<   2005年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

暑いけど・・・

毎日、まいにち、暑いですね~!それにカラッカラです。
c0055363_1254026.jpg

庭の花の水遣りにも限度があります。渇水と言われているので、水道水は極力節約して井戸水を散水しますが、ハーブ畑までは手が回りません。雨が恋しいです。
そんな中、我が家のラヴェンダーは花盛りです。水をもらわなくても、元気に良い香りを放ち咲いています。蝶々も香りに誘われてやってきたのでしょう。蝶々の周りに花アブも飛び交っています。ラヴェンダーの蜜って美味しいのかなぁ?
by nonohana303 | 2005-06-29 12:13 | ガーデニング | Comments(2)

pizza

今日のパン教室でお持ち帰り用の生地が余ったので、ピザにしてみました。

c0055363_20114833.jpg今日の生地は鍋焼きパンが作れる白生地。粉と酵母と水、塩に少しの粗糖を使って作る限りなくシンプルな生地です。教室では鍋焼きパンを作りました。
寒い時期だと、お昼頃作った生地が夕ご飯に使えるなんて考えられませんが、この暑さ!朝からエアコンをつけている部屋でも夕方までに十分に膨らみました。
急遽ピザにしようと考えて、冷蔵庫などのストックを点検。ピザ用のチーズはお徳用を冷凍していました。ちょうどピザ1枚分くらい残っています。茄子に玉ネギ、ツナ缶も使って・・・ トマトソースはトマトの水煮缶を裏ごしして作りました。
ピザは生地さえあれば、ストック食品が使えるお掃除メニューです。^^
by nonohana303 | 2005-06-28 20:21 | パンの話 | Comments(4)

今月の野のはな工房・パン教室

野のはな通信でお知らせしていた今月のメニューの講習が修了しました。

c0055363_133648.jpg今月のメニューはジャガイモを練りこんだ「パタータ」、酵母を発酵させて作った「シンプルクレープ」です。
パタータは「パンの小屋」で習ったレシピを私なりの材料に置き換えて作ってみました。酵母はパネトーネマザーを使いましたが、これは酵母自体の癖やイースト臭も無くて、野菜のマッシュとよく合う酵母です。ふっくらと膨れて、見た目がジャガイモそっくりです。


c0055363_1310958.jpgお次はシンプルクレープ。小麦粉のみと、そば粉を入れた生地を2種類用意しました。
小麦粉で作った生地は「一銭洋食風」にネギと削りかつお、七味を振って、おしょう油かウスターソースを少したらし、くるっと巻いて食べます。これは昭和ひとけたの時代に、京都の駄菓子屋さんで始まったおやつをアレンジしたものです。




c0055363_13172849.jpgランチには小麦粉のクレープに鶏のしょう油煮と白髪ネギ、きゅうりの細切り、甜面醤を巻いて、北京ダック風にしていただきました。
お隣のパンは生徒さんの一人が作ってきてくれた伊予柑ピール入りのブール。粉は白神ブレンド、酵母は白神こだま酵母とホシノを使って2種類のパンを焼いてくれました。教室のみんなと2種類の酵母の違い、粉の違いなど、くんくんパンに鼻をつけて嗅いだり、ちょっとずつちぎって食べ比べたり、ひとしきり談義をしました。

c0055363_1327314.jpg食後はそば粉のクレープに茹で小豆と冷蔵庫にあった抹茶アイスをまいてデザートです。画像はアイスではなく、生クリームを巻いています。もう一つは手作り杏ジャムを巻いてみました。
そば粉クレープは素朴な味であんこにとても良く似合います。^^
このほかにもパタータの生地で三つ編みパンも作ってみました。少し大きめに成形して焼いたパンはよりふっくらと美味しかったですよ♪

伊予柑ブールを作ってきてくれたのはitsu_kitchenを運営されているitsuさんです。毎日熱心にお菓子やパンを作っていて、とても刺激を与えてくれる生徒さんの一人です。
パン教室をしていて、パンのことやetc.、こちらが教えられることも多々あります。ネットを通じて集まってきてくれた生徒さんとの出会いに感謝です♪
by nonohana303 | 2005-06-26 13:39 | 野のはな工房 | Comments(6)

石窯の完成間近!

