おいしいもの大好き♪ nonohana30.exblog.jp

食いしん坊で、作ることも大好き!気まぐれtampopoが倉敷より美味しいものetc.を レポートします。


by nonohana303
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:野のはな工房( 144 )

9月の野のはな工房

9月の野のはな工房、monthly menuは"フランジャラ"と"トルコ風タトル"です。
フランジャラはトルコのパンの一種、酵母はホシノを使います。トルコでパンの総称はエキメキとか、エキメックなどと言うようです。フランジャラはソフトタイプのフランスパンのようなもので、主にサンドイッチに使うパンです。
c0055363_12291372.jpg
サバサンドはトルコ語でバルック・エキメキと言うそうです。サバサンドのことはTVなどでよく紹介されていてなんとなく知っていました。トルコ人にとってソウルフードなのかと思っていましたが、イスタンブールのガラタ橋付近で観光客相手に提供される名物ようです。 謂れは兎も角、焼いた塩サバをパンに挟んで食べると聞くと、日本人には和食のイメージが重なり少し違和感があるかもしれませんが、レタスとスライス玉ネギにフライパンで焼いた塩サバをフランジャラに挟んで、塩少々とレモン汁を掛けて頬張ります。この組み合わせ!なかなかなものです。日本人の私には丸ごと嚙り付くより、半分にカットして切り口からの方が食べ易く感じました。
c0055363_12371212.jpg
トルコ風タトルは酒種酵母で・・・。タトルとはトルコ語でデザートとかスイーツなど甘いものを指す言葉です。トルコ名産のくるみとイチジクを巻き込んで、トルコ風に甘いシロップをしみ込ませます。
c0055363_12315905.jpg
9月のmointhly menuはどちらもトルコのパンをテーマにしました。サバサンドを作ってみたくて調べましたが、トルコ風のパンの作り方を見つけるのに少々苦労しました。調べているうちに、「家庭で作れるトルコ料理・荻原恭子著」という本に出合いました。今回は萩原恭子さんのレシピを参考に、私なりにアレンジしたレシピになっています。


教室の日程はこちらをご覧ください。
新たな日程の募集をしています。




by nonohana303 | 2017-08-06 12:26 | 野のはな工房 | Comments(0)

野のはなランチ

7月の野のはな工房のランチです。
今月のお昼のパンは、"ベーコンとエダマメのカレーロール"。ランチメニューは、"ナスの冷製スープ"と"トマトのマリネ"です。
パンはカレー風味の生地でエダマメとベーコンを包んで、ちょっと可愛く結んだ成形。焼く時に蒸気を使って表面をパリッと歯切れ良く仕上げています。
ナスの冷製スープは、出来上がりから想像するよりずっと簡単でレンジでチンして作っています。トマトのマリネは、油淋鶏のタレでトマトを和えたもの。簡単シンプルで美味しいとお褒めの言葉をいただきました。
夏を意識して作ったメニュー、喜んでもらえて良かった!
c0055363_17092075.jpg

野のはな工房、今年は夏休みをいただいて次回は9月です。メニューは只今思案中です。




by nonohana303 | 2017-07-22 16:49 | 野のはな工房 | Comments(0)

7月の野のはな工房

7月の野のはな工房、monthly menuは”北欧風シナモンロール”と”ベーコンとエダマメ入りカレーロール”です。
北欧風シナモンロールは、酒種酵母で・・・
かもめ食堂でおなじみのシナモンロールはフィンランドのものです。スウェーデンにもよく似たシナモンロールがあるようですが、今回はフィンランドのコルヴァプースティーと呼ばれているものを参考にしました。北欧風のシナモンロールには生地にカルダモンが入って、シナモンに加えて甘い大人の香りがします。
c0055363_22020033.jpg
ベーコンとエダマメ入りのカレーロールは、ホシノ酵母で・・・
カレー風味の生地にベーコンとエダマメを巻き込みました。外はパリッと歯切れよくソフトハードに仕上げました。風味も味も歯ごたえも、夏のパンが出来上がりました。ビールによく合うこと請け合いです。
c0055363_22020130.jpg
一部の方にシナモンロールは新しいヨーグルト酵母でとお話ししましたが、今回は酒種酵母に変更しました。


