おいしいもの大好き♪ nonohana30.exblog.jp

食いしん坊で、作ることも大好き!気まぐれtampopoが倉敷より美味しいものetc.を レポートします。


by nonohana303
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2007年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

炭火で焼きむすび

GWに突入しましたね。東京での話題はちょっとお休みにして、我が家の晩御飯のことを・・・。
c0055363_2029645.jpg今年の我が家のGWは特に何も無し。夫はカレンダーどおりに出勤、娘はいつもながらシフトで稼動、息子は昨日から5日まで家でだらだらと過ごす様子。そんなGW、私は家族のために何時もより家事が忙しいと言う状況です。
今日の昼間は各地で夏日、久々にウッドデッキでバーベキューをしました。夫は未だに「きもちいいなあ!」なんて言いながら外に居ます。
バーベキューって炭の火がまだまだ好調に燃えている時に終わります。もったいないので、残り火で焼きおむすびを作りました。台所のガスで焼くより炭火なので、カリッと感も味も俄然いいです。バーベキューの締めはやはりこれ!温かいお茶がよく合います。
by nonohana303 | 2007-04-30 20:42 | ごはん | Comments(4)
東京に行った目的の一つは、パン屋さん巡りです。昨年石川芳美さんの案内で数件のパン屋さん巡りをしましたが、今年は「勝手にパン屋さん巡り」です。
訪問したのはベッカライ ブロートハイムと昨年も芳美さんと訪れたポワンタージュの2件です。着いた日の午後、新宿伊勢丹から桜新町のベッカライ ブロートハイムへ行き、その後麻布十番のポワンタージュへ移動しました。
c0055363_22114090.jpgベッカライ ブロートハイムは名前からも想像できるように、まるでそこだけドイツにでも居るかの様なたたずまいです。お店に入ると、評判のパン屋さんというのが良く分かるようなパンが並んでいます。c0055363_2219511.jpg





ドイツパンだけにこだわっていると言う訳ではありませんが、プレッツェルがぶら下がっていたり、クロワッサンもクロアソンと表示されていて、なんだかやはりドイツ風です。

c0055363_22224618.jpgポワンタージュは昨年も行きましたが、何度も行って見たい魅力的なお店です。麻布十番と言う立地条件の中、限られたスペースを上手に使われています。こちらのお店はちょっとパリの街角のようなたたずまい。麻布十番自体街の雰囲気がパリの裏通りのような場所もあります。c0055363_22281453.jpg



昨年お土産に入れてもらったミルクフランスを今年もゲット。ミルクフランス好きには外せないおいしさです。天然酵母のパン・トラディショネルは絶品のおいしさです。
ウインドウの中には洋風のお惣菜もあり、おいしそうでした。後から思えば翌朝の朝食用に買って置けば良かったかなと・・・。
勝手にパン屋さん巡り、事前に場所のチェックをし、地図もプリントアウトして臨んだのに、やはり方向音痴の私はとんでもない方向に歩いたり、散々でした。何とかたどり着けたのが、せめてもの救いでした。おかげですごく良いエクササイズになり、家に帰った翌日の体重は行く前より1キロ減っていました。と喜ぶ間もなく、今朝はちゃぁんと戻っていました。^^;
by nonohana303 | 2007-04-29 22:40 | パンの話 | Comments(0)
フェルベールさんのコンフィのある食品特選街の同じコーナーで紅茶も求めました。
c0055363_2140233.jpgダージリンの「1st Flash」とアッサムの「SPICE CHAI」。1stFlashの説明には「その年一番に摘まれた若々しい緑葉の多いお茶です。繊細で清らかな香気と味わいがヒマラヤに訪れた春を感じさせてくれます。水色は美しい黄金色」と書いてあります。その清らかな香気という言葉に引かれ結構お高めでしたが、どうしても飲んで見たくなりました。SPICE CHAIの説明はさほど印象は残りませんでしたが、きっと初めての味のような気がして選びました。1st Flashの茶葉は紅茶と言うより日本茶に近い色、香りは中国茶のようなアジアンティックな香りがします。茶葉だけでも爽やかな香気が立ちます。お湯を注ぐと、普通の紅茶とは違う黄色っぽい色が抽出されます。ヒマラヤに訪れた春とはこんな香りなのかと、思わせられる初めての味と香りです。
c0055363_21531963.jpgc0055363_21534278.jpgSPICE CHAIはその名のとおりスパイシーな紅茶です。スパイスはそれほどきつい香りでもなく、紅茶も品の良い香りがします。どちらも満足できる買い物でした。
LEAFULL DARJEELING HOUSEと言うのは初めての名前ですが、またいつかリピートしたいブランドになりました。
by nonohana303 | 2007-04-28 22:04 | Comments(0)
東京にはおいしいものが集まります。東京のもの、その他の地方のもの、海外のもの、やはり地方都市とはスケールが違います。そんな東京を訪問する時は、倉敷では手に入りにくいおいしいものを買うことも目的の一つです。
c0055363_18461847.jpg訪問初日、昼ごろ新幹線を降り、ホテルにチェックイン。身軽になって東京探訪へ・・・。
真っ先に向かったのが、伊勢丹新宿店
ジャムの妖精といわれているクリスティーヌ・フェルベールさんのコンフィチュールです。コンフィチュールとはフランス語でジャムのことです。フェルベールさんのコンフィはおいしいと評判で、いくつかのフルーツなどを合わせた独特のものです。フェルベールさんのお店はフランス・アルザス地方のコルマールに近い村にあるそうです。以前にコルマールを訪問した時、お店が定休日で寄ることができませんでした。それがずっと心残りでした。インターネットショップで買うことができることは知っていましたが、伊勢丹新宿店にある事をPolka dotsさんのブログで知り、今回の楽しみの一つに入れました。
c0055363_191881.jpgc0055363_1953930.jpg今回買ったのは、「マダムのジャム(グリオットチェリー・バラ)」と「マンゴとココナッツ」です。マダムのジャムはチェリーの酸味が優しく薔薇の香りがほのかにする華やかなジャム。マンゴとココナッツはこのコラボレーションがなんとも言えないおいしさです。翌朝ホテルの部屋でこだわりのクロワッサンにつけていただきましたが、夢のようにおいしかったです♪
画像の真ん中は新宿高野で求めた薔薇ジャムです。買ってきたジャムを全て開けると、大変なのでまだ開けていません。薔薇ジャムの楽しみは後日・・・。
by nonohana303 | 2007-04-28 19:16 | sweets | Comments(4)

