カテゴリ:野のはな工房( 137 )

野のはな工房・5月のメニュー

野のはな工房・5月のメニューです。
Monthly menu は、“黒米ベーグル”と“マサラチャイブレッド”です。
黒米ベーグルは、その名の通り黒米の入った生地で作ったベーグルです。ホシノ酵母と国産小麦に黒米が合わされば、間違いなく和ベーグル。もっちり感がたまりません。
c0055363_14194722.jpg
c0055363_14202345.jpg
マサラチャイブレッドは、スパイシーなマサラチャイをイメージして作りました。香り高いスパイスと紅茶の入った生地にハニージンジャーを巻き込んで・・・。紅茶にもコーヒーにも合うイースト菓子です。こちらはリクエストのあったパネトーネマザーを酵母に使い、短時間でふんわり優しい香りに仕上げています。
c0055363_14243879.jpg

野のはな工房では5月の募集を開始しました。Monthly menu以外にも“石窯体験”もご用意しています。薫風を感じながら、庭でピザを焼いてプチアウトドアーを体験します。
空きのある日程以外にも、2名からご希望の日程で開講します。日程はご相談に応じます。
とりあえず1名という方もご連絡ください。ご希望に応じられない場合もありますが、日程調整をいたします。

パン教室については、教室ブログ「国産小麦と天然酵母の野のはな工房パン教室」をご覧ください。
by nonohana303 | 2015-04-14 14:38 | 野のはな工房 | Comments(0)

今月のランチ

3月Monthly menuの塩パンはパニーニで・・・。フィリングは、春らしい材料にしました。
パニーニはイタリアのサンドイッチ。日本でよく知られているプレスして焼いたものは、焼いたパニーニです。
塩パンは、チャバタ風のパンに仕上がったので、今回のサンドイッチは春らしいパニーニにしてみました。菜の花と桜の塩漬け、和風の材料なのにイタリアンなパンによく合います♪
c0055363_14254757.jpg
おまけの話、イタリアのS・Aでパニーニを注文した時のことです。私がパンに具材をサンドした物を指して唯一知っているイタリア語で「ウノ」と言うと、「ホッター?」と聞かれました。ホッターとは多分英語の表現だと思います。私が「ホッター」と言うと、パニーニプレスで焼いてくれました。ホッターでない場合は、冷蔵ケースから出したままだったのでしょうか?多分そうなのだと思います。何しろ初めて行ったイタリアで、イタリア人との初めての会話でしたので、それ以上のことはわかりません。^^;
因みに本場イタリアでは焼いたものも焼かないものも、具材をサンドしたパンを単数形でパニーノと言うそうです。


別バージョンで・・・
by nonohana303 | 2015-03-05 18:09 | 野のはな工房 | Comments(0)

野のはな工房・4月のメニュー

4月の野のはな工房monthly menuです。
“いちご香るファンデュ”“季節のオレンジ”
オレンジを使った菓子パン、ちょっとデザインを変えてリニューアルしました。今回のフィリングは伊予柑を使いました。編み込んだ隙間からオレンジが見えて、オレンジのパンらしくなりました。
c0055363_17245255.jpg
みかんの形も作ってみました。
c0055363_17243050.jpg
いちご香るファンデュは、教室でリクエストのあったイチゴ酵母で・・・。
ハイジの白パンのイチゴバージョンです。酵母だけでなくいちごの香りを精一杯出して、ほんのりピンクの双子パンができました。ファンデュとはフランス語で割れたという意味だそうです。
c0055363_17254023.jpg
こちらは本日のおまけパン。同じ生地で、いちご大福あんぱんを作りました。
c0055363_17265360.jpg
フリーズドライいちごと求肥を入れるのは、太田幸子さんの“自家製酵母で作るワンランク上のスイーツ系パン”を参考にしました。
c0055363_1726110.jpg
いちご大福は講習メニューではありません。
by nonohana303 | 2015-03-03 20:31 | 野のはな工房 | Comments(0)

