カテゴリ:野のはな工房( 137 )

ひび割れパンとチョコパン

c0055363_10521095.jpg野のはな工房2月のMonthly menu、タイガーロールです。表面のひび割れがトラの模様に見えるところからついた名前です。ダッチタイガーとも呼ばれています。ダッチはオランダのこと、オランダが発祥とも言われていますが、オランダに行って出会うかどうかは定かではありません。
由来はともかく、セミハードの生地に米粉で作った生地を塗って焼くc0055363_10531737.jpgと、ひび割れておせんべいのような食感になります。外のバリッと感と中のしっとり感が癖になります。
Monthly、もう一つのメニューはチョコレートロール。チョコ味の生地にチョコチップと自家製オレンジピールを巻き込みました。2月はバレンタインの月、講習はバレンタインデー以降にありますが、バレンタインに敬意を払って木の葉模様でお洒c0055363_10534171.jpg落にしました。

断面はこんな感じです。
チョコレートのビターな甘さは、寒い季節にぴったりです。冷めてももちろん美味しいけれど、出来立ては温かくてふんわり、お口の中に幸せが広がります♪

野のはな工房2月のMonhly menuは、今現在空席があります。また、新たな日程も受け付けています。お申し込みは教室ブログをクリックして下さい。
Regular classはクロワッサンと大地の恵みです。こちらも空席、日程に余裕があります。
お申込み、お待ちしています。

by nonohana303 | 2012-02-02 11:29 | 野のはな工房 | Comments(2)

雨の石窯体験

5月と言えば、爽やかな季節なので、Regular classの石窯体験は毎年5月と決めています。それが、記録的に早い梅雨入りで、今年は雨の中の石窯体験になりました。
c0055363_1853539.jpgそれでも朝のうちは小雨で、なんとかウッドデッキにある石窯に火を入れました。雨続きだったので、火の勢いを心配しましたが、順調に燃えてくれました。
(ルミックスで撮った炎はやっぱりきれい!)
c0055363_1854227.jpg石窯ピザを数種類・・・。
まずは1人サイズのピッツァマルゲリータ。
c0055363_18544329.jpgお次はサラダピザ。ベビーリーフにルッコラ、庭のリーフレタスもミックスして、生ハムをのせて、さっぱりピザ。これもまた美味し・・・。
c0055363_18571874.jpg前日にハチクの筍をいただいたので、和風の海苔ピザに筍をプラスしてみました。醤油ベースに海苔に筍、チーズの組み合わせは合わない訳ありません。
他にタルトフランベ、フルーツピッツァ、クランブルケーキでお腹はいっぱい!
c0055363_18555566.jpgお腹いっぱいでも、最後に焼いたパン・ド・カンパーニュも当然試食して、もうこれ以上は無理!^^

雨の中の石窯体験、無事終了です。
by nonohana303 | 2011-05-30 18:58 | 野のはな工房 | Comments(2)

「カラダ・ココロ・キレイ@岡山-FiTs 」に紹介されました

c0055363_1133512.jpg4月25日発行、(株)KG情報出版の女性向けの情報誌カラダ・ココロ・キレイ@岡山-FiTs 5・6月号に、“野のはな工房パン教室”が紹介されました。
掲載されているのは「FiTsオススメ女子力UP」の「パン教室へ行こう!」のコーナー、「隠れ家パン教室ガイド」P55です。c0055363_11105184.jpg 










もっと小さく扱われるのかと思っていましたが、予想より大きく、素敵に編集されています。
画像では文字がよく見えませんので、岡山、備後地方の方は書店で見てください。他のコーナーも、とても興味深い内容がいっぱいですので、是非お買い求めください。
FiTs編集部の皆さま、お世話になりました。
by nonohana303 | 2011-04-26 11:24 | 野のはな工房 | Comments(2)

Regular class

c0055363_21473442.jpg土曜日に引き続きRegular classもスタートしました。Regular classが始まって3年目、今年も同じメニューでやっていきます。
1月のメニューは、「ブリオッシュ・デ・ロワ」と「ハイジの白パン」です。ブリオッシュ・デ・ロワは試食用にカットしてから撮影したので、切り目が・・・。^^;
フェーブが歯にコツンと当たった人は、今日の王女様。王冠を被って記念撮影しました。c0055363_21475990.jpg

