おいしいもの大好き♪ nonohana30.exblog.jp

食いしん坊で、作ることも大好き!気まぐれtampopoが倉敷より美味しいものetc.を レポートします。


by nonohana303
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2006年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

成羽愛宕花火

7月最終の土曜日、全国198カ所で花火大会が行われたそうです。夏の風物詩花火、これを見ないとその年の夏が始まらないし終わらないという気がします。
c0055363_1444272.jpg数年前まで倉敷でも盛大な花火大会が開催されていて、毎年楽しみにしていましたが、時代の波「不況」と言う文字がこの花火大会をまさに花火のごとく終わらせてしまいました。そんな中、高梁に住む友人が成羽愛宕花火に誘ってくれました。もちろん大喜びで行ってきました♪
300年の歴史があるという花火大会、町の商工会の尽力による手作りの花火だそうです。大きな都市で行われるお金を掛けた豪華な花火とは少し違いますが、成羽川の対岸に間近に上がる花火は、上げている方との一体感、臨場感が感じられます。ここの花火は12景に別れ、その度に川を花火が渡り、対岸の仕掛花火に火が付きます。
川面を渡る風も涼しく、山あいの町の花火は景色も雰囲気も古きよき時代を思い起こさせてくれる、素敵な花火大会でした。

昨日は我が家でのパン教室のあとすぐに出かけなければならなくて、準備の悪い私はカメラを忘れてしまいました。これは携帯の写メで撮った画像です。きれいな花火の画像は「成羽愛宕花火」のサイトで見てくださいね。
by nonohana303 | 2006-07-30 15:04 | おでかけ | Comments(0)

チクテ風マフィン

フルーツの酵母エキスを作っても最後まで使い切れ無いことが多く、「せっかく作ったのになんだかな~・・・」と反省します。そこで今回は酵母が元気なうちに使ってしまうことに決めました。と言うことはせっせとパン作りです。
今日もスモモの酵母でとりあえず食パン生地を作り、一つは食パン好きの夫の為に食パンを・・・。残りの生地で簡単ホットプレートで作るマフィンを作りました。今回のマフィンはコーンミールをまぶすタイプではなく、小麦粉をまぶしてチクテのマフィンに近いものを目指しました。

c0055363_22403479.jpgc0055363_22405928.jpgc0055363_2243239.jpg






出来上がったのはチクテのように背の高いものではなく、いつもの形に近いものができたのですが、見た目はかなり似ているのでちょっと満足♪さっそくお昼にチクテのようにホットサンドにしていただきました。数ヶ月待って届くチクテのマフィンと同じものができたら、それはチクテさんに失礼だと思います。そんな味でしたが、これは定番入りになりそうです。^^
by nonohana303 | 2006-07-27 22:50 | パンの話 | Comments(6)

フルーツカービング

久しぶりにRIE's Cookin' Salonのフルーツカービングへ行って来ました。
今回は倉敷市内の会場で特別講習「知ってて得する実用果物切り方教室」のワークショップでした。花より団子が好きな私は実用と言う言葉に惹かれ、参加することに・・・。
先生のお話しでは「以前にもしたことの復習になると思いますが・・・。」と言うことでした。ところがそんなことは無く、本当に実用に使えるフルーツの切り方を何種類も教えていただきました。初心者向けの講習で、切り方はそれほど難しくはありませんが、オレンジやスイカなどいつもの切り方に加えて少しおしゃれな盛り付け方のアイデアは目を見張るものがありました。
c0055363_228264.jpgc0055363_2282151.jpgc0055363_2284317.jpg






c0055363_22114069.jpgc0055363_2294370.jpgc0055363_2295363.jpg






最後に美味しいハーブティーでお腹いっぱいフルーツをいただいて、教室はお開きになりました。久々の理恵先生のお教室はいつものように楽しくて温かい雰囲気でいっぱいでした。
最後の美しいスイカのカービングはベテランの生徒さんの作品です。こんな美しい作品はなかなかですが、もう少し勉強してみようかな~?
by nonohana303 | 2006-07-27 22:24 | 私の勉強 | Comments(0)

炭になったパン

最近ブログの更新も時々しかできなくなっていますが、本館の方は全くの手付かずと言っても良い状態になっています。
c0055363_17569100.jpgそれでせめてパンのコーナーの写真集だけでもということで、ここ数日で数ヶ月分のパンを写真集Ⅲに紹介しました。どれもほとんどブログで紹介したものばかりですが、本館には記録としてUPしています。
この画像はブログでも紹介していなかった炭になってしまったハムロールです。何故こんなことになったかというお話しは「野のはな通信の写真集」で見てください。
^^;
by nonohana303 | 2006-07-25 17:57 | パンの話 | Comments(4)

