpg






真新しいアトリエのキッチンは、明るくて使い心地も◎!家のキッチンとは別のアトリエでパン教室を開けるなんて、私には夢のまた夢。素敵なキッチンでパン作りができただけでも、とても幸せです♪ちょっと遠いので、度々お邪魔できないのが残念ですが・・・。
by nonohana303 | 2007-06-05 17:48 | パンの話 | Comments(0)

もちむぎのやかた

c0055363_18321759.jpgRose Gardenで薔薇の香りに包まれた後、訪れたのは福崎町のもちむぎのやかた
福崎町特産もちむぎ麺が食べられるレストランがあります。私が注文したのは「五種麺」です。冷たい麺がわんこそばのように少しずつ入って、それぞれトッピングが違います。
c0055363_18381878.jpg



もちむぎは小麦ではなく大麦の一種で、麺は蕎麦でもなくうどんでもない食感です。なので、もちむぎ麺なのだそうです。
もち麦はちょうど今が稔りの季節のようで、何時もこの時期ここを訪れると、赤みを帯びた穂が風にゆれています。
by nonohana303 | 2007-06-03 18:48 | おでかけ | Comments(0)

食いしん坊で、作ることも大好き!気まぐれtampopoが倉敷より美味しいものetc.を レポートします。


by nonohana303
プロフィールを見る
画像一覧