教室の日程は野のはな工房パン教室をご覧ください。
新たな日程の募集もしています。


by nonohana303 | 2017-06-20 22:01 | 野のはな工房 | Comments(0)

5月も最後です。

今日で5月も最後、ギリギリの日程でmonthly classがありました。ベトナム風フランスパンの"バインミー"の配合は色々有ると思いますが、今回は米粉とショートニング入りの配合で作りました。本場のフランスパンより皮が薄くて軽い仕上がりです。歯切れが良くて、食べやすく、サンドイッチに向いています。今回はベトナムのサンドイッチ "バインティット"でいただきましたが、クリームを挟んでミルクフランスや、餡バターにしても美味しいと思います。受講されたみなさん、色んなものを挟んで召し上がってくださいね。
 (シャッタースピード1/13、F5.6、ISO200、WB晴天)
c0055363_18031458.jpg


by nonohana303 | 2017-05-31 17:46 | 野のはな工房 | Comments(0)

今月のmonthly class

ベトナムのフランスパン、バインミーで作った"バインティットです。手作りレバーペースト、サニーレタス、ハム、なますにアサツキとパクチー、大きくないパンにモリモリです。この組み合わせ、誰が何時編み出したのでしょう?絶妙のコラボレーションです!
c0055363_17224493.jpg

くるみパンは水の代わりに牛乳だけで捏ねました。癖のない優しい味です。
c0055363_17224437.jpg

今日は外が気持ち良かったので、最後にウッドデッキでお茶をしました。次回も雨が降りませんように・・・。
c0055363_17224440.jpg






by nonohana303 | 2017-05-27 17:20 | 野のはな工房 | Comments(0)

6月の野のはな工房

6月の野のはな工房、monthly menuは”ちょっとリッチな田舎パン”と”フルーツ・ライ・スティック”です。
ちょっとリッチな田舎パンは、酒種酵母で・・・
カンパーニュの生地にソテーした赤パプリカとプロセスチーズを巻き込んで焼きました。
c0055363_10532371.jpg
カンパーニュと同じハード系の焼き方なので、外はパリッ!でも中はしっとりリッチな味わいです。ちょっと贅沢したい日の田舎パンです。食事にも、お茶の時間にも、ワインの友にも、いろんなシーンで召し上がれるパンになりました。
c0055363_21284946.jpg
フルーツ・ライ・スティックは、ホシノ酵母で・・・
読んで字のごとくフルーツの入ったスティック状のライ麦パンです。カレンツとクランベリーがたっぷり入って、ライ麦の素朴さとドライフルーツの甘い味がいい具合に調和・・・。このパンもやはりおやつにもワインの友にもなりそうです。チーズとも相性抜群ですよ!
c0055363_17123320.jpg
切り口は、フルーツがギッシリ!
c0055363_17531279.jpg


教室の日程は野のはな工房パン教室をご覧ください。
新たな日程の募集もしています。




by nonohana303 | 2017-05-17 17:13 | 野のはな工房 | Comments(0)

5月の野のはな工房

5月の野のはな工房、monthly menuは”バインミー” と ”くるみパン”です。
バインミーは酒種酵母で・・・
バインミーはベトナムのフランスパン。ベトナムはフランス統治時代が長く、フランスパンはご当地パンとして親しまれています。
c0055363_14184570.jpg

バインミーになますやレバーペースト、ハムなどを挟んで食べるバイン・ティットはハノイでもホーチミンでも屋台の定番だそうです。
c0055363_15433975.jpg

生地の配合は色々あるようですが、今回は米粉が少し配合されたレシピにしました。米粉効果のもっちり感のある、いつものバゲットとは違うものが出来ました。いつもと違っても成形は同じなので、内層は軽く穴空きです。
c0055363_14184511.jpg