ハイジの白パンは、しっとりもっちり、柔らかくできました。低温で焼いているから白くてこの食感になります。同じ生地でも、成形、大きさ、焼き方で違うパンになります。この生地、他に何ができるかしら?食パン、マフィンは間違い無し!
白いクリームパン、ミルクスプレッドも合うはず!残った白パンで、明日の朝はミルクスプレッドでも挟んで見ましょうか?^^
by nonohana303 | 2011-01-17 22:10 | 野のはな工房 | Comments(0)

本日、初日です

今日は今年になって初めてのパン教室です。今年から新たに設けたMonthly menuの初回は「ババ・オ・ラムと全粒粉のクッペ」です。
c0055363_2343563.jpgババは「是非教えて欲しい」との声に応えました。ババ・オ・ラムは昔々フランスロレーヌ地方の王様が、クグロフに甘いお酒を掛けて食べたのが始まりで、その時王様が読んでいたのがアリババだったことから「ババ」と名付けられたそうです。もっと深い意味があるのかと思いきや、意外に安易なネーミングなんですね。
ブリオッシュにラム酒入りのシロップを含ませたもので、パンと言うよりお菓子だからか、数あるパンのレシピ本にほとんど作り方が載っていません。そういえば、プロのパン屋さんにも習った事がありません。私がパン作りをはじめた頃に1度だけ習ったレシピを頼りに、試行錯誤の結果、今回のレシピが出来上がりました。生徒さんのほとんどが車なので、ラム酒たっぷりのシロップにはできません。今回は極限までラム酒を控えました。ラム酒をもっと利かしたい方は、家でたっぷり使って作ってくださいね。
c0055363_235462.jpg全粒粉のクッペは、名前の通り全粒粉入りのクッペ形のパンです。コンベックでもクープの開く蒸気焼成、蒸気が使えないオーブンでもクープの開く方法も一緒に勉強しました。今日の全粒粉は、オーサワジャパンの石臼引きの完全粉です。ふすまが沢山入った石臼挽きの粉は、香ばしく焼きあがり美味しいので、以前から良く使っています。
ランチメニューは「白菜とりんごのサラダ」と「れんこんとしょうがのスープ」です。旬の素材を使った献立は季節の作った旨みがあります。美味しいものを作っていただける時間と、美味しい素材を提供してくれる自然に感謝です。
by nonohana303 | 2011-01-15 23:49 | 野のはな工房 | Comments(0)

9月の新しいメニュー

長い夏休みもそろそろ終わり、今週末から9月の教室が始まります。
c0055363_18222315.jpg今月の新しいメニューは「南イタリア風フォカッチャ」に「ケークサレ」です。南イタリア風フォカッチャとは、平たく伸ばした生地に野菜をトッピングして焼いたもの。6年前の秋、南イタリアのパンの村“アルタムーラ”で出会ったフォカッチャを思い出して作りました。アルタムーラのパン屋さんの厨房で、陽気なおじさんたちがダイナミックに作っていたのは、もっと沢山トマトを使っていたかも知れc0055363_1823587.jpgません。
あの時撮った写真のCDが壊れて、画像を見ることができませんが、記憶ではまだ赤く熟れていない青っぽいトマトを使っていました。オリーブオイルも缶から直接ドボドボと注いで・・・。焼きあがったパンを、これまたダイナミックにカットして勧めてくれたのを思い出します。トマトとオリーブのものはよく有りそうですが、ポテトをスライスしたものが印象的で作ってみました。
c0055363_1829823.jpgケークサレは塩味のパウンドケーキ。よく見掛けるのはベーキングパウダーで膨らませたものですが、これは発酵させて作ったものです。キク姉さんの勉強会で教えてもらったものを、ホシノ酵母で作ってみました。しっとりと食べやすく、家族の評判も上々です。こねる手間が少なく、発酵も早い、この時期なら朝寝起きに混ぜたら、ランチに食べられます。
by nonohana303 | 2010-09-09 18:26 | 野のはな工房 | Comments(4)

