おいしいもの大好き♪ nonohana30.exblog.jp

食いしん坊で、作ることも大好き!気まぐれtampopoが倉敷より美味しいものetc.を レポートします。


by nonohana303
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:野のはな工房( 144 )

6,7月のもう一つのメニュー「ナン&クルミのリングパン」の教室の様子です。
c0055363_1717482.jpgこの組み合わせはちょうど昨年の7月にもしたメニューです。この時期になると部屋の温度を上げるガスオーブンを極力使わないメニューを題材に取り入れます。私がしたくないことはきっと教室に通う人もしたくないことだと思うのです。もしかしたら、すごい根性で「部屋の温度が上がってもオーブンで焼いたパンが作りたい」と言う方も中には居るとは思うのですが、大抵の人は私と一緒で「楽においしいパンを作りたい」と希望していると思うのです。
c0055363_17272560.jpg
そこで今月はフライパンで焼くパンが2種類です。ナンはフライパンとオーブンとで焼く方法で作ったので、ほんの少しオーブンを使いました。でも焼く時間は6分程なので、部屋の温度はそれほど上昇しません。クルミ入りリングパンは丸いドーナツ状に焼くパンですが、成形途中でハートの形になりかけたので、生徒さんのリクエストでハートの形にしました。ちょっといびつですが、ハートに見えますか?きれいでないところが素朴で優しいと自画自賛しているのですが・・・。^^

More 教室の後で・・・
by nonohana303 | 2006-07-11 17:52 | 野のはな工房 | Comments(0)
6月と7月の「野のはな工房・パン教室」は、私の都合で1週間旅行に出たため、変則的に2ヶ月同じメニューで行っています。「ベーグル」と「ナン&クルミのリングパン」の2コースです。
今日はベーグルコースの様子を紹介します。
ベーグルは水分も酵母も少なく硬い生地を、さらに発酵回数も1回、焼く前にお鍋で茹でて、とにかく硬くて歯ごたえのあるパンにするようにして作ります。普通の日本人好みのふんわりパンとは反対のことばかりします。そのため、私が何時もしている機械捏ねでは生地作りが難しいので、手捏ねで作ります。
教室ではプレーン生地は一人で最初から最後まで作り、自分の作ったベーグルを試食します。アレンジベーグル2種類は手分けして作りますが、これも材料の計量から焼き上げまで責任を持って作り上げます。
c0055363_1024683.jpgc0055363_10243365.jpgc0055363_10245742.jpg






出来上がったプレーンベーグルにクリームチーズ、スモークサーモン、レタスにケーパーなど、好みのものを挟んでランチします。今月は夏らしくガスパチョをスープメニューにしました。
ベーグルをピカピカ滑らかな出来上がりにするには捏ねがキーポイントです。これを極めるにはかなりな回数を要します。私もベーグル専門ではないので、極めたとは言えないかもしれません。でも、自分で作った達成感は100%以上!ちょっとざらついた出来上がりになったり、作業に苦戦した人も「家で作ってみます♪」と満足げにやる気を見せてくれます。
生徒さんの輝く瞳は私にとって何よりの喜びです♪^^
by nonohana303 | 2006-06-29 10:35 | 野のはな工房 | Comments(12)
c0055363_21592216.jpg
今月のパン教室は「石窯体験」です。
石窯の火が燃えて、窯の内側の煤が切れ、レンガの表面が現れたら、窯が使えるお知らせです。
まず一番温度が高い時にピザを焼きます。



c0055363_2155087.jpgc0055363_21561144.jpg






c0055363_21565451.jpgピザが数枚焼けたらホッと一息。
今日で3回目の石窯体験、雨の日もありましたが、ピザを食べる間は何とかウッドデッキでランチができました。
c0055363_2255222.jpg


今日は晴れてとっても気持ちが良かったので、暫く外の空気を楽しみました♪
窯の温度がパンを焼く温度になるまでデザートの「焼きかぼちゃ」と「りんごのクランブル」を焼きます。そして200℃くらいになったらカンパーニュを投入します。
c0055363_22142720.jpgc0055363_22145344.jpgc0055363_22152117.jpg