くるみパンはホシノ酵母で・・・
ローストくるみを練りこんで、シンプルなくるみ入りの生地に仕上げました。クープの入れ方でちょっと可愛い形になりました。食事にも、おやつにも、ワインと一緒にいただくも良し!癖のない味と食感がどんな場面でも生かされるパンです。
c0055363_13341382.jpg
教室の日程は野のはな工房パン教室をご覧ください。
新たな日程の募集もしています。

教室の日に時間に余裕があってお天気が良かったら、石窯のあるウッドデッキでお茶をしましょう。5月は空気が爽やかで、庭の花が1年で一番きれいです。イメージはこんな↓感じです♪

c0055363_08055277.jpg

c0055363_10085415.jpg







by nonohana303 | 2017-05-10 21:21 | 野のはな工房 | Comments(0)

4月の野のはな工房

4月の野のはな工房、monthly menuは”オニオンタルト”と”春の大福あんぱん2種”です。
オニオンタルトは試作のピザのような生地ではなく、ソフトな食感にしました。酵母はホシノ酵母で・・・。トッピングは玉ネギとベーコンをサワークリーム味に仕上げています。ブランチにもおやつにもビールの友にも、どんな場面にもよく似合います。
c0055363_16362192.jpg

春の大福あんぱん2種は、桜餡と苺を包んだこし餡の2種類です。酵母は酒種で・・・。
試作ではどちらか一つにしようと考えていましたが、どちらも捨てがたく2つ共作ることにしました。4月と言えば桜、その次には初夏の苺、過ぎ行く季節と来る季節をあんぱんに詰めてみました。
c0055363_16364835.jpg

苺大福あんぱんの断面はこんな感じです。
c0055363_163971.jpg


教室の日程は野のはな工房パン教室をご覧ください。
新たな日程の募集もしています。
by nonohana303 | 2017-03-21 17:01 | 野のはな工房 | Comments(0)

野のはな工房のお昼

2月の野のはな工房、ランチメニューは"豚肉とじゃがいものスープ煮"と"水菜と大根とアーモンドのサラダ"です。
c0055363_15192728.jpg
焼きたて食パンはスライスし難いので、縦割りに・・・。
c0055363_15252873.jpg
サラダはレモンドレッシングで・・・。
c0055363_15252805.jpg
iphonplus、使い方を教えてもらったら便利になりました。画像はほぼ編集要らずです。サイズ変更は、ブログの設定で解決しました。なかなかの優れもの!ミラーレスカメラの立場や如何に?






by nonohana303 | 2017-02-25 15:16 | 野のはな工房 | Comments(0)

3月の野のはな工房

3月の野のはな工房のメニューは、”シュルプリーズ” と ”お豆フランス”です。
シュルプリーズはいつものホシノ丹沢酵母で・・・。シュルプリーズは英語ではサプライズという意味、パンの中身がサンドイッチになっていて、開けてびっくり!なのでこの名前が付きました。シュープリーズともシュルプリーズとも?フランス語の発音をどう聞いたか?ということでしょう。フランスではリボンをかけてホームパーティーの定番メニューだとか?暖かくなったら、シュルプリーズを持ってお花見に出かけてはいかがでしょう?
c0055363_1231999.jpg

蓋を開くと中はサンドイッチ!フィリングはお好みで・・・。
サンドイッチの残りの外側ももちろん食べられます。食べ方はアイデア次第です。
c0055363_15114195.jpg

お豆フランスは自家製酒種酵母で・・・。フランスパン生地にお豆を巻いて、エピの形に仕上げました。パリッと焼いたパン生地に甘納豆がほんのり甘く感じられて、なかなかの相性の良さです。ちぎりながら一口で食べられるのも魅力的♪ 思わずいくらでも食べられて、要注意!です。
c0055363_124098.jpg

アップで見ると、お豆がはっきり見えるでしょう?甘いお豆ってなぜか幸せな気持ちになります。
c0055363_1245599.jpg


日程は野のはな工房パン教室をご覧ください。今現在3月の日程を募集しています。空席のある日程もございます。
今現在2/25も空席がございます。ご希望の方はお早めにご連絡ください。
by nonohana303 | 2017-02-19 12:25 | 野のはな工房 | Comments(0)