とうとう石窯の全容が見えてきました!

c0055363_19321371.jpgジャ~~ン!
どうです?なかなか立派なものでしょう? と言っても私が作っている訳では無いのですが・・・ アイデアも設計も制作もすべて庭師さん任せです。私は毎日愛犬と一緒に、お邪魔な現場監督をしているだけ・・・^^;
この後、煙突や蓋を付けたら窯を乾かすために火を入れます。夫の母が暦を見てくれたら、7月1日がとても良い日だそうです。そこで火入れ式は7月1日と決定しました。当日はお酒とお塩、お赤飯をお供えして、厳粛に?火入れをする予定です。
何度も低温で焼いて、窯が乾いたら、いよいよパン作り。最初はピザから焼こうかな?
by nonohana303 | 2005-06-24 19:52 | 石窯 | Comments(12)

ズッキーニ、食べちゃいました♪

昨日のズッキーニ、今日はさらに大きくなりました。

c0055363_20522494.jpgどうも縦より横に大きくなる方が勝っているようで、明日の朝まで待ったらかなりのおデブちゃんになりそう!それで、夕方思い切ってはさみでチョッキンしました。^^;
そのついでにピーマン、パセリ、フェンネル、チャイブも収穫。鉢植え、プランターのみのキッチンガーデンですが、こうして見るとなかなか役に立っているではありませんか?!自己満足度は100%に達しているかも知れません。^^

c0055363_20582432.jpgそこで、今日の夕食のメニューはズッキーニのオムレツとハーブを使ったサラダです。
ズッキーニと玉ネギ、ピーマンを炒めます。卵液に塩コショウ、ナチュラルチーズを入れ、炒めた野菜と合わせ、フライパンに流して焼きます。スパニッシュオムレツに似ています。
せっかくなので、ズッキーニの花も刻んでオムレツに入れました。捨てるなんてもったいない!

c0055363_212282.jpg冷蔵庫にあったレタスにシーチキン、フェンネルとチャイブをトッピングします。本日のドレッシングはエコナの和風ドレッシング。これは結構いけますよ♪






もしかして、ズッキーニの収穫はこれで終わりかも知れません。赤ちゃんの雌花はまだいくつかありますが、限りなく怪しい雰囲気です。来年に期待することにしましょう。
ズッキーニの栽培、病み付きになるかもしれません。^^
by nonohana303 | 2005-06-23 21:15 | ガーデニング | Comments(10)

ズッキーニに実が・・・

ズッキーニにやっと実が生りかけました。

c0055363_17501560.jpg今朝起きたらズッキーニの雌花が開いていました。以前に開いた雌花はまだ未熟なもので、雄花とのタイミングが合わなくて、実を付けることはありませんでした。今回のは花が開く前から実の部分がぐんぐん大きくなり、これなら受粉しなくても食べられそうな勢いです。



c0055363_175458100.jpgところが、今朝は別の株の雄花がタイミング良く開きました。ラッキー!思わず顔がニンマリ♪
さっそく本に書いてあったとおり、雄花の花粉を人工授粉させてやりました。めしべにいっぱい花粉がついたので、受粉は成功したと思われます。^^

夕方には若干実が伸びました。多分、これは成功です。うまく行かなくてもこの大きさなら十分調理に耐えます。う~~ん、でもなんだか食べるのがもったいない気もします。^^;
c0055363_17583423.jpg
by nonohana303 | 2005-06-22 18:18 | ガーデニング | Comments(4)

発酵は常温で・・・

西日本は入梅と同時に雨が降りません。特に私の住む町倉敷では「入梅した模様」と発表があって以来全く降っていません。正確には発表のあった時は降っていました。
という訳で、梅雨のじめじめを未だ経験せずに今日は最高気温が32度になりました。

c0055363_2048495.jpg暑い、暑いと言ってばかりでは6月から夏に負けたことになります。この暑さを利用しないわけには行きません。
今日のパン作り、1次発酵は室内の常温で、2次発酵は陽が落ちかけた屋外の軒下でしました。室内は28℃~29℃、軒下は30℃~31℃でした。パン作りには最適の温度です。家庭用の発酵器は便利ですが、入れる場所によって微妙に温度が違います。
c0055363_20522331.jpgですが、蒸し暑い室内は気温が一定しています。
湿度が少ない以外はまるでプロのホイロ(醗酵室)状態です。^^
パンケースの左奥にレンガが見えますか?あれが念願の石窯(製作中)です。製作者の庭師さんの話では6月中には完成予定です。実際に窯を使えるようになるのはもう少し後になりますが、我が家の石窯でパンができる日もそう遠くはなさそうです。
ガスオーブンで焼いたパンよりおいしいのができるのかな?日毎にレンガが高く積まれる度に、ワクワク度が増しています♪♪♪
by nonohana303 | 2005-06-20 21:02 | パンの話 | Comments(9)