窯の調子は日によって微妙に変わります。それは天候だったり、薪の乾燥具合、前回窯を何時使ったか?、薪の投入の仕方、エトセトラetc.
完璧に窯を使いこなせるようになるにはまだまだ修行が足りないようですが、どのメニューもちゃんとできて一安心です。参加者も満足してくれたようでさらに一安心です。^^
by nonohana303 | 2006-04-17 22:32 | 野のはな工房 | Comments(2)
今月のパン教室、Bコースの様子です。

パンのメニューは左から 野菜入り蒸しパン、ろうまん、パタータ、です。
c0055363_1522135.jpgc0055363_15223120.jpgc0055363_15225097.jpg






野菜入り蒸しパンとろうまんは同じ生地で作っています。野菜はかぼちゃとさつま芋入り。ろうまんは黒豆入りです。パタータはイタリア語でお芋のこと、マッシュポテト入りで形もじゃが芋です。
「ろうまん」とは、その昔「倉敷労働科学研究所」という所で、昭和初期、栄養バランスが良く、短時間で食べられる労働者の為の饅頭として作られたものだそうです。当初は「労研饅頭(ろうけんまんとう)」と言われていたようですが、私が存在を知った時には「ろうまん」になっていました。そして、今はその姿を容易に見かけることは無くなりました。当初の饅頭がどんなものだったか知りませんが、黒豆入りのシンプルな蒸しパン、ということで自分なりのレシピで作っています。 

Bコースのランチメニューは「ホタテ入り大根サラダ」と「丸麦スープ」です。
c0055363_1537882.jpgc0055363_1539473.jpgc0055363_15392066.jpg






大根サラダもAコースのコールスローと同じく、きゅうりの代わりは人参です。見た目は大根なますのようですが、人参が入ると香りも味も良くなります。マヨネーズ味なので、マイルドな味です。
最後のパンは基礎講習の「ハムロール」。基本の形を見本で作って、「後は好きな形にしてください」というと、いろいろ工夫して作ってくれます。これは切り込みを少なくして、まるでバラの花のようで可愛かったので、写真に残しました。

来月の野のはな工房パン教室は「石窯体験教室」です。石窯でピザやパン、焼き菓子などを作り、春を楽しみたいと思っています。石窯とピザ作り体験etc.ができ、初心者も安心して参加できます。詳細は本館の「野のはな通信」を見て下さい。
by nonohana303 | 2006-03-22 15:53 | 野のはな工房 | Comments(4)
今月のパン教室、昨日はBコース、本日はAコース、2日続きでありました。今月は何故かBコースに参加希望が集中し、Aコースは本日のみでした。そこで、今日はAコースの様子をご紹介します。

パンのメニューは左からお米のパン、タルトフランベ、3色餡入りお米のパンです。

c0055363_21542578.jpgc0055363_21544442.jpgc0055363_2155627.jpg






お米のパンにはリ・ファリーヌという肌理の細かい米粉が入っています。小麦粉のみで作るよりしっとりとして、お米の香りがかすかにします。お米からお団子を連想して、餡入りバージョンも作ってみました。こし餡、さくら餡、かぼちゃ餡の3色の餡で変化を付けて・・・。それぞれにトッピングも変えてみましたが、重ならないように並べたり、トッピングする時も、どの餡がどれだったか、ちょっと神経を使ってしまいました。^^;
タルトフランベはアルザスを思い出して作ってみました。ピザに似ていますが、トッピングはサワークリームベースにタマネギとベーコン、意外にあっさりしています。教室ではアルコール抜きですが、ビールのお供に最適かな~?なんて・・・

c0055363_2261146.jpgスープは春らしく「クラムチャウダー」です。今日のぽかぽか陽気も手伝って、ほんの少し春を感じました。
サラダは「コールスローサラダ」です。キャベツをベースにスライスオニオン、人参、枝豆、パセリを使いました。夏にはきゅうりも使いますが、なるべく時期のものを使うほうが自然なので、この時期はきゅうりは無くても良いことにしています。

c0055363_2263670.jpg枝豆も厳密に言うと夏ですが、豆類は季節を問わず使っても良いことに・・・。
私流のいい加減な考え方で、マクロビオティックや身土不二にこだわることはありません。ただ、季節のもの、土地で採れたものをなるべく(ですが^^;)使うように心がけることは、自然なことかな~?と思っています。
by nonohana303 | 2006-03-11 23:05 | 野のはな工房 | Comments(4)
2月のパン教室も昨日で終了しました。先月から新しいメンバーが増えた為、今月よりメニューコースを2ツに分けました。今日はBコースで作ったパンや、前回載せ切れなかった画像を紹介します。

c0055363_8141236.jpgクロワッサンと同じ生地を四角にカットし、バトンショコラを包んで焼いたパン・オ・ショコラ。
私のクロワッサンはカロリーを減らすために、折込バターをできる限り減らして作っています。
でも、食感は変わりません。出来立て熱々のパン・オ・ショコラは至福の味です♪
c0055363_8145021.jpg