スモモ酵母で・・・

c0055363_0365677.jpg先日のスモモの酵母でパンを作ってみました。実はその前にヤマモモ酵母のパンも作りましたが、画像を撮らずに食べてしまいました。バタバタしているとカメラを持つ余裕が・・・。^^;
スモモの酵母は思ったとおりブクブクといっぱい泡を出して濃い紅色の酵母になりました。
今回作ったのはバターの少し入った食パン生地でツイスト食パンを2種です。

c0055363_037266.jpg一つはプレーンなもの。もう一つは飴がけクルミとマーマレードを巻き込んで2つの味が楽しめるものにしました。胡桃とマーマレードはもっと沢山巻き込めばよかったのですが、残り物利用なのでちょっと地味になってしまいました。よく言えば「自己主張が控えめで、品が良い味」、悪く言えば「インパクトが足りない」と言う感じですが、決して物足りないと言うことはありません。汗;汗;
どちらにしても酸味も無くしっとりと美味しいパンに仕上がりました。スモモとヤマモモの酵母、どちらも酸味の無い優しい味です。スモモはともかくヤマモモはもっと酸味や癖が出ると想像していたのですが、全くそんなことは無くむしろ甘い香りがするくらいです。
ヤマモモ酵母のパン種は冷蔵庫に保存中、発酵力が落ちる前にまた作ってみることにします。今度はUPできるでしょうか?^^
by nonohana303 | 2006-07-23 15:23 | パンの話 | Comments(6)

有り合わせでお昼ごはん

ウイークデーのお昼ご飯、皆さんはどうされていますか?私は大抵の主婦がするように冷蔵庫の残り物で済ませます。と言うとなんだか悲しいお昼ご飯のように聞こえますが、これがなかなかどうして、前日の煮物やカレーなどは一段と味がしみたり、まろやかさが増しておいしくなっています。もちろん時には本当に悲しい感じの時ももちろんあるのですが・・・。味も良くなってしかも残り物の整理ができる残り物ランチは、主婦にとって何よりも喜ばしいことなのです。^^
c0055363_2120780.jpg今日のお昼ご飯は昨日の夕食に使ったカッペリーニにトマトソースを掛けました。トマトソースも数日前の夕食のごまかし一品の塩かけトマトをレンジでチンして冷蔵庫に保存していたものです。それがシンプルでさっぱりと、カッペリーニの冷製にとてもマッチしていました。それだけでは変化が無いので、やっと食べられるようになった庭のバジルとお隣でいただいたミニトマトをトッピングしました。本当はお皿に移せば良いのでしょうが、そこは主婦のお昼ご飯、パスタを入れていた保存容器のままでいただきました。午前中、ここのところ強さを増した日差し対策で、ウッドデッキに日よけを取り付けるのに四苦八苦しました。汗を流してさっぱりしたところで冷たいトマトパスタは喉越しがよく美味しかったです♪自己満の世界、これがたわいも無い主婦の喜びなのです。^^
by nonohana303 | 2006-07-15 21:29 | ごはん | Comments(6)

自家製酵母の季節

天然酵母には大きく分けて2種類あります。一つは「ホシノ天然酵母パン種」のようにすでに発酵させたパン種を乾燥させて売っているレディーメイドのもの。もう一つは素材から作る手作りの酵母です。ホシノの酵母もこの季節部屋の涼しいところに置いて比較的楽に生種作りをすることができます。厳密に言うともう少し涼しい時期の方がよいのですが・・・。
自家製の酵母も少し低い温度でゆっくり発酵させると良いのかもしれませんが、私は酵母作りを楽しむのなら、この季節が作りやすいと思っています。それに発酵力の強いベリー系のフルーツが路地でできるのもこの季節です。c0055363_18203065.jpg昨年もちょうどこの時期にブラックベリー酵母を作りました。
ブラックベリーも我が家の庭でたわわに実を付けて生っていますが、今作っているのはヤマモモとスモモです。両方ともお隣の無農薬の畑で採れたものです。ヤマモモは野趣溢れる味でお店で売っているのは見たことがありません。これを見たとたん、「酵母ができる!」と思いました。いただいた時、未熟な熟れ方だったので冷蔵庫に入れて追熟させようと思いましたが、一向に赤黒い熟れた色になりません。それどころかポリ袋が実の水分で濡れる為に敷いていたキッチンペーパーにジュースがc0055363_1821782.jpg吸い取られ、実の色が薄くなっていきます。そこで慌てて甘い砂糖水に浸けて酵母作りを始めました。
c0055363_18214092.jpg2日ほどでこのくらい泡が出ていい感じに発酵し始めました。泡がブクブク出なくなったらパン作りに使えます。





c0055363_1822687.jpgスモモはヤマモモと違いお店でも売っていますが、素性の知れたものを使うに越したことはありません。数個はそのまま美味しくいただいて、ちょっと熟れ過ぎたものでヤマモモと同じように酵母作りを始めました。泡の出方がヤマモモより少し遅めですが、実の状態ですでに発酵したような香りがしていたので良い酵母ができるはずです。

さてさて、どちらもどんなパンができるか楽しみです♪
by nonohana303 | 2006-07-13 18:41 | パンの話 | Comments(2)