夏椿

家の夏椿が咲き始めました。梅雨時のうっとおしさを忘れさせてくれる、清楚な白い花が大好きです。
c0055363_12191580.jpg実は家を建てるときに、門の前のシンボルツリーはこの花と決めていました。ところが庭師さんに相談すると「夏椿はほどほどの大きさの木は移植が難しい」との理由で却下されました。それで以前に話題にした「山法師」にしたのです。
でも、夏椿のことが諦め切れなくて「移植が難しいのなら苗木から育てよう」と思い、生協の共同購入のカタログで取り寄せた30cmほどの苗木を鉢植えにして育てました。家が建ってから玄関脇にそっと移植して、数年前から花をつけ始めました♪
この木は別名「沙羅の木」と言い、平家物語の「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす。」にも出てくる「沙羅双樹」はこれだと思われていることがあります。本当の沙羅双樹はインド原産のフタバガキ科の植物でツバキ科の夏ツバキとは全く違うものだそうです。ただ、平家物語に語られている沙羅双樹は夏椿を指すのか?インド原産のものを指すのかは定かではありませんが・・・
c0055363_12391592.jpg夏椿に似た花で「姫沙羅」も同じ時期に咲く可愛い花です。夏椿のことを「沙羅の木」と呼ぶので、この花は夏椿に似ていて、花が小さいのでこう呼ぶようです。
夏椿に比べて地味な花ですが、花の無い時期も木姿のきれいな木で、涼しげな感じが大好きです。この木は今のところ、何所に植えようかと思案中で、数年間鉢植えのままです。それでも毎年可愛い花を咲かせて楽しませてくれる健気な木です。
by nonohana303 | 2005-06-20 12:52 | ガーデニング | Comments(6)

梅干

今まで梅干を作って、満足なものができたことがありません。それで、最近は梅干は買って食べていました。

c0055363_1936516.jpgある日、買い物に行ったスーパーで、南高梅がお買い得になっていました。見た目は結構きれいだし、作りたい虫がむずむずしてしまい、1㎏を一袋買ってしまいました。1㎏ならうまく行かなくても後悔はしない量です。^^;
2日ほど黄色く熟れるのを待って、塩漬けにしました。今回も「NHK今日の料理」のレシピですることに・・・  塩と少しの砂糖を使って漬ける方法です。
c0055363_19473917.jpgビニール袋に梅、塩と砂糖を合わせたものを交互に入れて、袋をねじりお皿をのせます。梅の倍量の重さの重石をして梅酢が上がるのを待ちます。今回の重石はガラスの容器に水を入れました。梅酢がしっかり出て重石をする必要が無くなったら、この容器に梅を入れる予定です。
昨日漬けて、今日は大分梅酢が出てきました。
さて、うまく行くでしょうか?ドキドキ
by nonohana303 | 2005-06-17 19:56 | 手作り保存食 | Comments(10)

あんず

有機無農薬で作物を作っている、お隣の畑で生った杏をいただきました。

c0055363_033341.jpg色はきれいですが、まだ熟れていません。木で熟れるまで待っていたら、夜のうちに盗まれたことがあるそうです。それで、それからは未熟なうちに採ることにしているそうです。許せない話ですよね。趣味で作っている作物を盗るなんて、いったい誰?!
杏は生で食べるのはかなりすっぱいらしいので、ジャム、シロップ漬けetc.、何にしようかと思案中です。疲労回復、美肌にも効果があるそうです。うふふ、た・の・し・み♪
by nonohana303 | 2005-06-13 00:42 | Comments(6)

食いしん坊で、作ることも大好き!気まぐれtampopoが倉敷より美味しいものetc.を レポートします。


by nonohana303
プロフィールを見る
画像一覧