おいしいもの大好き♪ nonohana30.exblog.jp

食いしん坊で、作ることも大好き!気まぐれtampopoが倉敷より美味しいものetc.を レポートします。


by nonohana303
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー

ブリオッシュ・デ・ロワ

今月のRegular classのメニュー「ブリオッシュ・デ・ロワ」をご紹介します。
c0055363_14362970.jpgブリオッシュ・デ・ロワは、ガレット・デ・ロワと同じキリスト教のお祭り「エピファニー」の時に食べられるものです。東方の三博士が頭上に輝く星を見付け、星を辿って旅をし、イエスの元へ着いたのが1月6日、それがエピファニー(キリストの降誕という意味)です。フランスでは1月の第一日曜日がエピファニーとなっているそうです。
c0055363_14371043.jpg

ブリオッシュ・デ・ロワを知ったのは、ビゴのお店の講習でした。ビゴさんのブリオッシュ・デ・ロワはボルドーのもので、ブリオッシュの上にフルーツやお砂糖を飾ったものでした。野のはな工房では、昨年からガレット・デ・ロワと同じようにクレ-ム・ダマンドを絞って挟むタイプに変えました。カロリーは高くなりますが、やっぱり美味しい♪
美味しいものを食べるときは、覚悟して食べましょうね。^^c0055363_14373388.jpg中にはフェーブと言う陶器でできたマスコットを入れます。お祝いの席で切り分けて、そのフェーブが当たった人はその日一日王様、又は王女様になり、一年間が幸せに過ごせると言われています。「デ・ロワ」とはフランス語で「王様の」と言う意味、「フェーブ」は「そら豆」という意味だそうです。元々は陶器ではなく、そら豆を入れていたことから陶器のマスコットをフェーブと言うそうです。ブリオッシュ・デ・ロワは南フランスで食べられているそうです。
Commented by I at 2010-01-25 07:14 x
ガレットデロワ、パイ生地とはちがい、これは華やかでいかにも王様のパンですね。 アーモンドのフィーリングが美味しそう、外は寒い風が吹いても、お部屋の中で熱いお茶と一緒に頂けば、王女様です、食べ終わったら、瞬く間に、召使いに変わってしまうの。
Commented by tampopo at 2010-01-25 10:10 x
以前はブリオッシュ生地にフルーツを乗せて作る伝統的なものを作っていましたが、やっぱりクレームダマンドが加わると美味しいです♪できたてのホカホカを温かいお茶でいただけば、そりゃあ王女様気分満載です。そうそう、終わればお皿は自分で洗います。^^;
by nonohana303 | 2010-01-24 14:58 | 野のはな工房 | Comments(2)