端切れ利用のパンに使うつもりで出していたスライスアーモンドを、生徒さんのアイデアでパン・オ・ショコラにも使いました。ほんの少しでちょっとおしゃれになりました。^^

c0055363_816272.jpgBコースで作った「サワークリーム入りかぼちゃのミニ食パン」酵母はパネトーネマザーです。かぼちゃとサワークリーム、パネトーネマザーの組み合わせが、なんとも優しいハーモニーを奏でています。ふんわり優しい味と食感は幸せを感じる味です。出来たパンにサワークリームを少し塗って食べると、また違った美味しさに・・・。かぼちゃとサワークリームは相性が良いようです。


c0055363_8165343.jpgこちらは中華まんです。同じ生地で「豚まん」と「花巻蒸し」を作りました。国産小麦で作ると粉に腰が無いせいか、とじ目の模様が出難いのが難点です。でも、味はどの人も感動ものだったんですよ。
c0055363_8185321.jpg





豚まんの中身は三枚肉のミンチにタマネギを使っただけのシンプルなものですが、ちょっと有名な豚まんの中身に近いものができました。「有名な○○のより美味しい!」と言う感想も出て、嬉しくなってしまいました。^^                         気が付くと、こんな↑包み方をしている人が・・・。 これ、ちょっと新しい包み方、そして出来上がりも模様が残っていました。また生徒さんからアイデアをもらってしまいました。^^
by nonohana303 | 2006-03-01 16:43 | 野のはな工房 | Comments(4)
今月のパン教室Aコースは「中華まん」と「クロワッサン&パン・オ・ショコラ」です。

c0055363_23352599.jpgランチには花巻蒸しに焼き豚やレタス、白髪ネギを挟んで中華バーガーにしました。ちょうどいただいていた洋野菜のマスタードグリーンも使ったら、ピリッとマスタードの香りがして、とてもマッチした味になりました。青梗菜の塩炒めに中華風のスープを添えて軽いチャイニーズランチになりました。
c0055363_23412681.jpg



クロワッサンはとても手間隙が掛かりますが、自分で手を掛けて作った焼きたてのパリパリは幸せな香りと食感がします。同じ生地で作ったパン・オ・ショコラ、できたて熱々が食べられるのも自分で作るから・・・。オーブンから小麦とバターそしてチョコの焼ける香りが漂ってきたら、なんとも言えない幸せな気持ちになります。^^

c0055363_23455612.jpgこのパンは教室の生徒さんが今朝焼いて来てくれた、チェダーチーズ入りのミニパンです。彼女は毎朝5時半おきで朝食用のパンを焼くそうです。
しっとりと柔らかく出来たパンは「どうやって作ったの~!」と声が上がるくらい美味しかったです。こんなに美味しい出来立てパンが毎朝食べられるご家族は日本一幸せな家族です!
by nonohana303 | 2006-02-18 23:56 | 野のはな工房 | Comments(2)
今日のパン教室は「基礎講座」でした。私のパン教室では、初めて「国産小麦と天然酵母のパン作り」をされる方には、可能な限り「基礎講座」を受けていただくようにしています。
パンメニューは鍋焼きパンとテーブルロール。
c0055363_2304334.jpgオーブンが無くてもできる鍋焼きパンは、粉と酵母と水、そして塩と少しの砂糖だけで捏ねたシンプル生地で作ります。直火焼き独特の香ばしい香りがして、小麦の味がそのまま伝わる味がします。
ほとんどの方がフライパンで焼く新鮮さと、オーブンで作ったパンとの違いに感動します。今日の生徒さんも「底が硬くこげたところがフランスパンみたいで美味しい!」としみじみ味わっていました。私も何十回となく焼いてきたパンですが、その度に他のパンには無い美味しさを感じます。
c0055363_2311376.jpgテーブルロールは、たまごとバターが入った少しリッチな生地で作ります。
よくあるロールパンではなく、結びパン。1回結べばひと結び、2回3回とまわして結ぶと花びらが開いたように可愛い形になります。同じ生地でハムロールも作りました。生徒さんのアイデアで、中心にチーズを巻いたり、成型を少し変えたり・・・。成型する時はみんな楽しそうです♪