野のはな工房・3月のメニュー

3月の野のはな工房 Monthly menu です。
今回は、ソフトプレッツェルと塩パンです。どちらもホシノ酵母で・・・。
プレッツェルはドイツ発祥のパンですが、ソフトプレッツェルはアメリカンなパンです。プリッツの語源になったプレッツェルは、カリカリに焼き上げますが、こちらはソフトな食感です。ソフトと言ってもふわふわではなく、歯ごたえはしっかり目です。トッピングによってスイーツにもビールのお供にも・・・。
c0055363_12595079.jpg
塩パンは、チャバタのようなフォカッチャのようなイタリアを思わせる塩味のパン。水分多めで扱い難いパンですが、出来上がりは満足間違いなしです!
c0055363_130390.jpg
切り口は穴開きでフランスパンのようですが、食感はソフトで日本人好みです。サンドイッチにももちろん、スライスしてカリカリにトーストしても美味しいパンです♪
c0055363_1301536.jpg

野のはな工房パン教室、3月の募集をしています。受講ご希望の方は、教室ブログからお申込みをお願いいたします。





by nonohana303 | 2015-02-18 13:38 | 野のはな工房 | Comments(0)

野のはな工房・2月のメニュー

2月の野のはな工房・Monthly menuです。
今回は、欧風パン2種類になりました。
いつものホシノ酵母で、“パン・オ・フィグ”。 フィグは無花果のこと、ドライフィグの入ったハード系のパンです。無花果の形に成形したら、ちょっと可愛い♪
ホシノの数種類の酵母にはそれぞれ特徴があり、それに向いたパンの種類があります。今回は、欧風パンなので、酵母もハード系に向いたものにしました。生地作りにも少し工夫を加えて、作業効率とうま味の出し方を提案します。。
c0055363_14181112.jpg
こちらは自家製レーズン酵母で“パン・ヴィエノワ”。 ヴィエノワはウイーンのとかウイーン風と言う意味です。一説には1840年頃パリのオーストリア大使館員が、粉事情が良くない当時のフランスのパンにうんざりして、ハンガリーから取り寄せた粉を使って作らせたのが始まりとか・・・。
卵もバターも使い、食感も味もソフトな食事用のパンです。レッスンでは、ランチにヴィエノワサンド、デザートにミルククリームを挟んで試食していただきます。何も挟まなくてももちろん美味しいパンです。
c0055363_14165458.jpg
野のはな工房パン教室、2月の講習は今現在(1/27)、若干の空きへのお申込みと、新たな日程の募集を受け付けています。受講ご希望の方は、お早めにご連絡をお願いいたします。 
by nonohana303 | 2015-01-27 14:53 | 野のはな工房 | Comments(0)

天然生活に・・・

私の好きな雑誌「天然生活」9月号の特集は、「ごちそうトースト 満足サンドイッチ」です。今回こちらに野のはな工房パン教室の案内を掲載させていただきました。7/19発売です。良かったら、見てください。アイデアいっぱいのサンドイッチやトーストの食べ方、その他興味深い記事がいっぱいです!
パン教室の紹介は、84ページ「暮らしのかたち」に出ています。
野のはな工房パン教室では、掲載させていただいた記念に、今年は夏休みを返上して「夏の体験教室」を開催いたします。詳細は教室案内ブログを見てください。
c0055363_2314353.jpg

by nonohana303 | 2014-07-18 08:32 | 野のはな工房 | Comments(2)

エッグベネディクト

6月の野のはな工房のメニューのひとつ、イングリッシュマフィンで作る「エッグベネディクト」です。
c0055363_1102728.jpg
イングリッシュマフィンはイギリス生まれのパン、エッグベネディクトはアメリカ生まれの食べ方です。何時頃から話題になりはじめたのか?よく分かりませんが、気がつけばブームになっていました。
6月のクラスで私、「イングリッシュマフィンはアメリカ生まれ!」と豪語いたしました。それは誤りで、アメリカ生まれのケーキのようなマフィンと差別化するために、アメリカではイングリッシュマフィンと呼ぶそうです。これが本当です。嘘をついて申し訳ありませんでした。^^;
と気を取り直して、ランチメニューのエッグベネディクト、なかなかのものでしたよ♪
オランデーズソースは、本格的に作ると、かなりのカロリー!手間も少し軽減できる簡単なんちゃってオランデーズソースにいたしました。それでも十分美味しいソースが出来上がり、喜んでいただきました。本格的と言えば、普通は半分にカットしたイングリッシュマフィンふたつにベーコンとポーチドエッグを置いていただきます。今回は片方だけにして、ポーチドエッグから流れ出る黄身をプレーンなマフィンに付けながら・・・。これはグッドアイデアでした。私だけの自己満足ではない事を祈ります。 
by nonohana303 | 2014-07-03 11:46 | 野のはな工房 | Comments(0)

