おいしいもの大好き♪ nonohana30.exblog.jp

食いしん坊で、作ることも大好き!気まぐれtampopoが倉敷より美味しいものetc.を レポートします。


by nonohana303
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

5月の野のはな工房

c0055363_11551164.jpg野のはな工房、5月の講習は土曜日で終了しました。
今月のメインはこの季節限定の石窯体験です。初日は久々の火入れで、薪の燃え具合が気になりましたが、爽やかなお天気で、気持ちよく燃えてくれました。2回目は前日からの風雨でどうなることかと心配しましたが、ピザが焼きあがる頃には日も差し始めました。c0055363_124269.jpg


2日とも窯の前でピザを楽しむことができて良かった~♪
2時間ほど薪を燃やし続けて、まずはピッツァマルゲリータの投入です。今年は小さい楕円のものを1人1枚ずつにしてみました。
c0055363_11554098.jpg

大きいものを切り分けるより、熱々を食べられるので、これは大成功です。
次はサラダピッツァ。トマトソースとチーズをトッピングして焼き、c0055363_11562670.jpgベビーリーフに生ハム、




お好みで、粗塩と粗引き胡椒、オリーブオイルを廻しかけます。
タルトフランベはピザではありません。フランスのアルザス地方の郷土料理です。c0055363_11564264.jpg


薄く延ばしたパン生地にフロマージュブラン、スライス玉ネギとベーコンを散らして、軽く焼き上げます。教室ではピザと同じ生地に、手に入りやすいサワークリームを使います。焼き上げ時間はピザの半分くらいで柔らかく仕上げ、切ったものをクルクルとクレープのように巻いていただきます。c0055363_1233493.jpg

最後はデザートピッツァ、マスカルポーネに好みのフルーツ、シナモンシュガー、あればブルーチーズを散らして焼きます。小夏とバナナも良いコラボでした。
窯の温度が250℃くらいに下がったら、カンパーニュを投入・・・。c0055363_21465241.jpg



スチームをしっかり入れたら、きれいな焼き上がりになりました。ピザと違って、仕上げ発酵の終了と窯の温度のタイミングが合わないと、うまく行きません。何時もこれがドキドキです。c0055363_2153826.jpg



Request classは「ライ麦パン&チョコレートブリオッシュ」です。
ホシノ酵母で作るライ麦パン、ライサワーを使わなくても、美味しくできます。全ての工程のタイミングにもよりますが、フランスパンよりクープも開き易くて、嬉しくなります。
c0055363_2214149.jpg




チョコレートブリオッシュは間違いない味。
ココアパウダーは最後の手持ちのバローナ製でした。美味しいに決まっています♪
by nonohana303 | 2010-05-31 22:10 | 野のはな工房 | Comments(0)