高梁川の蜆

2日ほど前倉敷市のお隣の総社市に用事で行ってきました。その帰りに寄った農協の直売所でおもしろいものを見つけました。
JA岡山西山手直売所は備中国分寺の近くのJA山手支店の隣にあります。簡単で素朴な雰囲気の建物に、近隣から持ち込まれた新鮮な作物がいっぱい並んでいます。朝採りのきゅうりや茄子、トマトなど新鮮でぴかぴかで美味しそうです♪そしてお値段もとても安いのです♪産直市場は主婦の見方!久しぶりだったので、嬉しくなって山のように新鮮な野菜をかごに入れて、もう一度掘り出し物、珍しいものが無いか一回りしてみると、ネットに入って水に浸けられたシジミがありました。c0055363_1785318.jpgそれは初めて見る大きなシジミでした。ケースの上に「高梁川のしじみ」と書いてあります。高梁川は岡山県の西部を流れる河川で、倉敷市民にとっては無くてはならない水源です。でも、今まで高梁川のシジミなんて地元のお店でも見たことがありません。
この辺でシジミと言えば宍道湖のシジミです。「でも知る人ぞ知るレアなもので、今までも有ったのかな~???」と思い、買ってみました。c0055363_1718329.jpg

珍しかったので夫の両親のも買って帰ったところ、義母が「そう言やぁ、この間TVで高梁川でシジミが獲れて、調べたらちゃんと食べられるもんじゃったと言うとったよ~。今まで獲る人がおらんかったけえ増えたんじゃてぇ。」と言うのです。なるほど!納得がいきました。それで、宍道湖のよりも大きかったのかも知れません。
シジミなど貝類は冷凍すると、良い成分が引き出されて美味しいし、体にも良いらしいので、冷凍しておいて翌日蜆汁にして食べました。身は普通のサイズのものより少し大味でしたが、臭みも無くすごく美味しかったです。
新鮮なお野菜に地元産の蜆、山手直売所は地味だけど、魅力的なところです。私のショッピングエリアがちょっと広がりそうです。^^
by nonohana303 | 2006-07-12 17:29 | ごはん | Comments(2)
6,7月のもう一つのメニュー「ナン&クルミのリングパン」の教室の様子です。
c0055363_1717482.jpgこの組み合わせはちょうど昨年の7月にもしたメニューです。この時期になると部屋の温度を上げるガスオーブンを極力使わないメニューを題材に取り入れます。私がしたくないことはきっと教室に通う人もしたくないことだと思うのです。もしかしたら、すごい根性で「部屋の温度が上がってもオーブンで焼いたパンが作りたい」と言う方も中には居るとは思うのですが、大抵の人は私と一緒で「楽においしいパンを作りたい」と希望していると思うのです。
c0055363_17272560.jpg
そこで今月はフライパンで焼くパンが2種類です。ナンはフライパンとオーブンとで焼く方法で作ったので、ほんの少しオーブンを使いました。でも焼く時間は6分程なので、部屋の温度はそれほど上昇しません。クルミ入りリングパンは丸いドーナツ状に焼くパンですが、成形途中でハートの形になりかけたので、生徒さんのリクエストでハートの形にしました。ちょっといびつですが、ハートに見えますか?きれいでないところが素朴で優しいと自画自賛しているのですが・・・。^^

More 教室の後で・・・
by nonohana303 | 2006-07-11 17:52 | 野のはな工房 | Comments(0)
昨日は我が家で総勢12名のランチをしました。娘が幼稚園に通っていた頃のママ友達と、未だに時たまランチをするのですが、今回は我が家で石窯ピザでランチをすることになりました。
c0055363_13373619.jpgc0055363_1338124.jpgc0055363_13383058.jpg






メインメニューのピザは5種類、マルゲリータ、ハーブチーズ、のり醤油、アボカドやエリンギの入ったお好みピザとフルーツピザです。サイドメニューはブルスケッタ、冷製パスタ、サラダ、スープです。最後にメンバーの中にファンが多い「森の恵み」を石窯で作りました。
c0055363_13392530.jpgc0055363_13395332.jpgc0055363_1340169.jpg






そしてデザートは今日のもう一つのメインメニューです。友人で私のケーキ作りの先生であるハル楡の木の下でのharurumiさん特製の洋梨のシャルロットです。残念ながらバタバタしていて画像はありませんが、久しぶりのharurumiさんのケーキはやはりおいしかったです♪
以前はよくharurumiさんのケーキをいただく機会がありましたが、彼女の仕事が忙しくて最近その機会はなくなりました。昨日のデザートは、また何時味わうことができるのかわからない幻のケーキだったのです。

人数が多いのでharurumiさんやSさんにヘルプを依頼し、他の方たちもピザ作り、配膳、サーブや片付け、いろいろ手伝っていただきました。そうそう、harurumiさんは特製のスープも作ってきてくれました。そして、実はこの画像はSさんの撮影なんです。本当にみんなありがとう!
みんなのヘルプがあってできたランチ会、久しぶりのママ友達とのパーティーはそれはそれは賑やかで楽しいひと時でした。レストランみたいにきちんとサービスできなかったけれど、みんなも楽しんでくれたかしら??
by nonohana303 | 2006-07-05 14:18 | 石窯 | Comments(6)