2月のMonthly menu

野のはな工房2月のMonthlyは“中華まん&プチカール・オランジェショコラ」でした。
中華まんは、豚まんとバーガーで・・・。豚まんは私の好きな551蓬莱に近い味と食感にしています。以前、家の近くにあった喜久屋さんのも好きでした。店主の体調が原因でお店を閉じて、幻の味になりました。
c0055363_100871.jpg
豚バラとタマネギだけで作った肉あんは、ジューシーです。
c0055363_1213324.jpg
バーガーと花巻に成形したものは、角煮まん風に手作りの煮豚で・・・。甜麺醤もネットで調べて手作りしました。これが予想以上に美味しい♪ 難しいことは無いのに市販品に劣らないお味で、急遽講習でレシピを披露しました。
c0055363_1002976.jpg
プチカール・オランジェショコラは、ヨーグルト酵母で・・・。ヨーグルト酵母は肌理が細かくしっとりと仕上がります。出来立てのネーブルピールとチョコチップを巻き込んで、生地との相性は抜群です。教室の最後に試食する甘いパンは、幸せな味がします。
c0055363_1005358.jpg


甜麺醤の作り方
by nonohana303 | 2014-02-27 11:14 | 野のはな工房 | Comments(0)

ネーブルピール講習

パン友のキク姉さんに教えていただいたネーブルピール、一度使い始めたら市販のオレンジピールに戻ることはできません。ネーブルは香りが高く、材料を吟味し、お砂糖の量も減らし、絶品私流ピールが出来上がります。
教室でも市販のものは使わないので、希望者に作り方の講習をしました。
できたものはチャック袋に平たく入れて、すぐに使わないものは冷凍して1年間使います。
c0055363_11561068.jpg
ピールを作ると果肉がたくさん出ます。普通はこちら目的なのに、余り物扱いは気の毒です。無茶々園のネーブルは、極力農薬を使わないので見かけが今一・・・。ですが、果肉は甘くて普通のネーブルより俄然美味しいのです!講習ではデザートにクレープシュゼットを作っていただきました。想像以上の美味しさに参加者から絶賛の声が上がりました。素材の良さが作った美味しさです。無茶々園さん、ありがとう!
c0055363_11564435.jpg
講習のランチは“ビーフストロガノフ” こちらはオレンジを使っていません。
いつものパン教室では登場しないご飯もので、休憩しました♪
c0055363_11562443.jpg

by nonohana303 | 2014-02-18 22:53 | 野のはな工房 | Comments(2)

1月のMonthly menu

年明け初めてのMonthly menuは、“パン・ド・カンパーニュとクグロフ・ド・ショコラ”でした。ハード系のパンの人気は高く、カンパーニュも家のオーブンで是非焼きたいと、皆さん言われて、熱心に勉強されました。
c0055363_17210848.jpg

カンパーニュが第一の目的だった生徒さんも、クグロフ・ド・ショコラを一口頬張ると、満面の笑みになります♪
c0055363_17212754.jpg

ランチは、“野菜たっぷりチャウダーと大根サラダ”です。カンパーニュに美味しいオリーブオイルとフルール・ド・セルを付けながらいただいたら、幸せが溢れます。
c0055363_17215581.jpg

2月のMonthly menuは、“中華まん&プチカール・オランジェショコラ”です。受講を希望される方は、教室ブログ・今後のスケジュールをご覧になってください。今現在決まっている日程は満席ですが、2名から新たな日程も募集しています。日程はご相談の上、決めさせていただきます。
by nonohana303 | 2014-01-31 12:45 | 野のはな工房 | Comments(0)

食いしん坊で、作ることも大好き!気まぐれtampopoが倉敷より美味しいものetc.を レポートします。


by nonohana303