c0055363_2313067.jpg今日のランチメニューは「ポークビーンズ」と「水菜のサラダ」
ランチタイムは情報交換タイムです。初めて出会った方たち同士、すごく盛り上がる時間でも有ります。^^
帰りがけには必ず数人の方が「ああ、楽しかった!」と言ってくださいます。そう言ってもらえると私も「ああ良かった!」と思います。
「家庭で楽しく気楽にパン作り」が私の教室のモットーです。教室で楽しかったと感じてもらえれば、きっと家でも楽しく作ってくれることでしょう。(*^_^*)
by nonohana303 | 2006-02-03 23:36 | 野のはな工房 | Comments(9)
今月のパン教室のメニューは「アンデスの香り」と「リエージュワッフル」です。

c0055363_15461631.jpgランチメニューは「ゆで豚と温野菜のサラダ」と「えのき茸のかきたまスープ」。
アンデスの香りは南米アンデス原産のキヌアの実が入っています。キヌアはほうれん草と同じアカザ科の植物で、栄養価が高く健康に良い食物です。日本では穀物と同じ扱いになっていて、お米に混ぜる雑穀に入っていることがあります。アンデスの香りはキヌアを茹でてパン生地に混ぜて作ります。雑穀に似た香りと甘味があり、もちもちとした食感がおいしいパンです。
c0055363_15455498.jpgリエージュワッフルはよく言うベルギーワッフルのことです。ベルギーワッフルにはリエージュワッフルとブリュッセルワッフルがあり、日本で一時ブームになったのはリエージュワッフルの方。ブリュッセルワッフルは四角く流して焼くもので、さくさくふわふわの食感がおいしいそうです。(未体験)
リエージュワッフルの焼きたては温め直したものとは比べようが無いほど美味!癖になりそうです。^^

リエージュワッフルの画像「天然酵母で作るお菓子の本」をお持ちの方は「あれっ?」と思うかもしれません。本に使っているのと似たプレートがあったので、同じセッティング、同じアングルで撮ってみました。本と同じなんておこがましい出来ですが、これも良い体験です。常々写真はどうやったら雰囲気が出るのか、いろいろ工夫しています。センス不足なので、お料理本の画像を見るのはとても良い勉強になります。それで同じように撮って見ることも・・・ 娘が横から「真似っこしてる~」と笑っていましたが・・・^^;
by nonohana303 | 2006-01-24 16:26 | 野のはな工房 | Comments(4)
今日は野のはな工房・パン教室の日でした。今月のメニューは「クグロフ・アルザシアン」と「パン・ド・カンパーニュ」です。
c0055363_1824334.jpgクグロフは2年前のアルザスパン焼き体験旅行の時、MOFのドルフェールさん親子に教えてもらったものを、私の材料に置き換えて作ったレシピです。c0055363_18245762.jpg







カンパーニュはライ麦粉や全粒粉の入った素朴なパンです。日本語で言うと「田舎パン」ですが、都会に出た人が田舎を思って作ったパンだとか・・・ ライ麦粉や全粒粉の入る割合は作る人の好みです。パン教室では余り癖を出さずに、ライ麦粉と全粒粉の割合は控えめで作りました。

c0055363_1826165.jpg今月のランチメニューは「クリームシチュー」と「りんごとくるみのサラダ」です。今月のパンメニューは少し発酵に時間が掛かります。パンが出来るのを待つと、お腹がぺこぺこになるので、私が石窯で作ったパンを添えていただきました。パン作りの合間のひと時ですが、この時間を楽しみにしている人が多いのです。生徒さんが楽しみにしてくれるランチ、サイドメニューなのについつい力が入ってしまいます。^^
by nonohana303 | 2005-11-22 18:35 | 野のはな工房 | Comments(6)