藤森シェフの講座

東京の自由が丘にあるカルチャースクール「LAPIN(ラパン)」の藤森シェフの講座に行ってきました。
c0055363_15312685.jpg今回のメニューは「Le pain brie」と「Pain a l’e emmental」どちらもハード系のパンです。
画像は先生の作った見本です。今まで習ったことの無い方法を取り入れて作るパンは、目からうろこの製法でした。製法は門外不出?なので、ここでは発表できません。^^;
c0055363_15303872.jpg

画像の手の主、藤森シェフは思ったとおりの、いえそれ以上のお人柄がにじみ出る方でした。講座はとても和やかな雰囲気で、和気藹々と進みました。

c0055363_15445668.jpg

パン以外にもサービスメニューの「テュイール」も教えていただきました。これも今までのテュイールとは少し違い、手順も「なるほど!」と思う場面も・・・。

c0055363_15491026.jpg

右端のパンは「エスプリ・ド・ビゴ」のパン、右の画像はやはりお店のプティフール、試食でいただきました。
今までプロに教えていただく講座は少し修行にも似た雰囲気があることが多く、緊張感があるのが普通だと考えていました。今回の講座は終わって見たら「楽しかった♪」というリラックス感が残っていました。カルチャーだから?とも思いますが、シェフのお人柄とラパンの方々の雰囲気作りがそうさせたのだと思います。


施設情報
LAPIN(ラパン)
〒152-0035
東京都目黒区自由が丘1-26-4
ステラビル6F
Tel & Fax 03-3723-1191
http://www.lapin-school.jp/index.html
by nonohana303 | 2007-04-28 16:04 | 私の勉強 | Comments(2)

モッコウバラ


c0055363_2381239.jpgモッコウバラが咲き始めました。
黄色は白より少し早く咲き始めます。カスタードクリームのような色は華やかで可愛い。
この場所に定植して4年目、今年も沢山の花を付けています。
c0055363_23114239.jpg




白はまだちらほらと開いている程度です。モッコウバラ専用の垣を作ってもらったのが2年前、それと同時に白だけ移動しました。そのため、白は何時も黄色より花付きも咲き方もかなり地味でした。今年はすっかり根付いたようでいっぱい花を付けています。一つずつの花も例年に比べて大きめです。ほのかな香りと花姿が可憐な白のモッコウバラ、ようやく我が家に定着したようです。
モウッコウバラは漢字で書くと「木香薔薇」。とげも無く手入れがほとんど要らない原種のつるバラです。手が掛からない反面、花の時期は僅かです。1年の内この時期だけ咲くバラはまるで桜のようにぱっと咲いて、散ってしまいます。そんなところにまた愛おしさを感じます。
by nonohana303 | 2007-04-23 23:25 | ガーデニング | Comments(10)

雨の日曜日

朝からどんよりと雲が立ち込め、時々ぽつぽつと細かい雨粒が落ちていましたが、10時頃から本格的に降り始めました。私にとっては気持ちの良い雨です。
c0055363_11192190.jpg庭の木の中で一番のお気に入り、樫の木の新緑に雨が降り注いでいます。ここ1週間バタバタと過ごしてきたので、今日のしとしとと降る雨は気持ちが落ち着きます。c0055363_1123815.jpg