6月の講座、終了しました。

野のはな工房、6月の講座は昨日で終了しました。
6月のRegular classのメニューは、「森の恵み&グラハム食パン」です。森の恵みは、カンパーニュの生地に森の小動物が大好きそうな、クルミ、ひまわりの種、かぼちゃの種、レーズン、カレンツ、がどっさり混ぜ込んであります。グラハム食パンは、全粒粉入りの食パンです。全粒粉が入るとパサつきがちですが、しっとりふんわり出来る製法で作ります。ランチメニューは「ハーブ焼きチキンのサラダ&根菜の豆乳スープ」です。c0055363_14101590.jpgc0055363_1410346.jpg
c0055363_14145816.jpgc0055363_14152915.jpg
Request classは、「カレーパン&かぼちゃの格子パン」と「プルマンブレッド&ベーコンエピ」です。カレーパンとかぼちゃの格子パンの組み合わせは、以前のレシピのリクエストでした。夏にカレーは良く合います。格子パンはフライパンで焼くので、部屋の温度が上がらない夏向きの組み合わせです。
「プルマンブレッド&ベーコンエピ」は以前にもあったメニューですが、今回は「ホシノ酵母で・・・。」のリクエストに応え、配合や製法を変えて作りました。ホシノで作るパンは、シンプルな配合がとても合います。c0055363_14212150.jpgc0055363_14203274.jpg
c0055363_14373238.jpgc0055363_1438641.jpg
ランチのスープはどちらのメニューも「ビシソワーズ」。プルマン&エピには、庭のプランターのルッコラとベビーレタスで「イタリアンサラダ」にしました。
c0055363_1425479.jpgc0055363_14244520.jpg

梅雨真っ盛り、湿度は絶好調!オーブン2台に火がついていると、冬でも暖房が要らないくらいなのに、昨日の教室はなかなか過酷な状況でした。来月もオーブンを使うメニュー満載です。
野のはな工房では8月は夏休みにさせていただいています。受講生のみなさん、もう1ヶ月、夏のパン作りを楽しみながら頑張りましょうね~♪

7月の講座、各classともに空席がございます。
プルマンブレッドとエピは、再登場いたします。
受講を希望される方は、3日前のp.m6:00までに、ご連絡をお願いします。
教室のスケジュールは教室ブログをご覧ください

by nonohana303 | 2010-06-27 14:48 | 野のはな工房 | Comments(2)

石窯講習、終了しました。

5月のメニュー「石窯体験」、日程の関係で6月にずれ込んで、本日終了しました。今日に決めたものの、例年なら梅雨入りの頃、雨や蒸し暑さが気になりましたが、気温は高いもののからっとしたお天気で、気持ちよく戸外で食事ができてヤレヤレです。
c0055363_20573061.jpg今日のフルーツピッツァは、季節のダークチェリーで・・・。先日かっぱ橋で見付けたオリーブの種抜きが役立ちました。ダークチェリーは、朝のフルーツと思って購入しましたが、甘いものとそうでないものが有り、生でいただくのは少し物足りない感じ・・・。c0055363_2114316.jpg




シナモンシュガーを振りかけて石窯で焼くと、これがなかなかなお味です。バナナは何と組み合わせても間違いありません。何時ものカンパーニュ、今日のクープは木の葉模様で・・・。石窯と蒸気効果で、香ばしく美味しく焼きあがりました。
by nonohana303 | 2010-06-10 21:05 | 野のはな工房 | Comments(0)

5月の野のはな工房

c0055363_11551164.jpg野のはな工房、5月の講習は土曜日で終了しました。
今月のメインはこの季節限定の石窯体験です。初日は久々の火入れで、薪の燃え具合が気になりましたが、爽やかなお天気で、気持ちよく燃えてくれました。2回目は前日からの風雨でどうなることかと心配しましたが、ピザが焼きあがる頃には日も差し始めました。c0055363_124269.jpg


