おいしいもの大好き♪ nonohana30.exblog.jp

食いしん坊で、作ることも大好き!気まぐれtampopoが倉敷より美味しいものetc.を レポートします。


by nonohana303
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

野のはな工房・Continuance class

c0055363_18105822.jpg2月のcontinuance classは私の都合で3月にずれ込んでしまいました。今回のメニューは「ラムーナ」と「エピ」です。ラムーナはスペインやアルジェリア、南フランスなどでイースターのお祝いに作るパンです。ビゴさんに教えてもらったレシピを、国産小麦と自家製ヨーグルト酵母に変えて作りました。仕込みを2回に分けて作るオレンジ風味のブリオッシュ生地は、ふんわり美味しく出来ました。ヨーグルト酵母は発酵力が強く、バターが沢山入る生地に向いていると思います。オレンジとヨーグルトのコラボで、爽やかな風味のパンができました。
c0055363_18115830.jpg
もう一つのメニューは「エピ」、今日はベーコン入りです。エピ・ベーコンとかベーコン・エピとか言います。どちらの言い方もOKと言うことで・・・。
少量の白神こだま酵母でじっくり時間を掛けての生地作りです。待ち時間が長い分、小麦の香りがする美味しいエピが出来ました。この生地でその他のフランスパンも作れますが、エピは特に気泡の入り具合やクープの開き具合を、気にすることなくできるので、フランスパンビギナーには向いていると思います。
ランチメニューは「レンズ豆の野菜スープ」&「キャベツの焼きサラダ」です。レンズ豆は洗って他の野菜と一緒に煮込めばOKで便利なお豆です。栄養価も高く、疲労回復、美肌効果もあるそうです。しっかり食べなくてはいけませんね。キャベツの焼きサラダは以前はなまるマーケットで紹介していたレシピです。作り方はいたって簡単!キャベツをざく切りにし、耐熱容器に山盛りにします。ホタテ水煮缶を開け、そこへマヨネーズ大匙3を入れて混ぜ、キャベツに回しかけます。最後に粉チーズを振りかけて、180℃のオーブン10分強焼きます。生とも茹でたのとも違う焼いたキャベツ、甘味が出て美味しい一品です。はなまるでは冬キャベツの紹介でした。
c0055363_188599.jpgc0055363_18122493.jpg
Commented by 豊橋 I at 2008-03-13 20:09 x
ラムーナ、オレンジピールいっぱいのイースターに頂くパンと教わりました。間違いなく美味しいでいしょう!!エピは私も大好きこの形を考えた人は凄いと思います。そして、キャベツの焼きサラダ?始めてみました、ホタテの水煮缶を買ってこなければできませんね。ホタテのスープも入れるんでしょうか?レンズマメのスープも身体に優しそう、生徒さん達喜ばれたでしょうね。
Commented by tampopo at 2008-03-13 21:53 x
豊橋 I さん
ラムーナの美味しさは間違い無しです。特に出来立てはしっとりふんわりでパンと言うよりケーキですね。4月に東京でこれにチョコチップを入れたレシピを習いました。美味しくないわけが有りません。
エピ、麦の穂の形をこうやって作るのかと、最初はちょっと感動しましたよ。可愛くて食べやすい、考えた人はすごいです。
焼きキャベツサラダのホタテはスープごとです。スープとマヨネーズでちょうど良いゆるさになって重ねたキャベツに味が浸みます。容器を使わず缶にマヨネーズを入れて混ぜます。少し窮屈ですが、洗い物が少なくて助かります。レンズマメってこうやって使うのは初めてですが、お手軽で栄養価も高いので嬉しい素材です。
Commented by honoka176 at 2008-03-15 12:11
ラムーナってイタリアの鳩の形をしたコロンバとよく似たパン?・・
お祝いのパンだからとてもリッチな味のパンというより発酵菓子ですよね?
ちょっと違うのかな?
「キャベツの焼きサラダ」はキャベツ沢山食べらるし洗い物も下準備もゼロに近くて有り難いです・・その上とても美味しそう〜
ちょっとお値段の高いホタテ缶がネックですね!?ノンオイルシーチキンではだめかな・・?
レンズ豆は日本のお豆と違って本当に思い立ったらすぐに調理できるのが嬉しいです。スープに入れるタイミングは野菜と同時ですか?
何分くらい煮たら柔らかくなるのでしょう?
Commented by tampopo at 2008-03-15 18:37 x
honokaさん
コロンバというイタリアのパン、実際に見て食べたことは無いので良くわかりませんが、パネットーネベースにオレンジピールやオレンジフラワーウォータを使って作るパンのようですね。
ラムーナはブリオッシュ生地に、やはりオレンジピールとオレンジフラワーウォーターを使うので、かなり似ていると思います。イタリアとスペイン、同じ文化がどこかで別れて出来たものなのでしょうか?ヨーロッパのものはキリスト教に関係して、よく似たものが多いですね。

焼きキャベツはシーチキンに変えて作っても良いと思います。きっとよく似たものができるでしょうね。
レンズ豆は洗って野菜と同時に入れます。煮る時間はお好みですが、野菜が煮えた頃にはお豆も火が通ります。
どちらも一度お試しください。
by nonohana303 | 2008-03-13 14:40 | 野のはな工房 | Comments(4)