私の住んでいる倉敷ではそろそろ田んぼの準備が始まっています。兼業農家の方は今日の雨は嬉しくないのかもしれませんが・・・。
雨の日曜日、窓の外の緑を見ながら上京の準備でもしましょうか?倉敷の雨は明日くらいまでのようですが、東京は数日続くらしく、初日は雨のようです。雨の東京もそれはそれで良いでしょう。そう言えば、昨年もこの時期に行った東京、1日は雨でした。この時期に続けて降る雨を筍梅雨というそうです。
by nonohana303 | 2007-04-22 11:40 | つぶやき | Comments(0)
今月の野のはな工房、Second class の様子です。
c0055363_1719476.jpg今月のメニューは「お米のパン」と「パン・オ・レ」です。お米のパンには文字通り米粉が入っています。最近良く見かけるお米で作ったパンではありません。国産のパン用強力粉にお米の粉「リ・ファリーヌ」を入れて作っっています。お米で作ったパンと言うのは米粉にグルテンを混ぜたものを使いますが、今回使ったリ・ファリーヌにはグルテンは入っていません。c0055363_1731463.jpg

それで、元々グルテンが含まれている強力粉に混ぜて作っているのです。添加物の使用をできるだけ避けたいと言う私の気持ちが、グルテン入りの米粉を使うことにためらいを感じます。国産の小麦粉には知らない間にグルテンを添加されています。パン用の米粉のグルテンだって同じことだとは思いますが、添加されている量が違います。私のささやかな抵抗です。
左上のお米のパンはプレーンな生地を小さくc0055363_17355767.jpg丸め、キャセロールに入れて焼いています。右のパンは同じ生地に白、黒、桜の餡を入れて焼いた三色あんぱんです。どちらもお米のしっとり感が嬉しいパンです。
パン・オ・レは英語で言えばミルクブレッド。
牛乳で捏ねた優しいパンです。ハサミで入れたピコットがなんとも愛らしい形です。ふんわり仕上げたかったので、酵母はパネトーネマザーです。

本日のランチメニューはシャキシャキポテトサラダと野菜スープです。シャキシャキポテトは細切りのじゃがいもをさっと茹でてしゃっきり感を出したサラダです。野菜スープはごく普通のキャベツ、人参、玉ネギなどを使ったスープです。今日は春キャベツの外側の葉を使ったので、ちょっと色がくすんでしまいました。それがまたヘルシーだと思うのは私だけでしょうか?^^;c0055363_1741874.jpgc0055363_1741273.jpg
by nonohana303 | 2007-04-20 17:47 | 野のはな工房 | Comments(4)

久々に・・・

c0055363_14384337.jpg来週、東京に行きます。目的はパン好きな方ならご存知の藤森シェフの講習会です。藤森シェフはビゴの店のムッシュ・ビゴに師事し、東京のビゴの店を任され、その後独立して(株)ビゴ東京を設立されました。ビゴさんのパンを基本におしゃれなパンが出ている本を見て、ずっと藤森シェフに教えてもらいたいと思っていました。それが今月実現します♪
私一人では寂しいので、パン教室で出会ったhonokaさんとダーシェンカの旅行でご一緒して以来の友人の豊橋Iさんをお誘いしました。それで、コメント欄で話が盛り上がっています。お勉強に行くのに、その他の予定で大盛り上がり、まるで遠足気分です。
その他の予定とはもちろん東京観光、それも私達だけのプライベート観光です。あそこのパン屋さん、あそのお店、あそこもいいわここもいいわと・・・・。ただいま観光予定を調整中ですが、行きたかったお店が行ける日に定休日だったり、限られた日程の中で欲張りな希望、果たして大都会は私達をにっこり笑って受け入れてくれるでしょうか?はてさてどうなることか?おばちゃま達の東京珍道中はまたご報告します。^^
by nonohana303 | 2007-04-17 09:40 | つぶやき | Comments(6)
今月の野のはな工房・continuance class の様子です。
今月のメニューは「大福あんぱん」と「桜カンパーニュ」、どちらも和の香り漂うパンです。
c0055363_16133326.jpg見た目が大福餅のようなあんパンなので大福あんパン。酒粕酵母の生地に塩味の効いたお砂糖控えめの餡を包み、焼き色を付けずに焼いています。軽く焼いているので、生地はもっちりとしてパンの様でもあり、お饅頭のような食感です。
c0055363_16181315.jpg



桜カンパーニュは桜風味の生地に鹿の子豆を入れ込み、桜の形を模っています。数年前、愛知県のダーシェンカから取り寄せた季節限定の味が忘れられず、思い出しながら作って見ました。名前はカンパーニュですが、和のテイストがいっぱいのパンは意外にコーヒーに良く合います。
c0055363_16242998.jpgランチメニューはハムとチーズを挟んだ、マフィンサンド&サラダです。東京のCicoute cafeのメニューを再現してみました。スープは今日も丸麦スープです。
なんちゃってCicouteマフィンは大福あんパンの生地で作りました。幻のマフィンとは生地自体違いますが、これもなかなかのものです。^^
by nonohana303 | 2007-04-16 16:53 | 野のはな工房 | Comments(8)