2日とも窯の前でピザを楽しむことができて良かった~♪
2時間ほど薪を燃やし続けて、まずはピッツァマルゲリータの投入です。今年は小さい楕円のものを1人1枚ずつにしてみました。
c0055363_11554098.jpg

大きいものを切り分けるより、熱々を食べられるので、これは大成功です。
次はサラダピッツァ。トマトソースとチーズをトッピングして焼き、c0055363_11562670.jpgベビーリーフに生ハム、




お好みで、粗塩と粗引き胡椒、オリーブオイルを廻しかけます。
タルトフランベはピザではありません。フランスのアルザス地方の郷土料理です。c0055363_11564264.jpg


薄く延ばしたパン生地にフロマージュブラン、スライス玉ネギとベーコンを散らして、軽く焼き上げます。教室ではピザと同じ生地に、手に入りやすいサワークリームを使います。焼き上げ時間はピザの半分くらいで柔らかく仕上げ、切ったものをクルクルとクレープのように巻いていただきます。c0055363_1233493.jpg

最後はデザートピッツァ、マスカルポーネに好みのフルーツ、シナモンシュガー、あればブルーチーズを散らして焼きます。小夏とバナナも良いコラボでした。
窯の温度が250℃くらいに下がったら、カンパーニュを投入・・・。c0055363_21465241.jpg



スチームをしっかり入れたら、きれいな焼き上がりになりました。ピザと違って、仕上げ発酵の終了と窯の温度のタイミングが合わないと、うまく行きません。何時もこれがドキドキです。c0055363_2153826.jpg



Request classは「ライ麦パン&チョコレートブリオッシュ」です。
ホシノ酵母で作るライ麦パン、ライサワーを使わなくても、美味しくできます。全ての工程のタイミングにもよりますが、フランスパンよりクープも開き易くて、嬉しくなります。
c0055363_2214149.jpg




チョコレートブリオッシュは間違いない味。
ココアパウダーは最後の手持ちのバローナ製でした。美味しいに決まっています♪
by nonohana303 | 2010-05-31 22:10 | 野のはな工房 | Comments(0)

4月の野のはな工房

寒い日が多かった今年の4月、日によって変わる気温に一喜一憂しながら、今月も全講座が終了しました。
Regular classは「簡単マフィン&ベルギーワッフル」 、ランチメニューは、マフィンサンドに押し麦のスープ。マフィンサンドにはタコミンチとサルサソースでメキシコ風にしてみました。季節の先取りが早すぎた感ありですが・・・。c0055363_14345153.jpgc0055363_14364688.jpg

Requestは「桜カンパーニュ&パン・トラディショネル、又は全粒粉のバターロール」です。
カンパーニュはガスのコンベクションオーブンでもいい感じに焼けますが、フランスパンはなかなかどうして・・・。一人1本は勉強したいので、一度に何本もコンベックに入れることになりました。やはり場所によってクープの開き方がまばらに・・・。c0055363_14414536.jpgc0055363_14423298.jpg

見た目はともかく、美味しく出来上がって一安心です。クープの開き方、エッジの立ち方は蒸気の力が大!パン生地が、オーブンのどこに入ったかで明らかに違いが出ました。全粒粉のバターロールでは、冷蔵発酵の便利さを勉強。しっとり肌理の細かいバターロールができました。c0055363_14432647.jpgc0055363_14443022.jpg
ランチメニューは、新玉ネギと新じゃがのサラダに、塩豚とヒヨコ豆のスープです。春らしい味にほっこり♪c0055363_14441352.jpgc0055363_1445487.jpg

家庭で作るフランスパン、国産小麦でも、ホシノ酵母でも、コンベックでも、きちんとポイントを押さえればちゃんと焼ける方法があります。お店の見た目にには適わないかも知れませんが、味は絶対美味しくできます。そんなところが家庭製パンの良さだと思っています。まだまだ上を目指して行きますので、みなさん、付いて来てくださいね。^^
by nonohana303 | 2010-04-30 22:08 | 野のはな工房 | Comments(2)

食いしん坊で、作ることも大好き!気まぐれtampopoが倉敷より美味しいものetc.を レポートします。


by nonohana303
プロフィールを見る
画像一覧